スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

花・太王四神記のツボ

2回しか見ていませんが、すっかりチョク・ファン様に魅せられてしまいました。
ヨン・ホゲをいつも見守り、時には諫言したりもする、上司思いの忠臣。
怒りを恐れず「あなたの名誉が汚されます」と言えるなんて、なかなかいないですよね。
キハとの婚約の宴では、「ほんとうにいいのか」と言う目で見ているし・・
タムドクに抱きかかえられての、ヨン・ホゲの最期では、イルスとチョク・ファンが両側で、心配そうに見ているのが印象的でした。
また、しゅん様の端正な横顔に、心は上司への忠心で熱いけれど、見た目はクールな軍人ってのがハマってて素敵だったなあ。

クールと言えば、いつも影からキハを見ているサリャンもツボだったわ~
ベルばらで言えば、ちょっとアンドレをクールにしたような。
ああいう存在に、宝塚ファンは弱いような気がします^^;

クールとは真反対の、あっつーいお芝居だなーと思ったのが、セーム・じゅりあちゃん。
セームのエキセントリックな喋り方を聞くと、ついついチャングムと敵対する役の、キツイ言い方を思い出します。
すっごく韓国のお芝居の、悪役風味が出てると思うんですよね。

今回、神話の時代からお師匠様・ヒョンゴの解説や歌がたくさん入るので、まっつの歌がたくさん聞けました。
やっぱり、いい声だな~と耳福でありました。
特に、ツヤというかふくらみのある、低音が魅力的で好きでしたね~

2回見て、太王四神記ってゲームみたいだなと思ったんですが・・
チュシンの星の下に生まれた王子が、王の自覚がなかったのが覚醒して、神器を探しだして真の王となって行く・・
いかにもローリングプレイゲームって感じ。
コムル村の人たちとかチョロとかチュムチとかが仲間になっていったりするし。
あのライトセーバー(違)が光るとこ、「真の王は~出来る」っていうのがあまりにお約束な展開なんですが、ああいうの大好きなのでワクワクして、楽しかった♪


FC2拍手コメント、ありがとうございました!
↓にてお返事いたしますね~






ニケ様

こういうアットホームなお茶のみ会は、一度味わうとクセになるかもしれません
確かに、ジェンヌさんとの距離が、一般的なお茶会よりずっと近いので、ドキドキしますね^^;
ツーショット写真の時は、「こんな近くていいのか!」とびっくりしましたもの。


N様

土曜日はお疲れ様でした!
早速、記事にさせていただきました~
喜んでいただけて嬉しいです(*^_^*)

G様

土曜日はお疲れ様でした!
娘役さんのお茶のみ会は初めてでしたが、楽しく参加させていただけて、こちらこそありがとうございました。
また是非、参加したいです。
お写真、楽しみにしております♪


スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/03/15 23:36 | 観劇関係→花COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。