スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

堕天使/タランテラ ナウオンステージその1

昨日ファーストランを見終わって、よくよく考えてみたら、最後の
大劇ナウオンなんですね。
まあ、コムまーの当事者の2人は、あまりそういうことは口に出して
いませんでしたけど・・

というわけで、ナウオンレポ。
うまいとこコンパクトに、と思っていますがどうなることやら。
レポ用のメモがすごい枚数になっちゃって、どうにかまとめつつ
文にしないと・・

ちなみに、出席者は、コムちゃん・まーちゃん・ミズさん・えりたん・桂ちゃん。


スポンサーサイト

続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/30 23:56 | スカステ→雪COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

アルバジャケットとかCDジャケットとか

今日は、堕天使/タランテラの東宝・○ISA先行発売がありましたねー
朝、細かいところまでよくよく母に説明して、頼んだのですが・・玉砕。
13時過ぎに繋がったら、完売だったそうな。
やっぱりね~先着順の電話って全然繋がらないから、無理とは思って
いたんだけど・・
次は友会か・・と、ちょっとガックリしてたんですが、ピクチャーズで
アルバトロスと、シングルコレクションのジャケットが出ていて、
ちょっと上昇♪

アルバトロスジャケット

ブルーの羽根があしらってあって、とっても綺麗。
どの場面のどの衣装のを使うのかと思ってたんですけど、これだったんだ。
コムちゃんの表情も笑顔がこぼれていて、素敵だわ~

そしてそして、朝海ひかるシングルコレクション!!いいですね~


はい、では、もっとどーんと!

ひゃ~うわ~どうしよ~も~~この目線がたまりませんっ
口角がきゅっと上がって、しかも唇はぽってりめ。
でもモノトーンってとこがまた、なんともいえないですね。
なんか一目で、惹き付けられちゃったよ・・
発売日は10月20日ですよね。
ちょうど、ムラにいる日。
シャンテのキャトルならポイントたまるのに、うっかりムラで買って来て
しまいそう~

そして、まーちゃんミュージックサロンの画像も、出てましたよ♪

A Little Flower

う~ん、まーちゃん、可愛いわ~~
ちょっとお目々がカマボコ目なのも、さらにカワイイ。
このミュージックサロンも、オギー演出なんですね。
可愛いまーちゃんだけじゃなく、カッコイイまーちゃんも見せてくれそう。


さて、今夜は堕天使/タランテラのNOW ON STAGEの
ファーストランです。
いつもは録っておいて後から見るんだけど、今日はリアルタイムで
見ようと思います。
では~



テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/29 22:24 | 宝塚→雪関連COMMENT(3)TRACKBACK(1)  TOP

#32 ミケランジェロ/VIVA!

花組公演 ミケランジェロ/VIVA! 東京宝塚劇場
01’11/1(木)1階23列16番
   11/4(日)1階22列24番

ミケランジェロ    愛華みれ
コンテッシーナ    大鳥れい
ジュリアーノ     匠ひびき
メンドリーニ     樹里咲穂
ラファエロ      春野寿美礼
アスカニオ      瀬奈じゅん
アントニオ      彩吹真央
ユリウスⅡ世     未沙のえる
ジョバンニ枢機卿   夏美よう
カルラ        梨花ますみ
ルイーザ       遠野あすか
クラリーチェ     舞風りら
ニッコロ       蘭寿とむ



★タモさんのサヨナラ公演。
2回観たけど、突っ込みを入れたいところばかり目について、ここが
良かった~っていう所を見つけられずに終わってしまった気がします。
やたらオヤジくさいキャラクターのミケランジェロ、今ひとつ見てる側に
届かない、コンテッシーナの行動の意味。
ジュリアーノが一流になれない哀しさを歌う曲は、ぐっと来たけれど、
あんな風に死んでしまうのもどうかと・・
2番手の役なんだもの、もうちょっとどうにかすればいいのに、と観てて
じれったい気持になりました。
じゅりさんも、せっかく特出しているのに、ストーリーにあまり絡まず、
もったいなかった。
あとは・・でっかいダビデ像が出てきたのには、びっくりしました~

