スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

貴族には~義務がある~♪

今日、たまたまBS日テレをつけっぱなしにしていたら、「歴史ミステリー 古代遺跡の謎」という番組が始まりました。
今日のテーマは「イギリス・ロンドンの建築物」。
なんとそこで、あの有名な「ロンドン塔」の元を作った人物として、ノルマン人でイギリスの王になった「ウィリアム王」が登場。
それまでカタログを見つつただ聞いてたのですが、思わず目を上げて見てしまった。
見ていると、どうもこの人があの「ノルマンのウィリアムの時から~」のウィリアム王らしい。

イギリス王になったウィリアムは、権力の象徴としてあちこちに城を建てたそうです。
でも、ノルマン人である彼が造らせた城は、石づくりで頑丈ではあったものの、ゴツゴツとしていて美しくはなかったらしい・・
彼が作らせた建築物の中でも、特に有名であり歴史的にも色々なことがあったのが、ロンドン塔だそう。
ちょっと昔のヨーロッパの歴史が絡んだ本を読むと、よくロンドン塔に幽閉された人の話が出て来たりしますよね。
最初にロンドン塔を作ったのはウィリアム王で、それから代々の王が少しずつ付け加えたり改良したりして、今のロンドン塔になったそうです。

なんだか、妙なところでヘアフォード家ってホントに古い家柄なんだなーと実感してしまった^^;

スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/09/10 23:46 | テレビ→紀行・街COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。