スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

明智/TUXEDO JAZZ2回目

今日は、母と観劇。
多少は説明はしたものの、結局プログラムも読まずに見た母。
いつもは、「これ見るんだよ」とブログラムを見せるんですけど、今回はそんなヒマがなくて。

何で母が今回見る気になったかというと、花組替え後のえりたんが見たかったそう。
雪のえりたんを見てかなりのえりたん好きになっていたので、気になっていたらしい。
えりたんが出てくると、オペラをサッと上げてチェックに余念がなかった

芝居を見終わったときの感想としては、「ちょっと子供向けっぽい内容だねえ。
もうちょっとちっちゃなとこでやる方が、いいんじゃないの」だった・・
まあねえ、原作のR指定っぽいとこを、ことごとく変えてるからねえ。
何回も、小学6年生の姪に見せたらいい、とも言っていた。
小学生に?まあ、6年生くらいだったら分かるかな。
でも、早苗→黒蜥蜴→葉子のとこで、こんがらがっちゃうかも・・

私的には、部分的に好きな場面はあるけど、どうも船のあたりからテンションがいまいち
上がらないというか。
客席からは、明智がソファにいないことが分かってるし、松公が明智だってことも
分ってるから、盛り上がりに欠けるのかな・・
その点、あちこちでいろんなことが起きる、ホテルの場面は緊迫感があるから好きなのかも。
ボーイさんとメイドさんたちの言動も、ある意味緊迫感があるし
てか、せっかく乱歩をネタにしてるんだから、もうちょっとでいいから謎解き寄りに
してほしかったなあ・・勿体ない。

それと、葉子がいきなり潤ちゃんに結婚の話をするところ。
心情的に分からなくもないのですが、事前にもうちょっと匂わせておいた方が、しっくり
来るんじゃないかなあ。
葉子の境遇からすると分かるけど、いきなり葉子が告白するみたいな唐突感は
どうしても感じてしまうので。
潤ちゃんも、そんなすぐに受け入れてプロポーズまで歌っちゃうのが、ちょっと違和感が
あったりするし。

★今日印象に残ったところ
車での追跡シーン。
明智さん、波越さんのほうに顔を向けてさかんに何かを喋ってる。
それに受け答えしてる波越。
すると、明智さんが波越さんの肩に手を置いて、すっごい嬉しそうないい笑顔に。
明智さん、波越さんといるとなーんかいつも嬉しそうですね。

波越さんの「ヤーレン、ソーラン」のあと、天城刑事と丘刑事二人が続いてソーラン節を
振り付きでやっていた。
これ、毎回やってるのかしら?前回は気付かなかった。
絶妙なタイミングで、可笑しかったー

まっつの黒蜥蜴の手下の「名探偵の最後だ!」の、あまりに痛々しいハイテンション。
ああ~と思う反面、超ツボだったりします

TUXEDO JAZZ。
使ってる曲もオーソドックスなのが多くて、母も楽しんでいました。
聞き覚えはあるんだけど、タイトルが解らない曲が数曲あったみたい。
やっぱり、ライブCDを買わないと全部は解らなそう。
今日はまっつの窓からの登場から、降りて合流まで追いかけて見られて、満足

セットがわーっと開いて、まとぶんが登場するとこ、なんかワクワクして好き。
あと、短いけどさおたさんが真ん中で踊る場面がありますよねえ。
あそこ、軽やかなさおたさんのダンスが堪能出来て、好きだわ~
ダルマトリオは、まぁくんのあまりの細さにひどくビクリツしました。
ちょっと細すぎだ。
まっつの歌は、銀橋でのソロは美声なんだけどちょっと線が細いかな・・
仕立て屋の店員Aで歌う時のほうが、ほど良く強めで好きです。
あと、アンタッチャブルのスーツ姿、クールでカッコいいのですが、仕立て屋の店員の
ベスト姿も好きだわ~
ヒップが見える?ベスト姿ってのにどうも弱いらしいです・・
後、プロローグで娘役さんと組むまっつが、いいんですよね~
おでこをちょん、とやったりするのが、可愛いの。

その仕立て屋の後、「アステア」の場面で、まとぶんが黒タキ姿で客の女たちと
踊るとこがカッコいい。
プロローグでも感じましたけど、きらりちゃんのダンスって思い切りがよくて
男前で素敵♪
ナイト・ジャズの、銀橋でのえりたんに見惚れました。
白いスーツがすっごく似合っていて、キザってる目線とかがツボでたまりません
そして、そのあとの喧噪の中でのオサさんの突き抜けたような歌が、良かった。
すごく、楽しんで歌ってるなーって思います。
楽しんでると言えば、シビさんとの掛け合いの「THE CONTINENTAL」は、
オサさん主導パートももちろんいいけど、シビさん主パートもすごく良かった。

あまりに流れが良過ぎて、場面ごとの盛り上がりが見えづらいかなとも思うし、もうちょっと
フィナーレがドーンと来るものだったら、良かったかもとは思いますが・・
ちょっとはツボなポイントが見えて来たので、楽しめました。
でも、まだちょっと歌ってる人が誰だか分からなかったりする・・
オギーって、プログラムにはっきり明記してくれないからな~







スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2007/04/15 00:31 | 観劇関係→花COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。