スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

MY楽は終わった・・

取りあえず、私のGWは終わりました(明日も休みだけど)
ダブルヘッダーは結構キツかったわ~
それでも、宝塚よりは公演時間は短いので、まだ楽かな~


3日に見て、一日あけて今日2回見たわけなんですが。
ちょっと作っちゃってるかなーって思った歌声が、ずいぶん自然になった気がします。
宝塚を退団した男役の人って、退団後に歌う時高音を出すのに迷いながら歌ってるっていう
印象があって。
ここかな、いやここかな?って言う風に、探ってるように聞こえるんですよね。
それがなくなると、自分の一番自然な高音がスパーンと出せるようになると思うんです。
コムちゃんは、女性の声にしなきゃってところで迷ってるのかなーと思ってたんですけど・・
だんだん慣れてきたのかな。
素直に歌うと咽喉が開くと言うけど、すごく気持ちよさそうな歌声に聞こえましたし、
声の広がり具合が、気持ち良かった。

ダンスは、公演を重ねるにつれてパワフルさが増してきた気がします。
なんだか、宝塚時代の驚異的な体力のコムちゃんを思い出しました。
相変わらずしなやかな動きで、腕や指先や脚先まで本当に綺麗。
特に、一幕ラスト近くの、アップウェアを脱ぎ捨ててタンクトップ姿で踊るところ。
しなやかな動きはもちろんのこと、踊る時の目線がキリッとカッコ良くて、見惚れました。

3回見て、劇中劇の部分は前後に比べて、ずいぶん異質なんだなと思いました。
芝居中流れる曲調も、ちょっとエキゾチックな雰囲気。
ロミオ→ヴァンサン→シルバ→ヴァンサン→シルバと変わっていく、コムちゃんへのそれぞれの
人物の憑依っぷりが凄まじい。
特に、ヴァンサン→シルバのとこなんて、一瞬で目つきがガッと変わってました。
コムちゃんの芝居の、だんだん入り込むと役が憑依してしまうような所が、好きだったんだと
思い出した。
そして、久し振りにそんなコムちゃんが垣間見られて嬉しかったし、退団しても変わって
ないのが、嬉しかった。
今度は、女優としてそんなコムちゃんを見たい。
見せてもらえるだろう、と期待が持てました。

13時公演。
投げられたカンカン帽を受け取れず、落してしまうハプニングあり。
口元に手をあてて、照れつつ小走りに拾いに行ったコムちゃん、可愛かった~♪
サイン入りポスター争奪じゃんけんのお題は、カード会社貸切だったので、
三○住○VIS○カードを、10年以上使ってる人。
それで二人が決まり、あと一人の人のためのお題は、そのカードで端午の節句関係の
買い物をした人。
それと、「子供の日だから」と、ポスターを貼ったボードにちいちゃな鯉のぼりがついてました。
コムちゃんのMCは・・あんまり覚えてない~
でも、話すと決まってること以外は、あんまり言わなかった気がする。
「まだ夜の部もありますので・・」とかなんとか言って、ちょっと短めだったかな。

17時公演。
こんどは、ケーンをポロッと落とすハプニングあり。
一瞬、やっちゃった~って顔をしてたような。
サイン入りポスター争奪じゃんけんのお題は、子供の日ということで、この1年の間に、
子供が孫が生まれた方。
で、今回は特別ということで、角川さんが持ってきたポスター柄のバッグをプレゼントすることに。
お題は、「小学6年生までのお子様」。
2人いて、6年生の子が勝って角川さんが舞台から、ダーッと走って渡しに行ってた。
その間にコムちゃんは、一旦袖に入りしれっと汗を拭きつつ戻ってました。
「いないー!」っていう、角川さんの驚いた声が面白かった。
MCは、退団して5か月たつけど、あまり変わってない。
変わったのは住む場所と・・と言いながら、足を指さす。
脚がスースーするらしく、「女の人ってここから風邪引きますよね・・引きません?」と、
前方のお客様に尋ねるコムちゃん。
「これからは私もパッチを穿いて・・パッチ?」
「・・レギンスですね。レギンスを穿いてスカート姿を皆様にご披露したいと思います」
と、言い終わってすぐ、「パッチって・・」と、自分に突っ込んでました
そういえば、17時公演は2幕の髪形がぺったりと撫でつけたものではなく、
ちょっとふわっとしていた。
なおかつ、上のほうにヘアピースをつけてた。
ミニスカもだいぶ見慣れました。
だいたい、ミニスカ穿いててもソフトとかケーンを使ったダンスは、かなり男前な
ダンスだったので・・
もひとつそう言えば。
1幕芝居中で、友人が訪ねてくる所。
ジャージ?のサイドが開いてたらしく、かなり突っ込まれてた。
開いてて大丈夫かとか。

出演者の皆さんは、中川さんの男性ならではの素晴らしい躍動感のダンスに見とれたり、
角川さんの美声に聞き惚れたり。
1幕の芝居は、皆さん間が良くて面白かったし、角川さんのじゃんけんコーナーの
パートナーも、コムちゃんとの突っ込み合い?が面白かったなー
園田さんのダンスもせらちゃんのダンスも良かったし、池谷さんの練れた歌声も
好きでした。
また違うところで、見たり聞いたりしたくなっちゃった。

は~
見てるときはいろいろ感じても、文で再現するのは難しいものですね。
今思い出したのですが、劇中劇のシルバの、「この姿を見せるのは最後。覚えていてくれるなら・・」みたいな内容のセリフがあったんです。(うろ覚え)
正塚先生、そのセリフをコムちゃんに言わせたくて、劇中劇を入れたのかと思った。
私たち、見てるものへの決意みたいなセリフに聞こえたんです。
なんにせよ、1幕の芝居仕立ての内容が嵌ってたから、2幕のコムちゃんもスーッと
受け入れて見られたのかなと思った。
そんな意味でも、正塚先生の演出で本当に良かった。














スポンサーサイト

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2007/05/05 23:56 | 朝海ひかるさんのこと→舞台COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。