スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

昨日と今日見たスカステ

◆昨日は、帰宅したらマラケシュの新公の放送があったので、録りながらほぽ
全部見た。
いや~~
リュドヴィークが歌う歌って、難しかったんですね~~
オサさんがフツーに歌ってるとこ、まぁくんは必死に歌ってた。
そりゃそうだよね、初の新公主役だったんだもんね・・
はじめ、主役・朝夏まなとって聞いたときは、誰?って思ったけど、ニュースで
ダイジェストが流れたとき、その必死さにほだされたというか・・
それ以来、気になる人だったんですが。
オサさんが、男役として作り上げたリュドヴィークを、とにかく素直にストレートに
やりましたって感じでしょうか。
でも、オギーのお芝居の独特な雰囲気は、ちゃんと伝わって来ましたよ。




◆今日は、こだわりアラカルトを録っておいたのを、見ました。
テーマは「愛の告白」。
テーマがテーマなものだから、お芝居がほとんどでしたね。
ちょっと上げてみると・・

月組の「大海賊」のキッドのアンへの告白。
東宝版・ナオちゃん→みえちゃん&全ツキリヤン→あーちゃん。
私、これ両方劇場で見ました。
全ツは、キリヤンキッド、客席から「好きだー!」(ん!?どっかで聞いた・・)
って叫んだんですよねえ。

キリヤンは他に色々あって、
「長い春の果てに」の、ナタリーがアルノーを訪ねるところ。
ここのつなぎの格好、見るたびに似合うなあーと思ってました。
あと、アルノーさんの前髪ハラリが大好きでした。

「La Esperanza」の、御馴染み銀橋のファビエルとフラスキータ。
ファビエルさんの告白を聞けて嬉しかったんだけど、告白して、「あ~すっきりした」
までだったので、ちょっと惜しかった。
その先が、いいのになあ~

あとは、あかねさすの、中大兄皇子が額田に「これはしかたのないことなのだ」と
言うところ。
高嶺中大兄皇子&ハナ額田、オサ中大兄皇子&みどり額田、そしてキリヤンの
中大兄皇子とかなみん額田。
こうやって続けて流れると、同じ場面でもずいぶん違って見えるものだな~と
思いますね。

コムちゃんはもちろん、霧ミラのアマポーラの草原での再会。
あの「好きだ~~~」は、最初はびっくりしたけど、だんだんクセになりました。
流れたのは、軍服姿のロレンツォが姿を見せてからだったけど、その前の
「フランチェスカーーー!!」と叫ぶのが、楽に近くなるほど激しくなったなあと、
思い出しました・・・

かしちゃんは、青い鳥のデニスとブレンダちゃんとの場面と、ハスラーの
「私を最後のお客にして」というところ。
青い鳥のこの場面、ブレンダに顔を近づけて、ぶはって笑うデニスのリアクションが
好きだったなあ。
ハスラーはまだ見てないので、こだわりアラカルトでちょこちょこ見ちゃってる
状態なんです。
来月の放送が楽しみ♪

◆あと1つ、TAKARAZUKA日本史探訪という番組があって、今月のテーマが
「天草四郎」なんですが、今回その歴史の舞台を訪ねるのが、まっつだったんですよ!
けっこうな金髪の髪をストンと下ろし、細身のパンツにベージュのコートを着た
まっつは・・あまりに色が白くて儚げだった。
天草四郎ゆかりの土地を訪ねているのを見て、ふと思ったんですが・・
よく、教科書に出てくる天草四郎の格好、まっつがしたら似合いそうだなって。
沖田といい、天草四郎といい、儚げで短い命なキャラが嵌ってしまうまっつ。
(うすいとか地味とも言いますが・・
どうもそういう、儚げな雰囲気に弱いんですよね~





スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2007/01/16 23:27 | スカステ→全般COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。