スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

新たなる王の旅立ち

見て来ました!「太王四神記 VerⅡ」
神話部分の説明が簡略化されて2幕はじめになったり、タムドクの登場の仕方がガラッと変わったり、城壁の場面がおっきなタムドク&ヨン・ホゲになったり・・
自分が覚えてただけでも、ずいぶんと花バージョンからは変わってました。
さらに、同じ歌・同じセリフでも、人が変わったらこんなに違うんだっていうのも、よーく分かって面白かった。

まず、タムドク全然ひ弱に見えなかった・・^^;
出てきたときから、女ばかりの近衛兵士には勝ててるっぽいし。
武術に優れているはずの、ヨン・ホゲよりも始めから強そうだったなあ。
嘆いていても、どこかドンとしたところがあって、どう見てもこの人が「チュシンの王」だなーと納得できるところがありましたね。

そして、ヨン・ホゲはとってもヘタレで、神経質そうで、誰よりも美しかった~
始めの方は、美しいお顔がすぐ困り顔になっちゃって、線が細そ~な武人だった。
でも、母が自害したあたりから、だんだん狂気にとらわれていくところが凄かった・・
特に、マッカツ村?あたり。
本来の自分を置いて、狂気が暴走しているようなところが、あの美しさにあいまって壮絶でした。

ま、取りあえず今日はちえちゃんのドンとしたトップさんぶりと、
星組で頑張ってるかなめちゃんと、
そして相変わらずの濃ゆ~い星組さんの雰囲気を、十分に堪能してきたというところでした。
今度は一人ですが、来月楽近くにまた見ます。


FC2拍手コメントありがとうございます!
↓にてお返事いたしますね~





Rさま♪


>MATERIALのコムちゃん,すっごいかっこいいんですけどっ

本当に、なんだか宝塚時代の性別をかるーく超えちゃった魅力的なコムちゃんを思い出しました。
さすがオギーですねえ。

暗くなるまで~、チケットGETおめでとうございます!
しかも、そんな前方席
お芝居はサスペンスだし、いろんなものがかなりよく見えちゃうし、ドキドキハラハラの観劇になりそうですね(*^_^*)




スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/08/23 22:32 | 観劇関係→星COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。