スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ウォーク・ザ・ライン

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 ウォーク・ザ・ライン/君につづく道
ホアキン・フェニックス (2007/02/16)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


今日は、WOWOWでのファーストランでした。
録るだけ録って、後で見ようと思っていたら、ついつい見てしまい・・
録りながら全部見ちゃった。

実在するアメリカのロカビリーの歌手・ジョニー・キャッシュが運命の女性と
出会い、何年もかけて結ばれる・・という、どちらかというと純愛を描いたストーリーでした。
出会った時は、お互いに家庭があった。
ジューンは、離婚して結婚してまた離婚して。
ジョニーは、うまくいってなかったもののずっと妻と一緒だったけれど、
ドラックが元で逮捕されてから、妻が出て行ってますます荒れるようになって・・
でも、そんなジョニーにクスリを断ち切らせ、又歌う気にさせるよう手を
貸したのは、離れていたジューンだった・・

実在の歌手、ジョニー・キャッシュとジューン・カーターのストーリー。
有名になった歌手がドラックに手を出し、また立ち直る・・
そういうストーリーはありがちですけど、そのジョニーが歌う曲がカントリーと
いうか、ロカビリーなんですよね。
歌詞もロマンチックなものばかりじゃなく、反体制っぽい歌詞が多い。
ジョニー役のホアキン・フェニックスは、恋する男としても哀しげ瞳が
とても魅力的でしたが、ライブ場面で聞かせる歌が素晴らしかったです。
リースは、どちらかというと新ロマコメの女王というイメージでした。
でも、芯が強くて落ちぶれていたジョニーを助ける強さがあるのに、愛に対して
臆病で、ジョニーのプロポーズに一歩を踏み出せない・・
そんなジューンが、切なくて良かった。
これでオスカーを獲ったというのも、分かる気がしました。
もう、「ロマコメ」っていう言葉は似合わないな~と・・
そして、ホアキン同様、ライブ場面の歌が素晴らしかったですね。
2人とも、ミュージカル畑出身とも違うし、歌の才能もあったということなのかしら。
すごいな~








スポンサーサイト

テーマ : TVで見た映画 - ジャンル : 映画

2007/03/05 01:01 | 宝塚以外→映画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。