ショーは、なかなか楽しくて、好きでした。
ただ・・プロローグの群舞の衣装が・・某サーカスのカラフルなぴたーっと
したのにすごく似ていて、ちょっと引いた記憶が・・
白燕尾に白ドレスのカップルが、何組も出て来て踊る場面や中詰の
ブロードウェイの場面、綺麗で好きでした。
白燕尾のたまおさんが、すごいリフトをしてたような気がするんですけど・・
あとは、オサアサの場面があって、すご~いと思った。
なかなか、あの当時の学年で場面があるっていうのはなかったと
思ったので。
エトワールは、夜明けの序曲以来のオサさんでした。
わーっときれいに伸びる声、エトワールにぴったりでした。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/29 00:38 | 過去の観劇記録(95’~05’)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ワタルさんディナーショー稽古場映像

おとといあたりに流れた、稽古場映像。
ワタさんの今までの舞台の歌をたくさん歌うらしく、なつかしい歌が
次々と出てきました。

続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/28 23:57 | スカステ→星COMMENT(0)TRACKBACK(1)  TOP

異動というのは…

今日は、9月いっぱいで異動になる人の送別会でした。しかも2人も。去年入社した子達だから、まだハタチになるかならずやというお年頃。ようやく仕事に慣れて、これからもっといろんな事を覚えて行こうって時なのに~

ウチの会社って、様々なユーザーの中に小人数で入って仕事をするんですよ。なので、同じ会社だけどユーザーによって仕事内容がすっかり変わってしまう。まあ、部署が変わればやることが変わるのは、どこの会社も一緒だけど…また1からそこのユーザーの仕事を覚えて、人間関係を作っていくのが、大変なんですよね。

歳のギャップはあるけど、あんまりそういうのを感じさせない子達だった…やっぱり、慣れ親しんだ人達がいなくなるのは、さびしいな~

2006/09/28 23:41 | 日常→日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

#31 大海賊/ジャズマニア 全国ツアー

月組公演 大海賊/ジャズマニア 市川文化会館
01’10/27(土) 1階11列40番

エミリオ      紫吹淳
エレーヌ      映美くらら
エドガー      大和悠河
キッド       霧矢大夢
ラッカム      立ともみ
イスメラルダ    夏河ゆら
ロックウェル    月船さらら
フレデリック    腰乃リュウ
ドクター      麻真もゆ
聞き耳       北翔海莉
アン        花瀬みずか



★全ツの観劇は、なんと96’の星組以来5年ぶりでした。
でも、作品自体は東宝で4回も見たので、役替わりの人を重点的に
見てました。
このときの役替わりの目玉は、やはりタニさんのエドガー。
タニさんの悪役・・大丈夫なの~と心配してたけど、予想してたより
頑張っていた。
そう、ほんとに頑張っていたのです、タニさん。
でも、リカさんと対決して悪役に見えるほど、コワくはなかったんですよね・・
すっごくキレイだったんですけど。
そして、ナオちゃんがしてたキッドがキリヤン。
明るくて気のいいムードメーカーのような役で、キリヤンにも合っていたと
思います。
アンへの愛の告白を客席からする、サービスぶりも受けてました。
タニさんがやっていたロックウェルがさららんで、ゆうひさんがやってた
フレデリックは腰リュウ。
2人とも違和感もなく、特に腰リュウ様のこういう目立つ役を初めて
見られたのが、嬉しかったですね。
みえちゃんがやってたアンを、みずかちゃん。
おとなしい娘役さんってイメージがあったんだけど、男まさりの船長の
娘の役、合っていて良かったです。
後は、麻真もゆちゃんのドクター。
東宝ではケロさんの役でした。
もゆちゃんが、こんなにセリフをしゃべっていたのを聞いたのは初めて
でした・・
ケロさんより、ちょっと優しいかんじのドクターだった気がします。

