スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

メモリアルブック

今日、帰宅したら届いてました、朝海ひかるメモリアルブック。

そんな予感はしてましたが、やっぱりあのメイクはコムちゃんにはあまり
合わないわ・・・
それに、効果を狙ったのかぼわっとした写りのが多いのがなんとも・・
ちゃんとはっきり写ってるのと、ぽわんと写ってるのと、色々あるなら
メリハリがついていいかなと思うけど、ああいう写りのばっかりじゃなー
それでも、あえて言うなら車のハンドルに手を持たせてポーズしてるのと、
トランプを右手で摘み上げてるのと、あとはノースリーブでお花を持って
壁?にもたれてる写真が好きかなー

どちらかというと、過去のグラフと歌劇の記事を集めたページの方に、
見入ってしまいました。
入団したての花組下級生の頃は、ほんとうに可愛くて当たり前だけど
ちゃんとほっぺがありました・・
そして、どんどんページをめくるにつれ、顔が出来上がってくるのが
分かるんですよ。
最初の頃の「赤丸上昇中」のショットと、後ろの方の最後のレビュー本の
茶のスーツ姿を見比べてみたらもう・・
ほっぺはおろかもう落とせる所はないってぐらい、無駄なものは無くして
しまったけど・・
そのかわりにいろんな経験をして、いろんなものを身につけて、10何年の
年月をかけて今の「朝海ひかる」が出来上がったんですね。






スポンサーサイト

続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/31 00:46 | 朝海ひかるさんのこと→色々COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

終わってしまいました・・

大劇場の千秋楽が、終わってしまいましたね。
今日は1日中、気がつくと時計を見てしまっていて・・
今ごろはショーの最中かな、もうサヨナラショーに入ったかな、
ご挨拶は燕尾かしらそれとも袴かしら・・
時間を見ながら、いろいろ考えていました。
でも、もう出も終わったかなーという時間になったらなんだか落ち着いた。
全て終わって袴姿で外に出たとき、コムちゃんはどんな気持なんだろうな、と
思ったりしましたけど・・

さて、公式にもENAKにもコムちゃんの楽の様子が出ましたね。

公式→こちら

ENAK→こちら

サヨナラ写真グラフも。

コムちゃんも、まーちゃんもいい笑顔ですね~
晴れ晴れとしていて、本当に素敵な笑顔。
ご挨拶ではコムちゃん袴だったんですね~
燕尾が好きだと常々言っていたので、燕尾かなーと思ってたんですけど・・
同期からのお花は、オサさんととしこさんだったそうですね。
マコさんとゆっさんも同じで、2人が出たり入ったりしたとか。

番組表を見たら、10/31にスカステニュースで流れる予定になってます。
どのくらいまで、見せてくれるかな~

★追記 帰宅してからあちこち見て来ました。
ご存知の方も多くていまさらかと思いますが、ご紹介。

わんさんが今日の入りから出まで詳しくレポされてました。

そして、アルトが好き♪さんでも、入りの詳しい様子や出のコムちゃんの
様子などご報告されてました。

甘い生活のパクさんも入りの様子を。
パクさんにしか書けない、パクさん炸裂なレポでした・・

IDAKOさんのところでは出待ちレポをされてました。
下級生のことまで細かく触れてありましたよ。
あと、アーチの設営の写真つきレポもあって。
こういうのは、なかなか見られないので嬉しいですね。

コムちゃんの大劇場最後の入りに、かしちゃんが来てくれたこと
コムちゃんが車に乗るときに、「メメント・モリ」がかかってたこと
たんぽぽさんの、最後のひとこと
もう落ち着いたと思っていたのに、読んでしまうとキツいわ~
でも、読めて嬉しかった。
レポされた皆さま、ありがとうございました。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/30 23:16 | 宝塚→雪関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

あと1日なんですね~

前楽でこんなに落ち着かないのでは、明日はどうなるんでしょう・・
仕事してても、そわそわしてしまいそう。

気になっていた、サヨナラショーですが・・
オギー演出のサヨナラショーというと、タータンのときを思い出します。
スカステの放送で見ましたけど、本当に選曲といい構成といい素敵でした。
今回もそういう、粋な演出もあったそうです。
サヨナラショーを見てらした方が、曲目などUPされると思いますが、
とりあえずあちらこちらでひろってきた、曲順など。


続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/30 00:09 | 宝塚→雪関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

