スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

懐かしいショー

今日は特に用事もなかったので、HDDにスカステで録ったショーが結構溜まってたので、編集しつつダビング作業をしてました。

編集といっても、はじめに入る間のCMのようなのをカットしたり、終わったあとをぴったりにしたり。
で、おきまりのように、チャプターを入れたあと思わずズルズルと見てしまった・・
それをいくつもやったので、かなり時間がかかっちゃいました。

なぜか8月は各組のちょっと前のショーや、博多座公演特集での博多座限定のショーなどの放送があったので、ちょっと見だすと懐かしくてついつい見ちゃうんですよね~
初演「サザンクロスレビュー」のさわりを見ると、必ずラストの若手男役のエトワールを見たくなります。
残ってるのがあさこちゃんだけだったり、まだオサさんの声が高めで可愛かったり、「もうこれからずいぶん経つんだなーと」思いつつ・・・
さらにその後、流れで博多座のエンター・ザ・レビューを見てしまった。
初々しいエトワールのオサさんと、貫禄の「すみれちゃん」とのギャップに呆然^^;
そして、ついこの間博多座でひゅ~っと痩せてしまったキリヤンを見ただけに、サザンクロスロケットでのぷっくりなキリヤンに愕然・・
ああ、タカラジェンヌは皆、今どんなに真中で踊っていたりしても、こうしてロケットを踊って経験を積んで来てるんだなーと、思ったり。

そして、同じくサザンクロスレビューで役名インセクトをやってたコムちゃん、最後の最後も「蜘蛛」だったのか・・なんて。
食虫花の場面を見た当時(BSの放送でですが)、こういうのも宝塚でアリなんだと、びっくりしたものです。
宝塚ファンになった当初は、宝塚のショーと言えば、燕尾の男役とドレスの娘役が出てくるものだと思ってましたからねえ。
初めての頃は、年に数回しか生観劇しなかったし。

でも、見なれて来た時に見た「ジュビレーション」とか「ハイパーステージ」は、かなり好みのショーでした。
そう、私石田先生のショー、結構好きなんですよね~
8月も、ジュビレーションの放送があったので、録りましたが。
あの、ちょっと独特のコスチュームでショータイトルを連呼するオープニング、なんだか嵌るんです。
だから、コムちゃんの時に「ワンダーランド」が回ってきて、結構嬉しかった。
コスチュームがだんだんあっさりめになって来たのが、ちょっと不満でしたけど^^;

スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/09/06 23:00 | 宝塚→全般COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。