ショーは、ガイチさんの所に、ほとんどキリヤンが入ってました。
ピアニストをGIの格好で踊り、次の場面にそのまま出たりと、
かなりハードな出番だった。
あと、マイファニーヴァレンタインのところで、さららんが女役を
してました。
東宝でみえちゃんがしてたとこですね。
赤いドレスで、ショートヘア。
すっごく細くてキレイでしたー
そしてそして、フィナーレのシャレード。
ガイチさんが歌ってた歌を、キリヤンが歌う。
すっごく楽しみにしてました。
期待に違わず、良かったですよ~~
シャレ~~ド♪と歌い上げるとこの声も、ガイチさんとはまた違った
雰囲気でした。

このとき、会場にガイズの先行チラシが出てました。
一目見てびっくり。だって、キリヤンが女の格好だったから・・
わたしは、アデレイドはフツーに娘役さんがやると思ってました。
キリヤンはやはりギャンブラーだろうと。
クラップシューターダンス、楽しみだな~なんて、思ってたんですけどねえ。
まさかキリヤンがアデレイドとは。
で、びっくりしつつも、そこでひさしぶりの遠征を決心したのでした。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/28 00:59 | 過去の観劇記録(95’~05’)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

今日はJOYFUL!!

JOYFULは録ってあるので、見なくてもいいかなと思ってたんだけど・・
母に頼まれたので、録りながら最後まで見ちゃった。

銀橋にパッと現れたのを、東宝で観劇したときには、あ~コムちゃんが
トップになったんだ~と、ひたすら親心のような気分だったんです。
でも、今になってよくよく見てみると、このときのコムちゃんのアイメイク、
ちょっと微妙だったな・・・
レコラのメイクではそう思った記憶がないので、JOYFULのときに
ちょっとメイクを変えたのかしら?
あの頃は、そんなことチェックしてなかったしねえ。

しかし、そんなことはつかの間、やっぱり踊りまくりのプロローグから、
コムまーの銀橋デュエット、かしちゃん変身場面、スパニッシュ?メドレー
と、次々に変わる場面に釘付けになってしまう。
劇場で観劇した時の印象だと、銀橋のコムまーデュエットはまだまだ
カタいという印象でした。
でも、今日見たら意外にもコムちゃんがまーちゃんに向ける笑顔が、
やわらかくて。
わたしの記憶あてにならないな・・
でも、嬉しい発見だったからいいや~

スパニッシュメドレー、まーちゃんの赤いドレスでの銀橋場面の次に、
コムちゃんが椅子に座ったまま、脚を組んでセリ上がってきます。
この姿がカッコいい!!
組んでる脚も、身体の向きも、とにかく座ってる形がキレイなんですよ!
で、パッと立ち上がって正面を見ると・・・
サリーちゃんのパパヘア・・
このヘアスタイル、生で見た時もう~んと思ったし、何回も映像で
見てるけど、見るたびにさすがにそれはどうよ、と突っ込んでしまう。
でも、この場面のコムちゃんの悪魔っぽい表情を見ると、ROSSOの
原型を見るようで、そっちに気を取られちゃうんですよねー
特に、まーちゃんのスカートを持って一瞬翻すところの表情が、なんとも
いえない妖しさがあって、ついスカートじゃなく顔を見ちゃう。
コムちゃんて髪型とか髪の色とかすごく拘っていて、しかもすごく
センスのある人だと思ってるんですけど、時々?な髪型の時もあった
気がします。
この、サリーちゃんのパパヘアは、どうしてこれにしようとしたのか、
不思議だわ~

後半、ラテンぽい場面があります。
そこで着てる衣装は、アルバトロス1部で着ていたもの。
ほんの数年前なのに、ずいぶん違う印象になるんだな~
わたし、はじめて劇場で見たときから、この場面がすごく好きなんです。
特に、初々しいのとはちょっと違う、まーちゃんとのデュエットから、
セットに赤い月が出て来て音楽が変わってくるところあたり。
カーニバルの、混沌としていて不穏な雰囲気を勝手に自分で感じていて。
トランペットが降って?くるところから、また明るい雰囲気に
なりますけどね。
そこで切り替わるところが、また好きだったりするんですよ。