落ち着かない・・

今ごろはまだ、タランテララスト近くでしょうか・・
今日は前楽で明日もあるというのに、落ち着かないよ~
どんなサヨナラショーになるのかな・・

個人的に、レコラの深海デュエットが入ってたらいいなーと思うけど・・
今のコムちゃんに、あのリフトが出来るのか?
タランテラでも、リフトらしいリフトはしてなかったし。
ROSSOは入るのかとか、スサノオの扮装は見たい気がするけど、
入るか分からないなとか、Joyfulはたぶんは入るんじゃないかとか、
ロマパリの最後のデートがまた見たいとか・・
もう、考え出したらキリがない。

そんなことをウダウダ考えてるいるうちに、もう18時が過ぎました。
本公演が終わった頃かな。
千秋楽が月曜だから、水曜あたりにはスカステニュースで流れるでしょう。
見たいけど、見たくないけど、でも見たい。



テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/29 18:09 | 宝塚→雪関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

MIND TRAVELLER

今日は、青年館一般発売でしたねー
どうしようかと思ってましたが、とりあえずPCから参戦してみました。
10時になると同時に、エイッとばかりに頑張ったんですけど、なかなか
入れなくて・・どうしようかと思いました。
やっぱり、いいかなーと思った時に入れて、希望日が取れた。

ちょうど堕天使東京公演中で、迷ったんですけど・・
東宝の12月1日の平日昼公演を見るので、花は夜公演を見ようかなと
思い立って。
なので、12月1日は東宝~青年館のダブルヘッダーになります。
そういえば、花組の青年館見るのなんて何年ぶりだろう・・
もしかして、「マノン」以来かも?
主演のまとぶんはもちろんですけど、まっつが!
まっつがすごく気になります。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/29 14:06 | 宝塚→花関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

もう、29日か・・

日付が変わって、もう前楽の日。
あちこち見て歩いたら、今夜か明日の朝ムラへ旅立つブロガーの方も
結構いらして・・
そんなこんなでムラでの公演はあと2日を残すのみである、ってことが
ようやく実感されてきたような。
なんだかんだ言ってもわたしは関東の人間で、「まだ東宝がある」と
どうしても思ってしまっていたようです。

でも、コムちゃんにとっては長年生活して、仲間とわいわいやって、
色んな公演に出て・・
たくさん思い出がつまった「宝塚の地」なんだろうなあ。
先日ムラに遠征した時にふと思いました。
仙台から、まだ10代のうちに宝塚にやってきて、ちょっと特殊な学生生活
を送り、「舞台」というお仕事をして来た。
生まれ育った仙台とはまったく違った土地で、始めの頃は慣れなくて
大変だっただろうなーって。
そんな状況で仲間と作ってきた宝塚での舞台生活。
その本拠地の宝塚大劇場の舞台に立つのか、あと2日で終わりなんですね・・
やり遂げたという充実感はもちろんあるだろうけど、「もうここに立つことは
ないんだ」という寂しさは何倍もあるだろうな・・

もう削るものはなにもないくらい、身を削って打ち込んできた今までの公演。
どうかあと2日、無事に、そして悔いのないように楽を迎えられますように。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/29 01:27 | 朝海ひかるさんのこと→色々COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

#43 追憶のバルセロナ/ON THE 5th

雪組公演 追憶のバルセロナ/ON THE 5th 東京宝塚劇場
02’9/ 1(日)1階16列35番
   9/ 7(土)1階23列35番
   9/21(土)1階22列35番

フランシスコ・アウストリア  絵麻緒ゆう
イザベル           紺野まひる
アントニオ・ヒメネス     成瀬こうき
ロベルト           朝海ひかる
ジャン・クリストフ      貴城けい
イアーゴー          未沙のえる
エンセナダ          未来優希
アルバラード         立樹遥
フェルナンド         壮一帆
フェイホオ          音月桂
セシリア           白羽ゆり
アズナワール         飛鳥裕
テレサ            灯奈美
アンジェリカ         五峰亜季
レオポルド          美郷真也
エスメラルダ         森央かずみ
オリバレス男爵        すがた香
ルクレツィア         美穂圭子
ロベール           天希かおり
モレノ            麻愛めぐる           



