スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

意外なところで、意外な曲

今日はWOWOWでスティーブ・マックィーンの「華麗なる賭け」とそのリメイク、「トーマス・クラウン・アフェア」を放送していて、ずーっとながら見してました。
画面は荒くてやはり古さを感じるけど、やっぱりマックィーンはカッコいい。
哀愁のあるまなざしで、ちょっとワルそうなところがたまりませんねえ・・
そして、リメイク版のピアース・ブロスナンは、もっとスタイリッシュなクラウンでした。
リメイクと言っても、設定も変えてあるし、ラストもちょっと違うような?

そして、見ながらびっくりしたことが。
トーマス・クラウン・アフェアで、大金持ちだけど実は泥棒っていうクラウンが、大仕事をするときにかかった音楽。
どうも聞き覚えがあるなあと思ったら、「シナーマン」でした。
サントラの曲目を見たら、ニーナ・シモンという歌手の方の歌だそう。
ノバボサで歌われたシナーマンの元歌なのか?と思いましたが、どうなんでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/03/01 16:07 | 宝塚→全般COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

そうですよ~

こんにちは~

シナーマンの元曲なんですよ~。
アメリカのジャズシンガーなんですよね。

↓で見られます
http://www.youtube.com/watch?v=H6_BWNzThJY

No:554 2009/03/01 19:09 | ニケ #- URL編集 ]

No title

ニケさん、ありがとうございます!
映画録っておかなかったので、動画じっくり見ちゃいました~
美術館の場面の緊迫感と、シナーマンのだんだん高揚していくのが、絶妙な感じで合ってるのが、なんともいいですね。

No:555 2009/03/01 23:22 | りとるべあ #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。