フィナーレのデュエットのピンクの衣装、本当にデザインも色も
可愛いですね~
スサノオ大劇のあとのディナーショーでも着てましたよね。
今着たら・・もしかして可愛いすぎて似合わないかも??
劇場で見たときは、このまんま結婚式な場面が、けっこう恥ずかしかった
んですけど・・
今はひたすらなつかしく思えます。

2006/09/27 23:53 | スカステ→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

月全ツスカイレポート

今回は、船坂・すえこはんがレポート。
「皇子さま~姫さま~」とすえこさんが呼ぶと、気のなさそうな
「は~~い」の声と共に、あさこちゃん・ゆうひさん・かなみんの登場。




続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/27 15:34 | スカステ→月COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

星組エンカレッジコンサート

ちょっと前に録ったんですが、やっと最後まで見ました。
星組の下級生はあまり知らないし、誰が歌が得意かっていうのもあまり
知らないんですよね。
あ、音花ゆりちゃんはスカステで流れたので、聞いたことありますが・・
なので、聞いていておおっと思うような下級生が出てくるかな、と
期待して見ました。
では、曲目紹介とあわせて感想を言ってみます。
感想といっても、わたしの歌や歌声の好みが大分入っていますので、
その辺のところ、よろしくお願いします。

◆第一部
愛の歌                 全員
愛!                  百花沙里
櫻の舞                 毬乃ゆい 
心はいつも               蒼乃夕妃
スペインの花              花愛瑞穂・天緒圭花
ポゴシプタ(会いたい)         美城れん 
Time to Say Goodbye       白妙なつ
ラバーズ・グリーン           七風宇海
I could have danced all night 妃咲せあら
Colors of the wind        成花まりん
私のヴァンパイア            華苑みゆう
世界で一番好きな人           純花まりい
アイーダの信念             音花ゆり
アイーダ強き光よ            水輝涼
アマール・アマール           美稀千種
シナーマン               麻尋しゅん



★毬乃ゆいちゃんが歌った、「櫻の舞」。
春麗のプロローグ、この曲でコムまーが舞ったのでした。
なつかしや。
あの日本物のデュエット、とてもキレイだったけど、カタかった~
ゆいちゃんの歌声も、やや硬質な感じがします。
でも、透明感があって綺麗な声。

★「スペインの花」。
この曲、前回のエンカレでなるみんと高宮さんが歌ってました。
いまだにわたしの頭の中に、強烈にインプットされてます。
しかし、この曲ってすっごく難しい曲ですね。
娘役さんの歌いだしもそうだし、男役さんが入ってくるところも、
うまく乗れないとがーっと押して行けない感じ。
花愛さんと天緒さん、最初はちょっと不安定だったけど、歌ってるうちに
だんだん乗ってきて、後半になるにつれ良くなったと思いました。

★「Time to Say Goodbye」
高音が、鈴を振るように綺麗。
声を張ってもしなやかで、けっこうわたし好みの声でした。

★「I could have danced all night」
ちょっと声がキンキンしがちだけど、ヒロイン声の人ですね。
表情がくるくる変わるのが、可愛い。

★「アマールアマール」
みきちぐの声って、艶があって色っぽいですね~
「宝塚」の曲が、ものすごく映える。

★「シナーマン」
シナーマンといったらこんな歌い方、というのとずいぶん違ってた。
しかも、わりと低めな声。
可愛い男役さん、というイメージがちょっと変わりました。



            

続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/27 01:36 | スカステ→星COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

紫城るい退団会見

公式にも、もちろんENAKにも、るいちゃんの会見のことが出ました。
かしコン終わってすぐするのかなと思っていたので、やっと・・という
気がしますが・・

公式→こちら

ENAK→こちら

会見グラフ→こちら

大きな瞳をくりっとさせて、にこやかな表情のるいちゃん。
男役5年、娘役5年か・・
もう、ガイズから5年もたったんだ。
そんなことを聞いて、るいちゃんのメイベルを思い出した。
思いっきりアニメ声だったけど、元気が良くて可愛いトムボーイ
だったなあ。
「竜馬伝」のお竜も、ただのおとなしい女の子じゃない役。
おきゃんで、あの頃の女性にしては、行動的で。
最後になってしまうけど、るいちゃんの本領が発揮出来そうな役
じゃないかな、と思いました。
お芝居でもショーでも、るいちゃんのおっきな瞳がキラキラしてる
ところを、たくさん見られたらいいな。



テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/26 23:35 | 宝塚→宙関連COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

#30 フィガロ!