★ぶんちゃんのサヨナラ公演。
観た当時、今までのハリー作品にしては明るくて一般的な感じ、と思った。
けっこうわかり易くていいなーとも。
ハリー作品の主人公って、いつも自分探しをしてるイメージがありますが、
今回は記憶喪失なわけだから、必然的な自分探しって感じ。
ぶんちゃんは、記憶喪失な状態の頼りないときは、守ってあげたい雰囲気で、
イザベルが世話を焼くのも、よく分かって。
スペインのためにと、立ち上がる時は凛々しいカッコよさがありました。
まひるちゃんは、世話女房で姉さん女房なイザベルだった。
最後までチャキチャキキャラだったな・・・
ぶんちゃんとのコンビがすっごく似合っていて、本当にもったいないなと
思ったものです。
おっちょんも、こういう葛藤のある役が似合ってました。
軍服姿もにあっていたし、ぶんちゃんと友人役っていうのも、全く違和感が
なかった。
再会したフランシスコを訪ねるところも、静かなんだけれど国のことを語る
時は、熱く語って。
コムちゃんは、初めて見た骨太なジプシー役。
黒塗りが似合っていたし、幕開きのダンス場面とか椅子を使ったダンス場面
があって、素敵でした。
ただ、かなり低音での歌は、あまり安定はしていなかったな~
まわりの人にたいしてちょっと突き放した言い方をする所とか、彼女?
のエスメラルダへの態度とか、らしいな~という感じ。
あんまり、かずみさんとカップルっていう風には見えなかったけど。
芝居中では、サヨナラを意識したラストも良かったけど、フランスとの
戦闘シーンが印象に残ってます。
闘う兵士たちがいて、両脇の岩山?の上でみやたんとハマあみがいて、
みやたんがセリフを言い、ハマあみが歌うのですが・・
そのセリフと歌に毎回泣かされました。



続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/28 18:44 | 過去の観劇記録(95’~05’)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

堕天使楽まで・・

あと数日になってしまいました。
公演数で言えば、あと5公演。
アルバトロスの時も書いた気がしますが、青年館ラスト、バウラスト、
そして30日には大劇場ラスト。
こうやって、ひとつひとつ別れを告げて行くんだな、と今更ながら実感します。
コムちゃん自身ももちろんそうでしょうし、わたしたち観る側も。
青年館でコムちゃんを見るのは最後、バウで見るのは最後、そしてもう、
10月30日を最後にコムちゃんを大劇場で見ることない・・
わたしはもうムラへ行く予定はないので、先日の2回目の観劇の終演直後に、
ものすごくその事実が胸に迫ってしまって・・
もう大劇場でコムちゃんを見ることはないんだ、ということが。
退団というのは、そういうことなんですけど・・
それまでは、なんかあまり実感が湧かないでいた。

以下、ちょっとつぶやき。



続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/28 00:43 | 宝塚→雪関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

スポニチ宝塚支局に堕天使新公記事が。

スポニチ宝塚支局に、堕天使新公記事が出ました。
プロローグ「地獄のルシファー」の、リンゴをもったかなめルシファーの
写真つき。

スターのオーラ輝く凰稀

長身で見映えすることおびただしくとか、
スターのオーラがきらきら・・とか、
藪さんえらい褒めようですね~
脚本の粗が見えたがそれは置いといて・・なんてことも言ってるし。
でも確かに、「美しいのは得と言うしかない」っていうのは分かるなあ。
それほど、かなめルシファーは美しいわ~

かなめちゃんも、これで新公卒業なんですね~
早いなあ。
わたしがかなめちゃんの存在に気付いたのは、初代スカフェになった時から。
でもさすがに研3のその時は、雪組公演を観てもかなめちゃんには
気付かなかった。
舞台で気付いたのは、「ホップスコッチ」の幻想の踊る男、みたいな役。
ふわっした白いブラウスと黒いパンツ、つまり王子様スタイルで娘役さんと
踊る場面でした。
「なんて王子な人なんだ!!」と目が点ならぬ、ハートになっちゃった。
それからは、お芝居ではまだ難しかったけど、ショーではわりとすぐ
見つけられるようになって。

Joyfulのかしちゃんの場面の、黒い鍵盤だったけ?
レコラは、まーちゃん&桂ちゃんの、ネズミちゃん。
それと、ながーい脚を見せ付けてくれた、熱帯魚のロケットもあったな~
グローリーは、残念ながらあんまり分からなかったけど、スサノオの
大和の民でちょっとソロがあったり。
最近は、お芝居でも目立つ役になって来ましたね~
綺麗だけどちょっと大人しいなーと思っていたんですけど・・
でも、「あの日見た夢に」のロッキーとか、全ツ「銀の狼」のトランティニアンとか、
テンションを上げなきゃいけない役も当たるようになって。
堕天使本公演のサリエルは、コムちゃんと並ぶと本当に美しくて目の保養
でした。

来年はエリザが決まってますが、かなめちゃんの期が卒業するとコマちゃん
とか、白帆凛ちゃんたちの期が長なんですね~
コマちゃんが研7になるなんて・・
伍友の抜擢で騒いでたのが、つい最近みたいな気がするのに~

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/27 23:59 | 宝塚→雪関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

#42 プラハの春/LUCKY STAR!

