スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ラインアップ

出るには出たけれど、なんか小出しに出してきた感じ。

花の「太王四神記」は既出ですが、来年は年始公演にフレッツが付くんですね。
公演スケジュールも変わったし、ずれるのかな~

星は景子先生&大介先生ですねー
てか、クレオールってシークレットハンターとちょっと被ってるような。
そりゃ、とうこちゃん似合っていましたけど・・
演出家から見ると、とうこちゃんのイメージってそんな感じなのかなあ。
そして、ショー。
大介先生って、どれだけ妖精が好きなんだ・・
でも、大介先生のショーって、アテ書きがハマるとすごくいいんですよね。

雪はなんと!
ミズさんがゾロですか~
いや~すっごく似合いそう!
こういう冒険活劇風なの、ありそうであまりなかったと思うので、楽しみです。
レディ・ゾロはとなみちゃんですよね。
娘役さんで剣を持って戦っちゃう役なんて、カッコイイですよね~

桂ちゃんのバウは、現代物のファンタジー??
ストーリーを読むと、なんだか不思議な感じですが。
そういえば、あんまり触れられてないけど、青年館チケット値上げしてますね・・

そして、宙中日はベルばらか~
「アンドレ編」だと、ヒロインはオスカル?
てことは、ウメカルなんでしょうか。
でも、通常の「アンドレ編」だったら、男役さんのオスカルかな~

今年全ツで「ベルばら外伝」をやったから、来年本公演でベルばらがあるかも?なんて思ってたけど、さすがにそれはなかった・・
あと、風共もあったりして、なんて予想してたけどそれもなかったですね。
でも、小出しの情報だからなあ。
今度は一公演あたりが短いから、チケットを取るのもうっかりしてると取り逃しそうでコワイわ。







花組
■主演・・・(花組)真飛 聖、桜乃 彩音

◆宝塚大劇場:2009年1月1日(木)~2月2日(月)
◆東京宝塚劇場:2009年2月13日(金)~3月22日(日)

NTT東日本・NTT西日本フレッツシアター
『太王四神記』 
~韓国ドラマ「太王四神記」より~
潤色・演出/小池修一郎

紀元前から7世紀まで朝鮮半島に実在した「高句麗」を舞台に、主人公タムドクが真の王へと成長していく姿を、数千年の時を超えて繰り返される運命と切ない愛を絡めて描いた、ペ・ヨンジュン主演で話題の韓国歴史ファンタジードラマ「太王四神記」。宝塚歌劇では舞台ならではの演出を凝らし、スケールの大きい一本立て大作としてミュージカル化。宝塚歌劇95周年の幕開きを華やかに彩ります。



星組
■主演・・・(星組)安蘭 けい、遠野 あすか

◆宝塚大劇場:2009年2月6日(金)~3月9日(月)
◆東京宝塚劇場:2009年3月27日(金)~4月26日(日)
Musical
『My dear New Orleans(マイ ディア ニューオリンズ)』
-愛する我が街-(仮題)
作・演出/植田景子

20世紀初頭、アメリカ南部の港町ニューオリンズ。フランス植民地時代の名残と、白人と黒人の混血であるクレオールの文化、スペイン、カリブ……様々な人種と文化が入り混じり、独特の芳香を放っていたこの街は、いたる所に音楽が溢れ、人々の生活は、常に音楽と共にあった。ジャズ発祥の地と言われる、このニューオリンズの貧民街に生まれ、歌うことに希望を見出して生きたクレオールの青年と、エキゾティックな美貌で男心を捉える薄幸の美女との出会いと運命を軸に、音楽を通して生きる勇気を育み、どんな運命にも、明るくたくましく生き抜こうとした人々を描くミュージカル。


レビュー・ファンタスティーク
『ア ビヤント』
作・演出/藤井大介

「ア ビヤント」は、フランス語で「またね!」という意味。パリの街にポツンとたたずむ取り壊された一軒のレビュー小屋。時の妖精が一晩だけの夢を叶えるために劇場に明かりを灯すと、一夜きりの輝くばかりのステージが甦る……。劇場に集う人々、スター達の様々な思いを綴った、クラシカルでロマンティックな夢の詰まったレビュー作品。



雪組
■主演・・・(雪組)水 夏希、白羽 ゆり

◆宝塚大劇場:2009年3月13日(金)~4月13日(月)
◆東京宝塚劇場:2009年5月1日(金)~5月31日(日)
舞踊パフォーマンス
『風の錦絵』
作・演出/石田昌也

