スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

明智/タキシードジャズお稽古場

昨日のスカステニュースで流れました。
あやねちゃんが黒蜥蜴で、いったいどんなんなるのやら・・と気になってた明智小五郎の事件簿。

レポというには、あまりにあいまいですが・・こんな映像だった!と分かる範囲でレポしてみます。
以下、あんまり詳しくないけど、取りあえずネタばれ注意。


と言う訳で、分かったとこを箇条書きでいってみます。

明智小五郎の事件簿

★彼女とその男を殺してしまって青ざめている雨宮に、高笑いしながら「僕にまかせて。
ちょうどいい死体がある。」と言い放つ黒蜥蜴。
これ、原作のはじめの方に出てくる場面ですね。
あやねちゃんの高笑い、なかなか様になってます。

★あやねちゃんの背中には、黒蜥蜴の刺青風?が!
明智の手を取り、挑発するように踊ってみせる。

★明智にピストルを向け、「いただくと言ったものは、必ずいただきに参ります」

★波越警部えりたんが、妻に向って?歌う。
精一杯働いて君のこと幸せにするから

★一花ちゃん小林少年が早苗に、(早苗が)ニセモノと知ってるのは(明智)先生と
僕だけ、と言う。
言われてハッとする早苗(葉子)

★雨宮がお重さん?の気を失わせようとしてるのを、横で不敵な笑いを浮かべて
見てる、黒蜥蜴。

★男役と娘役が横一列に並んで、その前で天宮さんとマメちゃんが歌ってた・・
そして、その後ろには明智さんが・・

★岩瀬からの仕事の依頼を受けた明智に、黒蜥蜴(緑川夫人の状態なのかは?)が
「仕事しなきゃ食っていけないの?」

★緑川夫人のときは、着物姿でメガネをかけるらしい。

とりあえず、こんな感じです。
どうなるかと思ってたあやね黒蜥蜴は、思ってたより様になっていて、結構いいかも。
オサさん明智は、私的には「不敵なリュドヴィーク」って雰囲気に見えたんですけど・・
まとぶん雨宮は、やはり原作の潤ちゃんほどヘタレではない印象。
えりたん波越は、生真面目キャラに見えました。

*****************************************************************

タキシードジャズ

★ダービーハットで踊る場面あり。
使ってる曲が、ちょっと「タキシードジャンクション」に似て聞こえました。

★「ザ・コンチネンタル」を、まとぶんが歌うところで、まわりに羽根扇を持った
男役さんが。

★シビさんが「ザ・コンチネンタル」を歌い、それに乗せてオサさんがアレンジした
別パートを歌ってました。
綺麗でのびやかな声だった!

★えりたんがソフト帽をかぶり、歌って踊るところあり。
「アンタッチャブル」か?

★まっつ・みつる・りせの3人とあやねちゃんが歌うところあり。
ここでは、カンカン帽(たぶん)をかぶってました。

★まとぶん・えりたん・みわっちで歌うところあり。
振りがタップっぽかった。

★仕立て屋?あやねちゃんとまっつが、オサさんのまわりでちょこちょこしつつ歌う。
ここ、歌劇で「とんちんかんな服を勧める」って言ってたとこかな。

★シビさんが「The Man I Love」を歌ってるまわりには、ソフトにトレンチの男役さんがポーズしていた。
曲もしぶいし、そのポーズっぷりもしぶい!
そのメンバーには、さおたさんやまりんさんがいたと思います。

なんだか、ずいぶんいろんな帽子が使われてました。
ダービーハットというと、ついつい思い出してしまいますが
プロローグなのか中詰めなのかはわからないけど、とっても粋な振りでしたよ。
あと、仕立て屋がなんたらってとこは芝居仕立てみたいな雰囲気。
歌劇では、ジャズに対して構えてるようなことを言ってたオサさんですが、ノって歌ってるなーと思いました。

スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2007/02/09 00:00 | スカステ→花COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。