星組公演 プラハの春/LUCKY STAR! 東京宝塚劇場
02’7/14(日)1階4列54番
   8/ 4(日)1階14列11番

堀江亮介    香寿たつき
カテリーナ   渚あき
稲村嘉弘    彩輝直
ヤン・パラフ  安蘭けい
ヘス中佐    夢輝のあ
ミロスラフ   朝澄けい
ヤロミール   真飛聖
シュテンツェル 英真なおき
ダナ      万里柚美
スザナ     秋園美緒
モニカ     叶千佳 



★原作があり、実際の事件のことだけあって、見応えがありました。
特に、ヤン・パラフが死ぬところ。
「ヤン・パラフが死んだ」と堀江が言ったあと、ヤンとモニカが出て来て
笑顔で踊るんですよ。
そしてやはり、カテリーナが死んでしまうところ。
カテリーナが死んでしまったあとの、堀江の彼女を思って語る言葉が、
切なくて・・泣けました~
でも、この公演お芝居が通常より10分ほど長かったんですよね。
初めて観たときには、なかなか終わらないなーって思ってた。
2回目は、慣れましたけど。

ショーは当時も今もあまり評価されてませんが、わたしはフィナーレが
結構好きでした。
大階段を使って、これでもかと繰り出される群舞が良かった。
男役が赤と黒の布を持って出てくる、スパニッシュの場面がすごく
印象的でした。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/27 00:50 | 過去の観劇記録(95’~05’)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

小ネタの数々

あんまり、ネタがありません。
こんな時のために過去の観劇記録カテゴリがあるので、そっちを先に
UPしようと思ったんですけど・・

なんか、ちょこちょこ語りたい感じなので、小ネタの方から。

★パーソナルカレンダーの画像が、HANKYU BOOKSに出たようです。
小さい画像ですけどね。→こちら

おお~~
トドさんの画像、なんだかコワイよ・・
あさこちゃん、お扇子持って色っぽいわ~
キリヤンが、「綺麗なお姉さん」で映ってますよ!
ひとしきり眺めて喜んだあと、なぜかカレンダーを1つも予約せずに、
気がついたら「朝海ひかるメモリアルブック」を予約してました。
予約しようかどうしようか迷ってたはずなのに、手が勝手に・・!

★飽きずに今日もシングルコレクションを聞きつつ、通勤。
「シルバ」のド低音を聞くたびに、「よく、この次にベルばらやれたなー」と思うんです。
あの、地を這うような「ああ~」のあとに、♪ああ~我が名は~オスカ~ル
ですからね~
何回か聞いてるうちに、「春麗の淡き光に」が結構好きになって来た。
前は苦手だったのに。
ふと浮かんだのですが、録音とライブ合わせて春麗から3曲入ってますよね。
そして、ベルばらからも3曲。
なんか、植爺率が高い気がするのは気のせいでしょうか・・
まあ、ロマパリからも3曲入ってるけどね。
「あの日見た夢に」のオープニングのスーツのダンスの歌とかも、
好きだったんだけどなー

★今日、モバイルタカラヅカの着メロ新着曲に、「堕天使の涙」と、
「メメント・モリ」と、「たそがれのパリ」が入っていました。
速攻ダウンロードしたのは、言うまでもありません。
でも、ほぼずっとマナーモードのままなので、あんまり着メロ鳴らす
ことがないんですよね。
ちなみに今のわたしの着メロは、電話がアマールアマールで、メールが
月夜歌声。
アルバトロスを観た後に、設定しました・・
もひとつちなみに、待ち受けはタランテラフィナーレの、8分間ダンス
耐久マラソン後の歌ってるコムちゃん。
ムラ遠征後に設定しました・・

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/27 00:13 | 宝塚→全般COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

つらつらと思うこと

先日ムラに遠征したおり、職場へのお土産は何にしようかとかなり
迷いました。
萩の月は、人数分買ったら高くつくので、自宅用だし。
で、ディスプレイしてあった、「堕天使の涙」と「タランテラ」という
お菓子に気がついた。
そうだ、公演の名前もついてるし、ちょうどいいじゃん!
と思ったのはいいんだけど・・
さて、どっちにするか?
結局、両方持って軽いほうにしちゃった。
つまり、タランテラですね。

