スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ラストスカピン

楽しんで来ました!
実は、最初で最後の1階席だったのです。
そんな超前方じゃないけど、オペラ使わなくても十分よく見える席。
しかも、ど真中でした。
1階ならではの臨場感を、たっぷり味わえて嬉しかった~

で、今日のアドリブ。
貸衣装は、
パ「白いスーツに赤い花つけて」
シ「・・・・」
パ「ラーメン、つけ麺、僕?」
はいっとばかりに、ショーヴランに振るパーシー。
ショーヴラン、無言のまま・・おかしいなーとばかりに、たたみかけるパーシー。
「A面、B面、僕?」
シ「・・・・??」
「まさか、知らないのか!?」
パーシー、ちょっと素でびっくりしていたような。
「知らないなんて思わなかったよ~」と言いつつ、引っこんで行きました。
ちえちゃん、ほんとに知らなかったのかな??と思っていたら。
2幕の舞踏会の控え室でのパーシー、「君がスカーレット・ピンパーネルじゃないのか!?」と、ショーヴランにさんざん絡んだあと、「イケメンくらい覚えとけ~」と言い放って引っこんで行った・・・
やっぱり、ほんとに知らなかったのかしら。

最後なので、4回観てツボだったことを並べてみます。
★最初のコメディ・フランセーズで、マルグリットに矢を射るジェスチャーをするパーシー、射とめられた仕種をするマルグリット。
結婚相手として自分の名前を明かすマルグリットを見て、すっごく嬉しそうなパーシー。
甘々だわ~~

★リプライズ(って言うのかな?)のマダム・ギロチンでの、「我らの女神!」の一声にゾクゾクッとします。
あれは、ショーヴランが言ってるんですよね?

★パーシーの邸宅での場面。
マルグリットが「あなたを見つめると」を歌っているときの、ジェサップの落ち着いた物腰が好き。
新聞を片付け、お茶をセッティングし、パーシーからカップを受け取り・・
ちょっと心配そうな様子を見せている。
感情を表にはあまりあらわさない、イギリスの忠実な執事・・って感じがします。
でも、「男とお洒落」で一緒に踊ってたりして、ちょっとお茶目なとこもあって可愛い。
ラスト近くでは、シャルルを抱きしめていたりもしていて。
ブレイクニー家のぼっちゃんであるパーシーも、あんな風に面倒を見てきたのかなと思ったりしました。

★フィナーレのロケット。
ちょうどセンター付近で踊ってる真風さんて、すっごくミズさんに似てますよね~
初めて2階からロケットを見たとき、目は帽子であまり見えなくて、唯一見えてる口元がそっくりでした。
まるでミズさんがロケットやってるみたいだった。
スタイルもスラリとしていて、目立ちますね~

★同じくフィナーレの大階段での、サーベルを使った群舞。
ちえちゃんがサーベルを口元に持ってきたなーと思ったら、スッとキスしたのをばっちりオペラに入れて見ちゃいました。
しかも、舞台に目線を飛ばしながらそれをやっていた・・
その瞬間、ズギューン!と来ちゃいました。
それだけじゃなく、踊ってる間じゅうあちこちにガンガン目線を飛ばしてましたからねえ。
ああいうのに弱いんですよ~


もう、明日が楽ですね。
とにかくナンバーもお芝居も華やかな衣装もセットも、すべてが嵌っている公演でした。
思う存分見られて、楽しかった~


◆FC2拍手コメント、ありがとうございます!
↓にてレスいたしますね~








あやりん様、コメントありがとうございます♪

帝劇エリザ、娘さんとご観劇なんですね!
いいですね~
親子で観劇って、いちばん気を使わずリラックスして観られるのがいいですよね(*^_^*)
確かに、3回分のチケット代というとかなりな金額になりますねえ。
そうなると、あれもこれもと言う訳には、行かないですものね~
OGとしての舞台を見るようになると、そのへんがつらいところですね。


スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/10/04 23:31 | 観劇関係→星COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。