宙組公演 フィガロ! 日本青年館
01’ 9/23(日) 1階E列45番

フィガロ/アントーニオ    水夏希
スザンナ           彩乃かなみ
エンリーコ・ベルモンテ    久遠麻耶
アルマヴィーバ伯爵      箙かおる
マルチェリーナ        出雲綾
バルトーロ          真中ひかる
ジョアンナ          陵あきの
シモーネ           城華阿月
リカルド           風輝マヤ
ロジーナ           美風舞良
ルイーザ           梶花空未
バジーリオ          月船さらら
アミーナ           芽映はるか  



★オペラの「フィガロの結婚」と「セビリアの理髪師」をミックスさせた、
コメディー。
そう、コメディーと銘打たれてました、この公演。
でも、水さんとコメディーって、結びつかなくて。
予想もつかないまま、見に行きました。
う~ん、日本人にすぐ受ける、分かり易いコメディーじゃなくて、正直
笑いづらかったな~
コメディーなんだ、って言い聞かせないと、「・・それで?」って
なっちゃうパターンが多かった。
しかも、やたらセリフが多く、そのセリフがみんな早口で、追いかけるのに
精一杯。
その上、「え?今の笑うとこ?」ってセリフが入るものだから、なんだか
やたら疲れた記憶があります。

で、その「・・それで?」になりがちな早口なセリフを駆使して、見ている
わたしたちを煽って笑わせてくれた筆頭は、チャルさん。
タキちゃん、ナバさん、そしてあっこさんあたりでしょうか。
チャルさん、幕開けに、砂袋に足を突っ込んでピョンピョン跳ねながら
出てきたんですよ。
なんかもう、それだけでおかしかったの。
それからずーっと、チャルさんについては、「出てくるだけで面白い」
キャラでした。
タキちゃんは、マリー・アントワネットのパロディーで出てくる場面が
あって。
その、成りきりかげんがすごくって、ほんとに大笑いしました。
ナバさんは、神父さん役だったと思うんですけど、早口のセリフも
なんのその、まくしたててフィガロとやり合うところなんか、
ものすごく面白かった。
あっこさんは、シスターだったんですけど、教会の資金集めのためなら、
なんでもやるシスター。
僧服をぱっと脱ぎ捨てて、経営するバー?でセクシーに踊りだす、
その変わり身の早さが面白かった。

肝心のミズさんフィガロは、始まったばかりの時は、なんだかノリきれて
いないように見えて、ちょっとつらいものがありました。
でも、話が進むにつれて乗ってきてたかな。
タキちゃんがアントワネットのパロディーで出て来たとき、フィガロが
「家政婦さんか」って落とすのが、3回くらい続くんですけど、
それがなかなか間が良かったことを、覚えてます。

この公演で、ナバさんと梶花さんが退団。
さららんが宙から月に組替えになりました。
ナバさんも梶花さんもすごく達者な人だけに、勿体無かった。
もっともっといて欲しかったな・・・

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/26 00:24 | 過去の観劇記録(95’~05’)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

今日はアンナ・・

昨日は「睡れる月」のファーストランだったから、録りながら見たけど・・
今日は、夕ご飯食べ終わってスカステにしたら、「アンナカレーニナ」
をやっていた。
30分ぐらい過ぎてたけど、ちょうどアリョーシャとアンナが舞踏会で
初めて踊るところ。
それを目にした途端、ぺたっとTVの前に座って、最後まで見ちゃった・・
見るつもりじゃなかったのに。