週明けに職場に持っていって、わたしも食べました。
黒糖入りのクッキーで、さくさくした食感がとっても美味しかった♪
職場のみんなにも、喜んでもらえました。



続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/26 00:19 | 朝海ひかるさんのこと→色々COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

#41SLAP STICK

月組公演    SLAP STICK  日本青年館
02’7/5(金) 1階A列37番
   7/9(火) 1階D列34番

マック・セネット   霧矢大夢
メイベル・ノーマンド 紫城るい
ルドルフ・アーバス  月船さらら
ウィリアム・テイラー 箙かおる
ディヴィッド・グリフィス 光樹すばる
マリア・ドリー     美々杏里
ヘンリー・パテ・レアマン 嘉月絵理
セシル・B・デミル    大樹槙
ジェニファー・メイヨ   瀧川末子
アダム・ケッセル     一色瑠加
サミュエル・ゴールドウィン 楠恵華
ボーマン         夏目凛
フランセス        宝生ルミ
フレッド         瀬央みつき
マルグリッド       城咲あい
ルー・コディ       龍真咲
ヴァージニア       憧花ゆりの
ラルフ          真野すがた 



★キリヤンの初単独主演作。
コメディなんだ、と思っていたけどそれほどではなく、ハリウッドが
出来た頃の映画つくりに関わった人たちの、群像劇のような感じ。
1幕はセネットの回想?から始まって、ニューヨークに出てきて
映画を作るスタッフになり・・と、セネットの勢いのある時のストーリー。
2幕は、戦争が終わった後からで、こちらはちょっと切ないお話に
なっていました。

キリヤンは、アメリカ発のスラップスティックコメディを撮った、
マック・セネット。
映画への情熱はスゴイのに、るいるいのメイベルには素直になれない・・
恋に落ちたと歌う「トムボーイ」、良かったなあ・・
なんというか、キリヤンのお芝居とか歌ってすごくミュージカルを
感じさせるんですよね。
娘役に転向後初のヒロインだったるいるい。
このときのメイベル役には、あのアニメ声もぴったりハマって、とっても
キュートでした。
さららんのルドルフ=ルディ。
セネットの友人の俳優志望の青年として登場。
気弱で流されやすく、あるトラブルが元で死んだ女の子のことを、自分の
せいだと悔やんで酒に逃げていくルディ。
再起を賭けた映画を作ることになって歌う場面では、涙ぐみながらの
熱演でした。

あとね~すごく印象に残ってるのが、一色さんのケッセルと夏目さんの
ボーマンなんです。
2人セットで、「ケッセルとボーマン」で出てくるんですけど・・
登場の時のケッセルのひょこひょこ歩きが、本当に可笑しくて。
出てくるだけで、客席中が爆笑だったんですよ。
そして、まさきくんが初の通し役のルー・コディ。
あいあいのマルグリットは、さららんの恋人役。

ちずさんのマリア・ドリーは相変わらずさすがだったし、えりさんの
ヘンリーはなんちゃってフランス人は、ちょっとひとクセある役で、
やはりえりさんならでは。
このころの月って、バウ公演にはちずさん&えりさんがお約束のように
入っていて・・
やっぱり2人がいると締まるなーと思いました。
あと、すえこさんのジェニファー。
自分のせいで女の子が死んだと嘆くルディに、とにかく今日はもう
寝なさい、と子守唄を歌う場面が素敵でした。

本編の最初とラスト近くに、フィルムが流されたんですね。
月組の人たちが、舞台化粧と衣装のまま、舞台裏ではしゃいでるような。
当時賛否両論でしたけど、わたしはわりと普通に見てました。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/25 23:45 | 過去の観劇記録(95’~05’)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

あれもこれも出ます、DVD

ピクチャーズに、ドドッとDVD発売情報が出ましたね~
まずは発売順に12月20日発売、

朝海ひかるMorning Bright~旅立ちの朝に~


2月15日発売、

朝海ひかる「ザ・ラストデイ」

2月20日発売、

朝海ひかるスカイステージSPECIALDVD-BOX「KOM」

「Morning Bright」は12月中ですけど、後のは来年
に出るんですね~
ラスト・デイか・・
ずんこさんの時買いましたが、退団公演が終わりだいぶ落ち着いた頃に
届いてました。
それでも、退団当日の映像はまだ見る気になれなくて、1年以上たってから
見た気がします。
コムちゃんのも、買ってもそうなりそうな気がする。
ていうか、楽映像とか当日の様子がスカステで流れて、がっくりした気分で
さんざん見て、やっと平静になれたかな~って頃にそういうのをまた
見る気になるかっていうと・・
でも、あとあと思い出して見たくなったりするのかな。
微妙だな・・
Morning Brightは、欲しいなと思うんですけど・・

