スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

難曲

久し振りに林アキラさんのブログをチェックしたら、26日の記事がエリザのナンバーの「計画通り」の曲のことでした。

この「計画通り」という曲が、複雑な変拍子でとても難しいそうで・・
アキラさんいわく「この曲4分の4、4分の2、そして8分の3拍子が小節ごとに変わるのです。」
これ、宝塚でもエリザが上演されるたびに、座談会などで言われてますよね。
それを聞いてから、生で見てるときにこの曲の歌い出し担当であるルキーニを、ついついじーっと見てしまうようになりました^^;
エリザのお稽古場では、前回からの続投の方も、新たに参加している方も無事クリアして、振りつけもスムーズに進んだとか。

またまたアキラさんいわく、「変拍子は、内面的なものを表現したい時に効果があるんですよ。そのスリリングな進行が」、だそうですが・・・
アキラさん、変拍子がお好きだそうで、Calliのオープニングや「犬の狼」が変拍子だったそうです。
こういうのって、観てる方はあまりピンと来ないものなのかしら?
劇場で観てるときには、そんな複雑な拍子とは分かりませんでした^^;
でも、譜面から覚える時はカウントを取るのが、大変そう・・・
アキラさんが、「コムちゃんは体に馴染むまでかなり練習してくれたようで、そんな所を全然感じさせずに進めてくれて嬉しかった」とおっしゃってますが、「体で覚える、体に馴染ませる」っていうのが大事なんだろうなあ。




スポンサーサイト

テーマ : ミュージカル - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/06/29 22:16 | 朝海ひかるさんのこと→舞台COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。