ほんとはこれ、見るのになんだか覚悟がいるのよね・・
出てくる人たちを見てると、なんだか誰もが痛々しくて見てるほうが
つらくなっちゃって。
休みの日ならいいけど、平日のしかも月曜にこんな痛くなるものを見たら、
精神的によろしくない気がするし。
だから、復刻盤DVD持ってるけど、実は買ってから1度も見てない・・
しかも、「君よ知るや南の国」なんて流れてしまったら、アルバトロスまで
思い出しちゃった。
確かに青年館で観た場面だけど、頭に残ってるあの場面と、目の前に
映し出されてる同じ場面には、5年の隔たりがある・・
なんとも不思議な気持になりました。

びしっと軍服を着て、眉間にしわを寄せて、アンナへの愛を歌う5年前の
コムちゃんはとっても素敵でした。
と思うと同時に、今アリョーシャをやったら・・とも思いました。
それって、TCA2006のスカステの映像で、今のコムちゃんの白軍服姿
を見ちゃったからかもしれないけどね~
アンナでのコムちゃんは、白軍服、濃紺の軍服、黒燕尾・・どれも端正
に着こなしていて、見とれました~
ところが!
アンナを見終わって、は~っと脱力してたら、アルバトロスのDVDの宣伝
映像が出たんです。
そしたら、今のさまざまなコムちゃんが、パパパーッとフラッシュ映像で
映って・・
いや~その変わりようったら!
アンナの時とは、全然違う顔。
5年の間のたくさんの出来事が今のコムちゃんの顔を作ったんですね~

それにしても、いくら貴族社会とはいえ、やっぱりアリョーシャは
いけませんよ。
人の妻だって判ってる人を誘惑なんて。
アンナもアンナだわ。つい、ふらふらっとなびいちゃってさ・・
その気持、わからないでもないけどねえ。
「ちょっと好き」ぐらいの感情も、「いけない」って言われると、
倍になって膨らんじゃうのかしら。
いけないって分かってることをする時、やたらドキドキする・・あれですね。

ま、とにかく
コムアリョーシャの眉間のしわにうっとりしたし、
かしちゃんカレーニンが渋くてカッコよくて結婚相手ならカレーニン!だし、
桂ちゃんのセルプホフスコイが、やたら貫禄あったし
シナちゃんセリョージャが、可愛かったし・・
久しぶりに見て良かった~

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/25 23:38 | スカステ→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

睡れる月を見た・・・

最近、スカステの舞台物は録っておいて後で見ることが多いのですが、
めずらしく放送開始時間からずっとTVにはりついて、見ました。
この作品が東京に来たとき、ちょうど仕事がすっごく忙しい時期で、
平日だったらチケットはあったのに、まったく休めず土日に2回
見たきりでした。
DVDは持っていますが、とても良かったと噂に聞いた、福岡楽を
ぜひ見たかったんです。

このお話、信御津さまはもちろん好きなんですが、後半になればなるほど
まーちゃんの二ノ宮さまに感情移入してしまうんです。
大君のことを話す信御津に、「羨ましい」という二宮。
そんな二ノ宮が自分らしく生きるため、力になることを約束する信御津。
ずっと自分を殺して生きてきた二宮は、その信御津の言葉を聞いて、
どんなに嬉しかっただろうと思うと・・
だって信御津は、亡くなった大君との約束をいまだに覚えている人。
そんな人が、自分のために約束してくれた・・
その、「お約束します」と言う信御津さまの表情がとっても良くて・・
なんというか、二宮を包み込むような、というのか。
そして、女の姿で信御津の前に現れた二宮。
その気持と、彼が去ったあと1人で歌う、その歌詞がもう、たまらなく
切ないんですよ・・
そして、刺されたあとの「わたしが大君さまの生まれ変わりなら
良かったのに・・」の言葉で、わわわ~っときてしまいました・・

そしてねえ、なんと言っても信御津さまの死に際ですよ。
本当にコムちゃんの死ぬ演技、引き込まれます。
宮さまが寄り添って語りかけているとき、だんだん朦朧としてくる顔が
ほんとにもう・・
なんというか、「ほんとに死にかけてるんじゃ?」と思ってしまう。
また、宮さまが歌っている横で事切れるとろが、儚くて、切なくて。