◆改めて、発売スケジュール
11月10→主題歌CD
12月5日→タランテラのライブCDと復刻盤DVDBOX
12月15日→公演DVD
12月20日→Morning Bright
07’2月15日→ラスト・デイ
2月20日→スカイステージスペシャルDVD-BOX



ほんとに、退団で儲けるんだな、宝塚って!
分かっていたことだけど、さらにパワーアップした気がするわ・・
ペガ子も、どうしようかな~と今更悩んでキャトルオンラインを見たら、
品切れ中だって。
ひゃ~すごいな~
まあでも、確かにペガ子を見るたびに、思い出せるわね~
あのきらきら笑顔のコムカルを・・




テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/25 23:07 | 宝塚→雪関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

毎度おなじみENAKさん

ENAKに、堕天使/タランテラ公演評が出てました。

朝海、舞風の美しいダンス

地獄のルシファーとか、青い薔薇の誘惑はクールで妖しい魅力。
光のパ・ドゥ・ドゥは神々しい温かさに満ちている・・

やっぱりツボは、みなさん同じなんですね~
突っ込み所も同じだけど・・

でも、あんなはまった役がラストになる・・それが1番なんじゃないかな~
て思っちゃうわたしは、甘いんでしょうか、やっぱり。

あと、朝海ひかるメモリアルブックプレゼントの記事も。→こちら

表紙のメイク、微妙だと思うのはわたしだけかしら。
何やら設定があるみたいですが・・
瀟洒な洋館に暮らす銀幕のスター!?
買う気は満々なんですけど、どんな中身になってるのか・・気になる~

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/25 01:32 | 宝塚→雪関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

低音にシビれた~シングルコレクション

今日になって気付いた。
大劇場の楽まで、もう1週間切ったんですね。
早いな~
始まってしまうと、本当にあっという間なんだな~
東京で早く観たいけど、東京の幕が開くと後がないと思うと・・
フクザツ。

気を取り直して・・
遠征の時に買ったシングルコレクション、MDに落として今日の通勤の
電車の中で聞きました。
次から次へと流れ出てくる、コムちゃんの歌声の数々。
電車に揺られながら聞くのは、すごく不思議な気分でした。


続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/25 00:37 | 朝海ひかるさんのこと→色々COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ブルー・ローズじゃないけれど・・

久しぶりにテンプレを変えてみました。
ブルーローズならぬ、レッドローズだけど。
でも、ところどころちょっと紫がかっているのが、ちょっと青を連想
させるかも・・なんて理由でこれにしました。

ほんとは雪の結晶柄がいいんだけど、公式テンプレに1つあったんだけど、
プレビューしてみたらどうも行間が思うように開かないみたいなので、
やめました。
ブログピープルの更新マークが雪の結晶で、カウンターが青い羽根で、
テンプレも雪柄だったらいいなーって思ってたんですけどねー

こんな張り切って変えて、使い勝手が悪いとまたすぐ前のに戻しちゃう
かもしれませんけど・・

テーマ : テンプレート - ジャンル : ブログ

2006/10/24 00:10 | blog関係COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

もう少しだけ、ダラダラと。

今日はずっと、堕天使とタランテラの音楽が入れ替わり立ち代わり
頭の中をぐるぐる・・
それと一緒に覚えてる映像が、パッパと浮かんだりして・・
ああ~早くまた見たいな~
でも、次にわたしが観られるのは、もう東京公演。
東京公演が始まってしまうことを考えるとヘコむなあ・・

というわけで、まだ公演の余韻に浸っているうちに、もうすこし
語りたいなと思います。


続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/23 23:38 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

タランテラ1、2回目 その2

一昨日見たばっかりなのに、どんどん忘れていってしまうのが、悲しい・・
聞いたとたん、ドーン!と飛び込んできた音もたくさんあったんですけど。
歌詞も、なかなか覚えていられないものですね~

そういうわけで、その2です。
だんだん記憶がいいかげんなって来ちゃったので、違うとこもいっぱい
あるかと思いますが・・・


続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/22 18:17 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

