スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

こだわりアラカルト・プロローグ2

ファーストランを録ったのを、やっと見ました。
プロローグを連続してみると、イイとこ取りって感じで面白いですね~
映画を見る前の、予告編をたくさん見てるみたい。

プロローグ1の放送がいつ頃だったのか、よく覚えてなかったんだけど、ショーだけじゃなくてお芝居のプロローグもありました。
堕天使の、「地獄のルシファー」のダンスとか、竜馬伝の「風雲に生きる」を歌うかしちゃん竜馬とか。
堕天使は、ひたすらルシファーの妖しさに浸って見てたなあ。
竜馬伝は、ちょうど去年の初めにガーッと集中して見てたのを思い出してました。
そういえば、堕天使プロローグでルシファーがリンゴにキスした後、テンプテーションのプロローグのミズさんになってました。
リンゴ繋がり??

ロマンチカのプロローグの後に、マラケシュのプロローグが続いたのには、ちょっとおののきました・・
あのリアルト橋のセットでの、見てるとなんだかざわざわと落ち着かない気持ちになる場面。
曲調もたくさんの人々も、迷宮に迷い込んだ気持にさせる・・
そして、マラケシュのプロローグでは、蛇が出てきてベドウィンの男が歌う・・
ベドウィンの男・オサさんの歌声が、落ち着かなくなった気持ちにスッと入り込ん来て、ぐわんぐわんと揺すぶられているようだった。

あと、全ツのベルばら祭りが決まったからなのか、やたらベルばらプロローグが流れましたよ。
そういや、全ツには「ごらんなさい♪」を使うのかな~
ベルナールやアランが、マンガから出てくるってのもちょっと違和感があるかも・・

スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/02/21 00:48 | スカステ→全般COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。