スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

アデュー、マルセイユ~♪

アデュー、コテコテなサヨナラ仕様は抑えめに感じたけど、花組育ちで花組トップになったオサさんに、ぴったりなお芝居だな~と思って、見てました。
だって、花組のお家芸と言える「スーツ物」で、「大人でクールで物分かりが良くて何やら秘密ありげな男」なジェラール・・
ほんとに、オサさんに嵌ってた。
2番手は敵対する役になりがちだけど、今回のまとぶんシモンはちょっとヘタレが入った、可愛げのある男なのも、好きだったな~
替わりに、敵対キャラはえりたんでしたが、ちょっとどこかで見たようなキャラだったのはちょっとアレだったけど、そういうのが似合っちゃうからねえ。
ただ、プロローグ?の「スコルピオの男」・えりたんは、あれはモーリスとは違うんですよね?
おヒゲのえりたんなんて、初めて見た気がしますが、帽子の下から見えるヒゲが意外にもすごく似合っていて、びっくりでした。


あやねちゃんのマリアンヌは、小池先生のオリジナルにありがちなヒロインに見えたけど、若くて一途な女の子って、あやねちゃんに合ってたと思います。
まだちょっと夢見る女の子っぽいとことかも。
ただ、見ていてマリアンヌのモーリスに対する気持ちはよーく分かったけど、それでも「彼の好意は重荷なの」はちょっと切なかったな・・
まあでも、そう思われちゃう男の人っているもんね。

小池先生の作品に付き物の若者グループって、今回はシモンの手下グループ?
シモンもそうだけど、なんかみんな人が良さそうで、とてもスコルピオと張ってるマフィアに見えないわ・・
シモンと言えば、忘れちゃいけないジャンヌ!
イイ女でした~~
ショー場面での歌は「男」だったけど。
衣装も同じせいか、ガイズのアデちゃんを思い出してしまったけど、シモンを引っ張ってたとこを見てると、もっと強い女性なんでしょうね~

聞いてはいたけど、「チョイ悪オヤジなまっつ」、激しくツボでした~
なんで、悪人チームの場面になると、いきなりセリフが歌になるのか・・
黒塗りでおヒゲで、としこさんの肩を抱いたりしてるまっつ。
ついつい「頑張ってる」って目で見ちゃうんだけど、それはそれですごく楽しい♪
まっつの歌声も、たっぷり聞けたしね~

ショーは、幕が開いた瞬間から、ものすごく懐かしさを感じた。
すっごく久しぶりに、「オーソドックスな宝塚のショー」を見た気がします。
考えてみれば、ファンシーダンス以来割と変則的なショーが多かったような・・
スターの歌い継ぎがあって、ピンクのドレスの娘役とピンクの変わり燕尾の男役の夢々しい場面があって、スーツのダンスに、ラテンにスパニッシュ。
フィナーレには黒燕尾の群舞に、デュエットダンス。
「ああ、宝塚のショーを見てる~」とすごく実感出来た。
群舞もわりとあって、迫力もあったし。
ただ・・人がたくさんいるわりに、なーんか舞台がだだっ広く感じる時があって・・
セットがシンプルだったからかな~

スーツの場面は、ヤンさんの振りつけなんですね。
とにかく男役さんがカッコ良くて、娘役さんとの絡みが色っぽくて、すごく「花組っぽさ」を感じた場面でした。
そして、あやねちゃんが出てきたとたん、おもわず「タブ子がいる・・」とつぶやいてしまった。
やや「キラキラタブ子」になってましたけど。
しかも、髪形も似てるんだもんなあ。
さらに、ラテンではあやねちゃんの最初の衣装が、「パイナポーの女王」だったわ
さらにさらに、着替えて来たらタランテラの「アマゾン」ぽかった~

ラテン、スパニッシュと言えばオサさんの歌、カッコ良かったわー
ちょっと声をくずしながら自在に歌っていて、聞いててスカッとしました。
さすがでした。
で、スパニッシュで何にびっくりしたって、まっつのソロダンスですよ。
超下手はじだけど、いきなりライトが当たって一人で踊ってる人がいる!と思ったら、まっつなんだもの。
しかもそのあとソロで歌って、オサさんが歌い継いじゃう!
とにかくびっくりしてしまったけど、あわててオペラでガン見しましたよ。

フィナーレデュエットの、オサさんの「アモーレ・スクザミ」は絶品でした。
まず歌声にびりびりと感動して、歌詞を聞いたらたまらず泣けた・・
なんか、下級生の頃から知ってる人で、トップになる過程を見て来て、ついにサヨナラの時を迎えた・・
そんな人のラストだと思うと、ずっと追いかけてきたディープなファンではない私ですら、じんと来てしまう。
これは、オサさんをずっと追いかけてきたファンの方には、たまらないだろうなあ・・
そう思ったら、またまたじんと来てしまった。

私の持ってるチケットは、あと1回きりなんですけど・・
もうちょっと見たくなっちゃった。
でもまあ、あのごった返してる劇場内を見てたら、無理そうですけどねー

スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2007/12/02 00:40 | 観劇関係→花COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。