スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ボーン・アルティメイタム

ボーン・アルティメイタム [DVD]ボーン・アルティメイタム [DVD]
(2008/03/07)
マット・デイモンデヴィッド・ストラザーン

商品詳細を見る


元々原作の「暗殺者」が好きだったので、3部作の1作目「ボーン・アイデンティティ」は見ていたのですが、ラストのこれは録りはしたもののなかなか見る気にならず・・
HDDに入れたままちょっと時間が経っていたのですが、お正月休み中にやっと見ました。
そしたら、すっかりハマってしまいました。

とにかく、アクションがとてつもなくカッコよくて。
仕込まれて「殺人マシン」と化したボーンは、ひたすらクールに追手を倒していきます。
断片的に蘇ってくる「ジェイソン・ボーンになった時」の記憶。
捜し求めるのは、本当の自分は誰なのかということ。
かなり自分でこなしたというマット・デイモンの、キレのいいアクションに惚れぼれ。
そして、「殺人マシン」になることを仕込まれた時の記憶が蘇ると動揺し、追手を倒すことに躊躇してしまう、その苦悩する表情も、今までになく魅力的だった。
今までマット・ディモンとクール、なんて言葉はあんまり結びつかなかったんだけど、このシリーズですっかり覆されてしまいました。
ことに、このアルティメイタムは、良かったですね~
しかもこの映画、ラストがすごく心憎い終わり方なんですよ。
ネタばれになるので、詳しい事は書けませんが・・
状況が1作目とリンクしているようで、でも3作目はどこか前向きというか始まりを思わせるというか。
また、ラストの映像が映ってからエンドクレジットが流れ始めるときの映像や音楽がすっごくカッコよくて痺れます。



スポンサーサイト

テーマ : WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル : 映画

2009/01/05 23:57 | 宝塚以外→映画COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

私もこのシリーズは『アイデンティティ』から見てました!
マット・デイモンの二枚目すぎない風貌が、人ごみの中に身を隠して生きているるボーン役にピッタリで、真実味がありますよね(^^)
アクションでもあり、サスペンスでもあり。
究極、“自分自身の人生を取り戻す物語”でもあるところに、最大の魅力を感じました♪
結末もお洒落で良かったですねw

No:542 2009/01/06 13:43 | つき。 #- URL編集 ]

おお~
つき。様も見てらしたとは!
確かに、あまりに容姿端麗な暗殺者って、目立ってしょうがないですよね^^;
そのあたり、007みたいな派手なスパイ物と違う、リアリティがありますね~

原作で記憶を取り戻すのが海だったので、ちゃんとラストの映像で繋がっていて、ようやく自分を取り戻せたんだなあと思えました。
すっきりしたところでカッコよく音楽が入るのが、すごくツボなんですよね。
あそこまで見ると、また「アイデンティテイ」のほうを見たくなっちゃいました。

No:543 2009/01/06 23:48 | りとるべあ #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。