スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

カルメン繋がり

スカステで稽古場映像を見てから、宙の「激情」のことを思い出してました。
宝塚の舞台のヒロインが、カルメンていうのにもびっくりでしたが、とにかくラストシーンが衝撃的で。
稽古場映像で、ホセ役の友石さんがナイフを手にして、「俺を助けてくれ」という場面がありましたが、まさにその場面。
1000daysで見た時、毎回ぴーんと空気が張り詰めたような、緊張感がありました。
ずんこさんホセの、「俺を助けてくれ」という言い方が、とにかく切なかったんですよねえ。
1回だけ下手ですが超前方で観た時。
「俺を助けてくれ」と言っているずんこさんが、涙ぐんでいたのが見えました。
それだけでも胸にずーんと来るのに、さらに懇願するように歌うホセ・・
それでも、きっぱりと拒否するカルメン。
これを見ている時は、「カルメン、助けてあげてっ」てな感じで、ホセ寄りで見てました。

今度は・・どうだろう。
たぶん、カルメン寄りで観る気がする。
よくよく考えたんですけど、宝塚ではないお芝居・・ドラマとか映画とか舞台とか。
そういうのを見るときは、やっぱり女性の役に気持ちが入っちゃうんですよね。
同じ女性として、気持ちがよく分かるからだと思うけど・・
Calliの稽古場映像の時も、強引に手を引っ張ってるホセを見て、ちょっとイラッと来ちゃったりしたし(^_^;)

ところで、良知さんのブログにコムちゃんのペットボトルケースの画像がありました。
宝塚の頃の衣装のケース・・と書いてらっしゃいました。
確かに、オスカル様っぽい衣装ですけど、ちょっとフォーシオンちっくでもありますよね。
そう思ったら、思わず脳内に「フォーションと呼んで♪」のフレーズが流れました(^^♪

スポンサーサイト

テーマ : ミュージカル - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/05/15 00:30 | 朝海ひかるさんのこと→舞台COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。