スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

似たようでいて違うエリザ

いや~昨日はホントに楽しかったです。
エリザで何が楽しかったって、武田トートがあまりにツボだったので。

アクションが多くて、一人ロッカーで、手の動きが妖しい・・
「黄泉の帝王」だと言うのに、あの豊かな感情表現。
出てくると、つい目が行っちゃってました。
トートのナンパーはロック系だと思うので、シャウトするトートを久々に(ずんこさんがそっち系でしたよね)聞けて、嬉しかったです。
しかも、武田クンの歌声がかなりパワーアップしてたのも、すごく良かった。

東宝エリザは宝塚版ともウィーン版とも違うけど、ウィーン版よりは宝塚版寄りだな、と思いました。
でも、宝塚のシシィとは明らかに違う。
野性的な美少女が宮廷に入って、強くたくましく生き抜こうとするけれど、だんだんと精神が病んでいくような・・
シシィのエゴを表すような、場面やせりふもあって、実際のシシィ像に近いような気がします。
コムシシィはとても凛とした力強さがあって、私だけにでは困難に打ち勝って生き抜こうとする、強い決意を感じて泣けてしまった。
でも、もっと泣けたのはパパが出てきて、ラストに「パパみたいになれない」と歌うところ。
もがいて苦しんで、でもどうにもならないというシシィの絶望が、とっても迫って来て・・・
「夜のポート」も、婚約したときのメロディのリプライズですよね。
あんなに希望にあふれていたのに、結局「私には無理よ」となってしまうなんて。
聞いててものすごく切なくなってしまいました。

あとは・・革命失敗?の場面のルドルフが、かなり踊っていたのにびっくり。
浦井くんのダンス、初めて見たかも。
久し振りに浦井くんの歌声を聞いて、やっぱり美声だなーと惚れぼれ。
そして、チビルドくんの可愛さに目が釘付けでした^^;
プロローグなんて、思わず「一人前に踊ってる!」なんて思ってしまった。

ゾフィー様は、低音に凄味があって怖かったです・・・
ゾフィー様の悲しみのナンバー、予想してたより短めだったような。
でも、そのあとでトートダンサーに迎えられるっていうのは、すごく説得力がありましたね。
宝塚だと、歳とりました、はいお迎えです、みたいにあっさりだと思うので。

トートダンサーと言えば、あの振り付けスゴイですねえ。
衣裳もタイトなのがあったり、上半身ナシだったりもあったりしたし。
踊りまくりな上に、アクロバットみたいな振りも多くて、目が忙しかったわ~

プロローグ、棺が開いて目をあけたシシィが、ラストに棺に再び入り目を閉じる。
ああ、そうかと、すんなりと腑に落ちるラストでした。
確かにトートとの昇天はものすごくカタルシスがあると思うけど、東宝版だとこっちがすんなりと入って来ますね。
また、目を閉じたシシィがとっても安らかな顔をしていて、見ていて良かったな~と思えました。

昨日は1階のやや中ほどの列でしたが、センターど真ん中だったので、すっごく見やすかったです。
来週は、4回見るうちの唯一の2階席。
上から見ると、また違って見えそうですね。



FC2拍手コメントありがとうございます!
↓にてお返事いたしますね~

あやりん様♪


あやりん様もご覧になったのですね。
本当に、凛としたシシィでしたね。
美しくて力強くて、コムちゃんらしいシシィが見られて、嬉しかったです。


きなこロール、きなこあん?が、しっとりしていて、オススメですよ~

スポンサーサイト

2008/11/16 23:26 | 朝海ひかるさんのこと→舞台COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。