タランテラ1、2回目 その1

やっとタランテラ・・
正直、見る前はやたら訳わかんなそうな、このオギーのショーを見て、
自分がどう感じるか予想出来なかった。
「見終わってみたら、なんだか???な場面ばっかりだった。
コムちゃんのダンスは凄かったけど!」なんてことにならないかと。
まあ確かに、1回目は意味なんか考えるヒマは無かった。
場面を追って、音楽を追って、歌い継がれまくりの歌を追って、さらに
ダンスを追って。
そうこうしてるうち、勝手に気持が反応していくんですね。
音楽に、くるくると変わるセットに、そして色んな歌声と共に目の前に
繰り広げられる、ダンスに。

その中から、「この歌詞が好き」って思ったり、「ここのギターの音が
いい」って感じたり、「この場面のダンスの、この表情が好き」って
パッと浮かんだり。
2回目は多少、端々で起きている色んな出来事にちょっとは目が
行きましたが・・
「何だろう??」と思ったりはしたけど、「こういうこと?」っていう
「読む」とこまで行ってないと思います。

なので、今現在2回見た時点での感想、ツボなところなど。
プログラムの流れというか、場面のはっきりした切れ目がよく分かりませんが、
とりあえずプログラムに沿っていきます。






続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/22 16:03 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

堕天使の涙1、2回目・その4

今度は、いろんな役がらのツボを思いつくままに。
思い出せるところから、やってみます。

続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/21 18:03 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

堕天使の涙1、2回目・その3

その3まで来ました。
やっと、それぞれの役のことに。
ここがツボだのかっこいいだの、痛いファン全開で行きます!



続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/21 16:48 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

堕天使の涙1、2回目・その2

さてさて、その2ですが。
その1の最後のほうにも書きましたが、堕天使の設定というかストーリー
そのものについて。
あて書きということで、8割方受け入れられるわたしですが、やはり
違和感を感じる部分はありました。
それは、
★宗教的な描き方
★ルシファーにとって重要な役割なはずのリリスの描き方
★ノエルの場面
★どことなく漫画ちっく

カトリック系の学校に通ったとか、クリスチャンであるとか、日常的に
キリスト教に関わった人でないかぎり、「神」とか「悪魔」とかって、
ピンと来ないと思うんですよね・・
ましてや、神と人間、神と天使をモチーフにするなんて、あまりにも壮大
なテーマで、ほんとは安易に触れちゃいけないことなのかもしれない。
なのでなおさら、堕天使って何?ってなっちゃうと思うんです。
天使なのか?悪魔なのか?
お芝居の冒頭でフィルムを使ってましたが、ああいうことこそセリフで
説明したほうがいい気がしたんですけど・・



続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/21 14:40 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

いろんな情報が!

たった1泊2日留守にしただけなのに、なにやら色んな情報が出ましたね~
もうあちこちで出てることばっかりですが、宝塚ファンの端くれとして
ちょっとずつですが、食いつきたいと思います。

まずはコムちゃんサヨナラグッズの1つ、クリフアファイルALL。
お~なんだかコマコマしすぎて、見映えはイマイチな気がしますが、壮観では
ありますね~

え~っと、最下段左からJOYFUL、春麗、千拍子、再会、
その上は、ロマパリ、レコラ、スサノオ、グローリー、
そのまた上は、睡れる月、ドリキン、青い鳥、あの日、
またまた上は、霧ミラ、ワンダーランド、銀の狼、ベルばら、
最上段は、タランテラ、堕天使、アルバ、ベルばら・・・

全部トップになってからのなのね。
ちなみに開いた状態の左側もほぽ分かります。
ドリキンフィナーレが東京なのも(苦笑)

そして、お次は雪組中日の公演画像がUPされてました。

ミズ総司様。

おお~お美しい。
イメージ的には、肺を病んだ薄幸の美剣士というよりも、しっかりした
大人の青年の新撰組隊士が、病気になってしまったけれど、残りの人生を
しっかりと生きる・・って感じかな。
解説のセリフを読んだら、いきなりミズさんの声に脳内変換されて、
ミズさん声のセリフが頭の中に流れました。
昨日堕天使見たばっかりなものだから、ちょっとジャンP風味の総司様に
なっちゃったよー

そして、ENAKより、桂ちゃんインタビュー。→こちら
ことあるごとに、コムちゃんと桂ちゃんが雪組同期だってことを、言って
ますよね。
だからか、コムちゃんもアルバの時に桂ちゃんのお化粧を観たり、今回の
公演のお稽古中に脚のキープの仕方を教えたり、面倒を見てるのかな。
堕天使のセバスチャンも良かったんですよ~
イヴェットとの分かれのシーンは、泣けました・・

