スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ひとかけらの勇気

前々から楽しみにしていたスカーレット・ピンパーネル、ようやく見て来ました。
話には聞いていましたが、あのナンバーの数々、すごく耳に残りますね~
まだ「マダムギロチン」やら「ひとかけらの勇気」が、頭の中をぐるぐるしてます。

ちょっとネタばれもありますので、続きは↓で。
FC2コメントのお返事も、↓でいたしますね~






幕開き、どんな始まり方なんだろうと思っていたら、いきなり幕開きからギロチンが出てきて、びっくり。
民衆の歌は力強いけど、なんだか暗い雰囲気で不穏な空気だし。
そこでパーシーの「ひとかけらの勇気」が歌われる。
一転して、暗い空気の中でパーッと力強い希望の光がさすようで、銀橋で歌うとうこちゃんに、見入って、聞き入ってしまいました。

パリの民衆の重く力強いナンバー「マダムギロチン」あり、パーシーが歌い後半マルグリットが歌う「ひとかけらの勇気」あり、ショーヴランの「君はどこに」と、耳馴染みが良くて印象的なナンバーがたくさんありました。
マルグリットの「あなたを見つめると」も、切なくて好きだったなあ。
そして、お芝居的にもスリリングな展開あり、ちょっとコミカルなお笑いな展開あり、パーシーとマルグリット二人のじれったい展開、それに絡むショーヴランとの関係などなど、一本物だけどダレて飽きるヒマがなかったですね~
また、とうこちゃんがコミカルな場面を、すごく楽しそうにやってるのが良かった!
とうこちゃんのパーシーは、スカーレット・ピンパーネルとしてきりりと行動してるときと、ちょっととぼけたイギリス貴族を演じてるときの切り替えが絶妙で。
ナンバーも、スケールが大きくわ~っと歌いあげるのが多かったけど、見事に歌い上げてくれて聞き応えがありました。

あすかちゃんのマルグリット。
まあ~なんて難曲ぞろいなんでしょう・・
エリザベートも、娘役さんにはしてはナンバーが多いと思ってたけど、マルグリットはナンバーは多いわ難しいわで、大変そう。
でも、「あなたを見つめると」の切ない歌声や、パリにもどっての「ひとかけらの勇気」の力強い歌声など、さすがでした。

ここで、今日ツボだったことをいくつか。
「君はどこに」を聞いていて、ショーヴランはよっぽど一緒に活動してた時の、マルグリットが忘れられないんだな~と思った。
革命運動?を一緒にしてたなんて、ずいぶんと特殊な状況下ですよねえ。
ある意味、戦地に赴いた同じ部隊の仲間のような。
精神状態も、ちょっと普通の時とは違ってますよね。
それを、マルグリットは忘れたい、ショーヴランは忘れられない・・
そりゃあ、ショーちゃんじれじれしちゃうわ、とついつい同情しちゃったりして^^;

なんでロベスピエールもショーちゃんもグラパンの正体が分からないの~
「ベルギー大使館から紹介された」とかなんとか、言ってましたっけ?
てことは、パーシーとベルギーはツーツーなのかなあ。
とにかく、いくら紹介されたからって、ラストにあっさりグラパンの計画に乗ってしまうショーヴラン、ずいぶんうっかりな気が・・・

それと、「スカーレットピンパーネル」の名前が知れ渡っているのに、「紅はこべ」の紋章を手紙に押したりしてる。
「手紙はけして他人に見せてはならない」なんて言ってたけど、紅はこべの紋章で封をした手紙を持ってたりしたら、「一味でーす」と宣言してるようなものじゃん・・と、突っ込みつつ見てました(苦笑)
現にマルグリットにうっかり見られてるしねえ。
それに、確かパーシーが所有する船にも紋章がついてませんでした?
あれ、見られたらまずいんじゃないのかな~

フィナーレの構成は、いかにも小池先生という感じで、ちょっとエリザとパターンが似てますね。
まず、銀橋でちえちゃんが「ひとかけらの勇気」を歌ったのですが、それがすごく良かった。
ちえちゃん、本当に歌がうまくなりましたね~
あと、サーベルを持って踊る男役の群舞での、ワイルドなカッコよさに惚れぼれしました。

とうこちゃんはとうこちゃんで、娘役さんたちとのダンスのときかな?
「あなたを見つめると」(で合ってるかな・・)を歌ってますが、その歌声が素晴らしくて。
とうこちゃんの声って、艶のあるなめらかな歌声で、耳に心地いいんですよね~

これ、次回見たらさらにハマりそうですね。
次は、9月の後半に見ます。


つき。さま。
ワイルドホーンのナンバーは、耳馴染みが良くて聞きやすくて、私の好みのど真中でした。
なので、やっと見られて嬉しかったです。
とうこちゃんの「ひとかけらの勇気」も素晴らしかったのですが、ちえちゃんの「君はどこに」のメロディラインが、すごくツボにハマりまして・・
やはりこのDVDは買いかなと、買う気満々に拍車がかかりました^^;
とりあえず、あと2回は生で見られるのが決まってるので、楽しみです♪

あ、ちなみに博多座ミーマイDVDは、今日キャトルでキャンペーンに惹かれて予約して来ましたよ。








スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/08/30 22:14 | 観劇関係→星COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。