「風」をテーマにした日本物の舞踊ショー。春一番、木枯らし、暴風、旋風、疾風、順風、逆風、隙間風、涼風、臆病風、風通し、風化、風流、風雅、風評、風当たり、風の便り、風まかせ……。「風」の持つイメージを様々な角度からとらえた、伝統的な中にも新しい息吹を感じさせる日本物のショー。

■特別出演・・・(専科)松本 悠里、轟 悠

宝塚アドベンチャー・ロマン
『ZORRO 仮面のメサイア』
“This Revue is based upon the works of Johnston McCulley.
The underlying rights in and to the property of Zorro are
controlled by Zorro Productions, Inc., of Berkeley, California,
which has provided Producer with the use of its copyrights
and trademarks for the purposes of this production.
c2008-2009Zorro Productions, Inc. All rights reserved. ZORROTM.”
作・演出/谷正純

時は18世紀末。所は、“新世界”アメリカ、カリフォルニア。スペインの圧政に苦しむ民衆は、救世主の登場を待っていた。黒いマスクで顔を隠し、黒いマントをひるがえし、悪者を懲らしめる伝説の騎士ゾロの登場を……そして、現われたのは、ゾロとレディ・ゾロ。二人のゾロの活躍と愛を描く痛快無比の冒険活劇。



雪組
■主演・・・(雪組)音月 桂

◆宝塚バウホール:2009年1月8日(木)~1月18日(日)
<座席料金:全席5,000円(税込)>

◆東京特別(日本青年館大ホール):2009年1月23日(金)~1月29日(木)
<座席料金:S席6,500円、A席5,000円(税込)>

バウ・ピュア・ストーリー
『忘れ雪』
原作/新堂冬樹「忘れ雪」(角川書店)
脚本・演出/児玉明子

瀕死の子犬を偶然拾った深雪は、「忘れ雪に願いをかければ必ず叶う」という祖母の教えを信じて、子犬の回復を願った。そこへ獣医を目指す桜木が通りかかり、子犬を治してしまう。不思議な力に導かれて出会った二人は、次第に惹かれあっていく。やがて二人は、深雪の家庭環境により別れの時を迎えるが、「七年後の同じ時間、同じ場所」での再会を約束する。そして二人は、必然とも言える再会を果たす。しかし二人の空白に、幼い日の思い出が甦った時、深雪は失踪する……。愛し合っているのにすれ違う二人の美しくも儚い純愛物語。



宙組
■主演・・・(宙組)大和 悠河、陽月 華

◆中日劇場:2009年2月1日(日)~2月23日(月)
<座席料金:A席7,500円、B席5,000円(税込)>

宝塚ロマン
『外伝 ベルサイユのばら -アンドレ編-』
原作/池田理代子  外伝原案/池田理代子
脚本・演出/植田紳爾

フランス革命の動乱に翻弄されながらも、強く悲しく美しく生き抜いた人々の中で、オスカル一筋にその人生を捧げ、数奇な運命の苦難を乗り越え生きたアンドレ・グランディエ。その波瀾に富んだ人生に焦点を当てて描いた作品で、2008年より全国ツアー公演において、主人公を変えながら3部作として上演してきた『外伝 ベルサイユのばら』の最後を飾る公演となります。
 
グランド・レビュー
『ダンシング・フォー・ユー』
作・演出/中村一徳
  
夢、愛、若さ、情熱に満ちたエネルギッシュなダンシング・ショー。パリやアメリカを舞台にしたオーソドックスな宝塚レビューの中に、都会的でシャープな感覚溢れるダンシングシーンを繰り広げます。








スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/08/29 22:48 | 宝塚→全般COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

キットカットネタ

りとるべあ様!今日コンビニでほうじ茶キットカット見つけました!!
即お買い上げ。りとるべあ様はもう食されましたか?
ほうじ茶エキスパウダーが入っているので、ふとした瞬間ほうじ茶です(笑)
さっぱりしていてまずまずでしたよ

No:505 2008/08/29 23:15 | ぶっぴ〜 #vpTeR5/6 URL [ 編集 ]

No title

おお!ぶっぴ~様、ご報告ありがとうございます。
実は、まだ食していないんですよ~
ふとした瞬間ほうじ茶ですか(笑)
キットカットゲッターとしては、早急に求めてみたいと思います♪

No:506 2008/08/29 23:47 | りとるべあ #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。