次は星組さんへ。
Hallelujah GO!GO!の公演画像がUP。
これって・・・まんまトラボルタに見えるんですけど、いいんですか?
画像を見たとたん、映画のテーマ曲が脳内で流れましたよ・・
ちなみに、サタデー・ナイト・フィーバーのトラボルタ→こちら

そして、エンカレのダンスバージョンっぽい公演が決まったみたいですね。
タイトルは、ハロー!ダンシング
次回ワークショップは、ダンスなんですね~
でも、75分ノンストップで4500円・・なんか高い気がするんですけど。
それと、タイトルがねえ~ハローダンシング?
あまりに安易なタイトルじゃありませんか。
エンカレッジコンサートはエンカレ、ヤングブラッズはヤンブラ、そして
ハローダンシングはハロダンになるのか?
これが決まったので、バウ公演の追加スケジュールが改めて出てました。

こちら

ムラと東宝の間隔も短い上に、それが無い時にはツメツメのスケジュール。
休むヒマ、あるのかな~

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/21 13:48 | 宝塚→全般COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

堕天使の涙1、2回目・その1

いや~ほんとムラまで見に行って良かった。
昨日の木曜が変則スケジュールで1回公演なのが、残念でたまりませんでした。

堕天使、さんざん賛否両論言われてますが、私は好きです、このお芝居。
だって、ルシファーってコムちゃんにしか出来ない役、まさにあて書き
だったから。
まーちゃんのリリスも、まーちゃんにしか出来ない役で、あて書きそのもの
だと思ったから。
ミズさんだって、えりたんだって、桂ちゃんだって、ハマコさんだって・・
言い出したらキリがないくらい、みなさんハマッていた。
こんなあて書きしてもらえるサヨナラ公演、当たりたくてもなかなか
当たらないと思うんですよ。
こんなまさにあて書きの妙という作品ということもあり、コムちゃん
以下、雪組全員でガーッと「堕天使の涙」という作品世界に入り込んで
いて・・
わたしも突っ込むことも忘れ、入り込んで見てグズグズになり、終わったら
なんだかグッタリしてました。





続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/20 23:43 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

蜘蛛の巣

ただ今、羽田からの空港バスの車中です。
お台場の観覧車の、赤や青やピンクや緑…カラフルな電飾がななめに走るのが、蜘蛛の巣に見えた…
は~影響されすぎですね。

2006/10/20 19:04 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

終わった~

20061020155314
なんかすごく消耗しちゃったよ…
この芝居とショーを続けて見るのってキツいわ。
今日のダンス耐久マラソンも、凄かった。
もはや人間とは思えません。
なのに、あの笑顔はなんなんだ…(涙)
銀橋でポーズしたときの拍手がすごくて、
その時のコムちゃんの息の上がりようがすごくて、
でも晴れ晴れとした顔で歌っていて…
名残惜しそうに見送る、えりキムがとっても印象的でした。
ていうか、手をのばした桂ちゃんが真ん前にいて(下手前方だったので)、
それを見て大階段を登って行くコムちゃんを見たら、たまらなかったんですよ…
1泊2日なんて、あっという間だった~
次に見られるのは、早くて1ヶ月後か。
例えまた大劇場に来ることがあったとしても、もうコムちゃんはいないんだな…
ということで、大劇場を帰りの花の道から撮ってみました。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/20 15:53 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

今日も今日とて

楽屋口にいます。
コムちゃんの入りは9時ジャストくらい。
白いシャツをはおってジーパンにデニムの帽子。
昨日よりゆっくりと、ニコニコしながらでした。
今日もえりたん、ミズさん、かなめちゃん、とおまくんと、ピンポイントながら、豪華な入り待ちでした。
それにしても、昨日のものすごいギャラリーは何だったんでしょう?
今日は割とフツーだった…
なんてことを打ってたら、桂ちゃんが。
東宝ではほとんど入り待ちはしないので、今日ぐらいのみなさんを見られて、数年分の入り待ちをした気分です。

2006/10/20 09:31 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

やっと落ち着いた

タランテラでも、顔がデロデロになっちゃった…
でも、なんでかがよくわからない。
とりあえず、覚えておくために箇条書きメモ。


続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/19 18:08 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

ジャケ裏も…

20061019172602
一日早くシングルコレクションGETしました。
ジャケ裏も漢だわ~~

2006/10/19 17:26 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。