スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

「夢の浮橋」公演サイト

公式を見たら、「夢の浮橋」公演サイトが出来てました。
出来たばかりなのでまだ中身はちょっとさびしいけど、そのかわり詳しいストーリーと、人物相関図が!
宇治十帖と言っても、どんなストーリーなのかとか、配役は出たけどどんな関係なんだとか、色々想像してましたものね~
私も、あちこちで役の関係予想?なんかを読んで、そのうち宇治十帖を読もうかと思いつつ、まだ手を出してないんです。
やっぱり、読んだ方がより分かりやすいのかなあ・・
と言う訳で、ちょっとだけ感想を。↓


ヒロイン浮舟はしずくちゃんですが、匂宮の姉・女一の宮のあーちゃんや、女一の宮に協力する、あいあいの小宰相の君も、活躍しそうな雰囲気ですね。
しかし、女一の宮の侍女がみんな匂宮の元愛人とは・・

大野先生の日本物というと、時代や権力者に翻弄される主人公、というイメージがあるのですが、それは今回ソルーナさんの夕霧みたいですね。
更狂の時はおっとりした弟だったあひちゃん・二の宮は、今回ちょっと政治がらみの設定のようです。
それにしても・・
衛門督やら式部卿宮やら、なんか聞き覚えのある役名がいろいろ出てくるなあ。

匂宮は女性相手に忙しいだけじゃなく、今の自分やこれからの自分の行く末に悩める貴公子みたいですね。
ストーリーにはあんまり描かれてないけど、キリヤン・薫とどう絡んでいくのか気になるな~
今までのパターンから行くと、結局は匂宮と薫のストーリーになって行くって感じなんだけど^^;

スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/10/23 23:59 | 宝塚→月関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。