突っ込みどころもけっこうありますが、わたしは何回見ても涙腺が
緩みっぱなしになってしまいます。
よく、時代背景が分からなくて難しい、という人もいますね。
確かに、後南朝時代なんてちょっとマイナーで分かりづらいですよねえ。
でも、そんなに時代背景が分からなくても、入っていけると思いました。
教科書の南北朝のところを、ちょこっと読んでおくともっとすんなり
入れるかなとは思いましたけど・・

フィナーレ、この公演で退団だったしきこちゃんのご挨拶が、とても
微笑ましくて、見ているわたしもほっこりしました。
ご挨拶の最後、ふわふわしてるしきこちゃんから、うまくコムちゃんが
引き取ったりしてね。
コムちゃんが、「次の大劇場」と言っているのを聞いて、次が霧ミラ
だったな、と思い出しました。
まだ、去年のことなんですね~



テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/25 00:57 | スカステ→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

#29 大海賊/ジャズマニア

月組公演 大海賊/ジャズマニア  東京宝塚劇場
01’ 8/28(火)2階 4列27番
    9/ 1(土)1階24列15番
    9/15(土)1階 7列11番
    9/22(土)2階16列60番

エミリオ     紫吹淳
エレーヌ     映美くらら
         初風緑(ショーのみ)
エドガー     湖月わたる 
キッド      伊織直加
ラッカム     立ともみ
イスメラルダ   夏河ゆら
ロックウェル   大和悠河
ドクター     汐美真帆
聞き耳      霧矢大夢
フレデリック   大空祐飛
アン       西條三恵



★東宝のみの、リカさんお披露目公演。
ストーリー的にはとっても単純で、お約束な展開だったけど、
わたしは結構好きでした。
男役の海賊の群舞はカッコ良かったし、もちろんながーい脚長ブーツ
を履きこなしてたリカさんも、カッコいい。
話もわかり易いし、海賊の一致団結とリカさんの初トップが重なって、
良かったと思いました。
でも、正義の味方っぽい役柄のリカさんはあまり見たことなかったので、
最初見たときは不思議な感じがしました。
えみくらちゃんは、ひたすら初々しいという印象。
リカさんと並ぶと、ほんとうに小柄な娘役さんだなあと思った記憶が。

キリヤンの聞き耳は、ひょいひょいっと海賊仲間の中で動き回ってる
ような役。
ちょっとお笑い担当で、面白かった。
ワタさんが悪い人の役でしたが、これまた悪い人ワタさんって見慣れなくて
フシギだった。
で、そのワタさんチームにタニさんとゆうひさんが入っていて・・
見ていてゆうひさんフレデリックが、すごいインパクトがあったんです。
雰囲気で言えば、「ゼンダ城の虜」の役と似た感じかな?
ゆうひさんのこういう系統の役、かなり好みなので気がつくと目で
追ってしまうんですね。

★ジャズマニアは、マミさん時代の東上しなかったショー。
フィナーレ前だけ、リカさん用の場面になっていました。
そしてこちらのみ、ガイチさんが出演。
キリヤン好きなので、ピアノマンやロケットボーイはもちろん好きでしたが、
このショーで1番好きだったのは、フィナーレの3組のデュエット。
曲が「シャレード」で、またガイチさんの歌が素晴らしかったんですよねー
ここが楽しみで見に言っていたようなものでした。
最後ちかく、♪シャレ~~ド♪と伸ばすフレーズが、もうたまらなく
好きでした。
わたしのツボにドーン!と来まして、聞くたびに「ああ、見に来て良かった~」
とつぶやいてました。
とにかく、ガイチさんの美声がたっぷり堪能出来たショーでした。

