スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ENAK・上妻宏光さんインタビュー

MAHOROBAの音楽を担当された、上妻さんのインタビューがENAKに出ています。

その1

その2

その3

その4

MAHOROBAで使われている曲、多重録音とは聞いていましたが、改めて三味線30丁って聞いて、びっくりしました。
仕上げの段階では、秒単位で調整するっていうのも、すごいわ~
オリジナルだと、振りと曲が合うように曲を創る段階で調整するんですね。
新しいアルバム、「蒼風」のことも話されていますが、先日東宝にチラシが置いてありましたよ。

神話や民話を題材にした曲で構成しています。
当初は和楽器中心で作る予定でしたが、神話などを調べるうちに三味線のルーツをたどったり。
その結果、韓国さらには中東に至る幅広い世界の楽器演奏者に参加していただくことになりました。
そうした国々と日本とは空でつながっている。
そして風が文化を、音楽を運んでくれたのだ。
そういう気持ちから「蒼風」という題名をつけました。


おおお~こういう世界観は、「中国鉄道紀行」とちょっと通じるものがあるな~
チラシを見て興味はあったんですが、上妻さんのインタビューを読んで、ますます「蒼風」を聞いてみたくなりました。

ところで、スマスマの件ですが・・コメントで教えていただいたんですが、やはりあさかなも出るそうですね。
大階段のセットを組んで、男役は黒燕尾でちょっとナチュラル化粧。
今日が収録日だったとか。
最後の10分くらい、ということですが「夜空のムコウ」を歌ったりするらしい。
宙組の男役さんたちは、大階段のセットで踊ったりするんですかね。
これは、かなり見たいですね~
連休でバタバタして、録るの忘れないようにしなきゃ。
片桐さん、教えていただきありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2007/09/27 00:48 | 宝塚→月関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。