スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

魔法にかけられて

魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DVD]魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DVD]
(2008/07/18)
エイミー・アダムスパトリック・デンプシー

商品詳細を見る


今日、WOWOWで見たばかりです。
公開当時の宣伝で、ディズニーのセルフパロディみたいと思ったのですが、それがまあものすごく徹底していて潔かったです。

初めのアニメ部分は、古典的なアニメのシンデレラっぽいおとぎ話。
それもアニメのおとぎ話の要素をこれでもかと詰め込んだ、コッテコテの。
そりゃ、アニメのプリンセスは好きでしたが、大人になって見るとものすごい浮世離れして見えるもんですねえ。
激甘のプリンセスの後は、一歩間違うと「シュレック」のプリンス・チャーミングになりそうな、ナルナルなエドワード王子が登場。
当然のように二人は出会い、結婚することになるのですが・・
ここで、お約束の女王=魔女が現れて、女王の座を奪われてはならじと、プリンセスジゼルをだまくらかして、井戸の中に投げ込む。
すると、あーら不思議。
現代のNY、しかもブロードウェイに出ちゃう。
しかも、アニメから実写のジゼルに変身して。

実写になると、今度は現代とアニメのおとぎ話の登場人物の、ものすごいズレズレぶりがやたら可笑しいコメディに。
途中、セントラルパーク?でジゼルが歌って、おおがかりなミュージカル場面になったりして、ここはミュージカル好きにはなかなか楽しい場面でした。
エドワード王子はちゃんとジゼルを追いかけてくるのですが、ジゼルは現代で助けてくれた現実の男ロバートに恋しちゃう。
それを自覚したとたん、エドワードがジゼルに会いに来て・・・

セルフパロディで、おとぎ話の可笑しさを盛り込みつつ、でもしっかりロマンティックな部分はちゃんとあって、ミュージカル的な楽しさもある。
話題になった映画だし、見ておこうかな・・と思って見たけど、なかなか楽しい映画でした。
キャストも結構ツボなキャストで、なんとプリンスエドワードは、X-メンのサイクロップス役のジェームズ・マースデン。
あのサングラス?がないと、ピンと来なくてなかなか分からなかったわ~
プロフィールを見ると、ずいぶん歌が得意な人で、「ヘアスプレー」にも出ているんですね。
知らずに見ていたのですが、歌声がとっても素敵で聞き惚れました。
そして、ロバートの恋人役のナンシーは、なんとブロードウェイの「Wicked」でエルファバを演じて、トニー賞の主演女優賞をとった、イディナ・メンゼルでした。
でも、歌う場面はほとんど(いやまったく?)なかったんですけど・・
なーんか見たことあるなあと思ったら、「Wicked」の映像でだったんだなあ。
実は、その映像を見たからこそ、四季でやるときまったとき、チケット取る気になったんですよ。

ラストは、もちろんハッピーエンドですが、いかにもお伽話的ではなくて、ちょっとひねってあってそこも面白かったな~
ちゃんと魔法の国・アンダレーシアと現代のNY、両方のハッピーエンディングがあるんですよ。
アンダレーシアの方は、ちょっぴり現代的な、NYの方はまるでお伽話のようで。
出来過ぎなエンディングも、この映画ならアリだ!と思って、楽しくなっちゃいました。



スポンサーサイト

テーマ : WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル : 映画

2009/04/19 23:15 | 宝塚以外→映画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。