スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

テレビからのオススメ

先月購入したテレビ、「お好みナビ」っていう機能があるんですよ。
選んでるチャンネルを記憶して、それと似た傾向の番組が始まる時間になると、アイコンが付くんです。
もしくは、自分で好きなジャンルのキーワードを登録しておくと、それにヒットした番組が始まる前に知らせてくれたり。
私はけっこう紀行モノが好きなので、「世界遺産・ヨーロッパ・街」と登録してあります。

そしたら、今日「ヨーロッパ」にヒットしたらしく、NHKの「ハプスブルク・巨大帝国の謎」という番組をオススメされまして。
その気になってチャンネル変えてみたら、今日はハプスブルク帝国にまつわる女性たちの回だったらしく、エリザベートのことも取り上げられてたんです。
なんてタイムリーな、と思い最後まで見ましたけど・・
一目ぼれしてマメに手紙を送った、朝から晩まで働いていたフランツ・ヨーゼフと、堅苦しい宮廷にとうとう馴染むことができなかった、彷徨える皇妃と。
フランツのシシィへの言葉を聞いてると、どうしてもフランツの肩を持ちたくなってしまった・・
自由に焦がれてさまようシシィに、温かい言葉を送るフランツ。
ひたすらシシィを思っている言葉ばかりで、なんだか切なかったですね~
ラストに「彼が皇帝でなかったら」というシシィの言葉が出て来ましたが、フランツがハプスブルク家の大公あたりだったら、2人で幸せになれたのかも、なーんて考えてしまいました。

スポンサーサイト

2008/12/16 00:01 | 朝海ひかるさんのこと→舞台COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。