スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

薔薇に降る雨

土曜日に見て来ました。
見る前のイメージだと、ハリー作品はちょっと暗めだし、ロマンチックレビューのほうが華やかでサヨナラらしいかな、と思ってたんですが。
どちらも、いかにもハリー、いかにも岡田先生というイメージそのとおりだったのですが、自分では見終わって良かったのはお芝居のほうかなあ。
まあ、そのお芝居も見ながら突っ込んだところは色々と、あるにはあったんですけど・・・

役が少なくて、セリフが早口で、抽象的な設定が多くて。
それと、結果的にジャスティンはイヴェットの窮地を救って、しかもそれが自分の手腕とおしつけることもなくて、すごく男らしいなあと感じたんですが・・
なんだか、そこまでするくらいイヴェットに対して愛があるのか、そのへんが希薄かなあと。
でもそれって、ストーリー上の肝心なとこを、当の役の人たちじゃなくて、コロス?のダンスとか後日談としてセリフとか、第三者に語らせたり踊らせたりしてるからのような、そんな気もしました。
見てると、ここというところで2人が引っこんでしまうことが、やけに多いなあと感じちゃったので。
なんというか、ジャスティンもイヴェットも、ものすごく苦悩しなくてもいいとは思うけど、もうちょっと葛藤する場面があっても良かったんじゃないかと感じたんですよね・・
あと、役が少ないのはいつものハリー芝居ではよくあることですが、えりこちゃんの会計士が最初出てきてから、次があんな終わり間際とは・・
あれで見おさめかと思うと、なんかやるせなかったです。

それでも、お芝居が良かったと思うのは、やっぱりハリーには珍しいハッピーエンドだからかなあ。
まあ、ああいう状況でヘレンについて来てくれというのもどうなのって気もしましたけど・・
今までだったら、イヴェットの幸せを祈って、ヘレンに別れを告げて一人で旅立つってパターンだったような気がする。
それでイヴェットが現れたというんだったら、そう違和感はなかったかも。

ショーは良くも悪くも古典的なロマンチックレビューだなあと思いましたね。
あの、娘役さんたちがパステル調の衣装で、お花を抱えているっていうのは、岡田先生の超・定番なんでしょうね。
見ていて、ついついまたこれか~と思ってしまった。
衣裳はまさにロマンチックで、ひたすら夢夢しいのは素敵だとは思うんですけど、そんな状態でずーっと行っちゃった。
場面場面では、綺麗でいいなとかスーツがカッコいいとか思ったりするんですが、それがショー全体を通すとまっったりしたイメージになっちゃうんですよねえ。

なんか、文句言いまくりなように見えますが(結構言っちゃってますが^^;)、それなりに楽しんで来たんですよ。
感情にまかせて突っ走るところもあれば、愛する女性のために落ち着いて真相を追及もできる、そんな男性に違和感のないタニさんはカッコ良かったし、
決して犠牲になるだけの女性ではない、芯の強い思慮深いイヴェットも、ウメちゃんにしっくりとハマっていたし。
2人のそういうお芝居を見られて、本当に良かったと思っています。
2回目の観劇はまた印象も変わりますし、次回(それが最後ですが)が楽しみです。



スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/06/07 22:07 | 観劇関係→宙COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

こんにちは

私もこの公演はムラで観て、お芝居の方がいいなぁと思いました。
でも突っ込みどころは多くて(笑)、ハッピーエンドはよかったんですけど、最後イヴェットの現れ方が少し唐突な気もしました。
えりこちゃんはサヨナラなのに見せ場がなくて残念でしたねi-241

ショーはまったりでしたね。
観劇から1ヶ月経って、印象に残ってる場面があまりない気がします。
ちなみにウメちゃん、あの花束抱える場面で “よっしゃ☆” って思うらしいですよ。
そういう場面じゃない気もしますが・・i-230

大人のお芝居が2人に合っていたのはよかったと思います♪

No:581 2009/06/09 11:49 | ゆず #- URL編集 ]

ゆずさん、こんばんは。
ゆずさんはこの公演、ムラでご覧になったんですね。

確かに、ラストのイヴェット登場は唐突でしたね~
見ていて、これってなんかちょっとジャスティンに都合が良すぎるんじゃ?と思ってしまいました^^;
正塚先生の、男のロマンてヤツなんでしょうか。
タニウメだからついサラッと見てしまってるけど、ジャスティンけっこう酷いことしてますよね。
まあ、サヨナラだしタニウメだし、とファンはついつい脳内でたくさん補完してみてしまいますが(苦笑)
最後に大人のお芝居が見られて、しかもそれがとっても合っていたのは、良かったですね。
それだけに、えりこちゃんの会計士は残念でした。
もっと色々とやりようはあったと思うんですけどねえ。

まったりしたショーも、たまにはいいかなと思いますが・・
それが退団公演となると、ちょっと微妙ですね。
ときどき気が遠くなっちゃったりするので^^;

<ちなみにウメちゃん、あの花束抱える場面で “よっしゃ☆” って思うらしいですよ。

なんかウメちゃんらしいですね~
「宝塚オタク」なウメちゃん、いかにもな娘役っぽい小道具付きの場面で、気合いが入るんでしょうか。



No:582 2009/06/09 23:37 | りとるべあ #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。