スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ソロモンの混沌・ネロとエスコバル

今日は久し振りに母も一緒に観劇でした。
母は久し振りのキャトルにテンションが上がり、クリアファイルやらタオルやら公演バッグやら、色々買いこんでました。
そんな母に乗っかって、私もYOUNG STAR GUIDEを購入しました。

ソロモンは、ホントにあっと言う間に終わってしまった^^;
時間が短いのもあるのですが、ソロの歌声が聞こえて、声で誰か分からないとオペラで探したり、群舞のメンバーをチェックしたり(主にそらちゃんですけど)、忙しくオペラを動かしていたから。
途中、「これは何か意味があるのかな??」と思う場面があったりしたけど、あんまり突っ込まずにそのまんま見てました。
色々な衣装・色々なキャラ・色々なナンバー・ダンスが入り乱れていて、それがわーっと膨らんで押し寄せて来るような・・そんなショーでしたね~

マリポーサの花は、幕開きのモノローグとか、セリフのやりとりとか、抽象的な国設定とか、いかにもハリー芝居だなあと思いましたが・・
ミズさん・ネロがカッコいいけれど人間くさい役がらで、魅力的でした。
ゆみこちゃん・エスコバルとの関係も素敵だけど、ラストが本当に切なくて・・
エスコバル側から見ても切ないし、ネロ側から見ても切ない・・
ロマンスは絡めてあるけど、どちらかというと男と男の絆の物語みたいだったなあ。
はっきり明記してないけど、舞台である国は「とある南米の国」でしたっけ?
ちょっと暗めのお芝居でしたが、使われてる音楽がラテン系だったので、更に楽しめました。
会話のバックににさりげなく曲が流れたりするの、好きでしたね~

実は今日、午後公演を見る前に、朝から出かけて地元近くの家電量販店で買い物をして来たんですよ。
そう、母に続いて私もテレビを買い替えました。
会員になってる家電量販店の、会員向けセールの案内が来たので、母と二人で勇んで出かけて来ました。
前々からチェックしてたメーカー(某Y沢がCMしてるヤツです)の、欲しかった型番のがまあまあ値段が下がってたので、即決でお買い上げして来ました。
これで、私も明後日からテレビでも地デジ生活だわ~

というわけで、今日は1日行動してたわけで、もはや目の前ぐるぐる状態なので、そろそろ寝ます。
明日は、青年館でブエノスアイレスの風の午前公演を見ます。

スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/11/01 23:33 | 観劇関係→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。