スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

恥ずかしいものを見た・・

先日、部屋の模様替えをしていました。
で、本棚を移動するため、ずーっと入れっぱなしになっている本を整理することに。
宝塚のプログラムやレビュー本、観劇日記用のノート、自分が生まれた年の新聞を
パウチしたもの、今や売っていない公演ステッカーを入れたファイル、なぜか1つ
だけ持っていた、リカさんグッズのループ?ノート・・

そんな宝塚グッズに混じって、出てきたものが!
それは、中学生と小学生の時の、それぞれの卒業文集。
そして、中学で入っていた課外じゃないクラブの、詩集。
さらに、中学のときの読書感想文。
さらにさらに、なぜか高校の生物の授業でやった、「ショウジョウバエの交配実験」の
レポート・・・

いやー
なんでこんなのとっておいたんだろ・・
卒業文集とか詩集なら、まあなんとか「記念」なので分るけど、生物のレポートなんて
まあ確かに、当時結構苦労してまとめた記憶はあるけど。
あんまり苦労したので、捨てるに忍びなかったのかしら。
まあレポートはそれほど恥ずかしくないのですが、文集とか詩集に載ってた、自分の
詩がはずかし~
読み返してみると、自分に詩を作るという才能がまったくないことが、よーくわかった。
とにかく、カタイんです。
カタくて、詩的な表現とは程遠い文なの。
読書感想文は、あらすじ書いておしまいになっちゃってるし。
昔から、「個性的な発想」とか「個性的な文」っていうのが苦手だったんですよね・・

あまりにも恥ずかしいので、この際捨てちゃおうかと思いましたが・・
今また、本棚に収まってます(え)
いや、ここまで取っといたんだから・・と思って

スポンサーサイト

2007/02/15 23:10 | 日常→日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。