しかし、大海賊嫌いではありませんでしたが、さすがに3回、4回と
見ると飽きました・・
だって、最初から話が読めちゃったから。
ラストの、甲板?にひとり佇むエミリオが歌う歌が、なんかやたら
ムード歌謡っぽくて、そんな余計なことばかり考えちゃっていた・・
あと、そんなに何人も専科から必要なのか?とも思ってました。
いや、出た人たちがどうって言うんじゃないんですよ。
でもね~組子の人たちもいるのにな~って思ったり。
学年的な事情もあったと思いますけどねえ。
見たら見たで良かったので、複雑でしたね~

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/24 14:52 | 過去の観劇記録(95’~05’)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

今朝また

初日映像と、今日放送があったステージインフォメーションを
見てました。
ステージインフォメーションは、スカステニュースで流れる映像とは、
また違うところをダイジェストで流す番組。
スカステニュースで流れなくてがっかりした所も、流してくれたりします。

ま、そういうわけで、劇中劇の妖しげなプロローグが出たり、これまた
妖しいコムミズの絡みがより多く出たり・・
おおってな場面も多く、朝から妖しい映像に見入ってました。
映像レポをするため、そんな映像を見まくっているので、頭の中は
ダイジェスト映像でいっぱいです。

そんな、ダイジェスト映像を見るごとに感じるのは、ルシファーは
あまりにも孤独な存在だということ。
神に見放され、人間にもなれず、なのに人間の世界を彷徨って、神が
人間を愛した理由を探している。
「人間なんて」っていう態度なルシファーだけど、そういう態度を取る
対象って、ほんとは気になって仕方がないってことなんだよね・・
見ていて、そんなルシファーの言動が痛々しくてたまらなくなりました。
でも、そんなルシファーに救いをもたらす(んじゃないかと思ってる)
のが、まーちゃんなのがすっごく嬉しいなあ。

それと、ちょこちょこと見た印象で言うのもなんですが、ルシファーと
ジャンPの関係って、「銀の狼」のシルバとレイみたいだなーと思った。
まあ、生で見たらどう思うか分かりませんけど・・・

なんか遠征を増やしたくてたまらなくなっちゃったんですけど・・
でも、交通費が~
これで東京で何回観られるとか思うとねー
日比谷だと通勤定期で済んじゃうので・・
東京でフツーにチケットが取れれば、いいんですけどね。
明日は、東宝友会入力開始日。
どうなることやら・・

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/24 13:56 | スカステ→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

宙新公メイン配役

宙組新公。
主な配役が出ましたね~ <カッコ内は本役>

坂本竜馬     早霧せいな(貴城けい)
お竜       和音美桜(紫城るい)
中岡慎太郎    蓮水ゆうや(大和悠河)
一橋(徳川)慶喜 春風弥里(蘭寿とむ)


おお~ついにたっちんにヒロインがまわってきた!!
良かったね~
ちょっと昔話になっちゃうけど、「フィガロ!」を青年館で観たとき、
まん前で素晴らしい歌声を披露した娘役さんの声に、一耳惚れ?しました。
それから、ずっと追いかけるわけじゃないけど、ちょこちょこと気にして
いました。
新公のヒロインはもう、廻ってこないのかなーと思ってたんですけど・・
ホント、良かったです。
蓮水さんは、スカフェで印象深いんですが、ネバーではスッシーさんの
役だったみたいですね。
いきなりタニさんの役、どんな感じになるんでしょうか。
春風さんは、ネバーの本公演でもすぐ見つけられましたし、新公も
タニさんのヴィセント。
スカステの映像で見た新公ヴィセント、すごくインパクトあったので
よく覚えています。

スカステの映像でしか見られないけど、どんな竜馬・お竜・中岡、
そして慶喜になるのか・・
楽しみです。



テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/24 00:45 | 宝塚→宙関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

タランテラ初日映像&ご挨拶

では~こんどは「タランテラ」の初日映像レポ。
ショーって感覚的なものなので、実際のところレポしづらい場面も
あったりするんですが・・
頑張ってみます。
それと、楽のご挨拶も。





続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/23 18:40 | スカステ→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

堕天使/タランテラ初日映像

朝いちのスカステニュースを録りそこね、昼のニュースを録って見ました。
最近は、なぜか入りの映像も流すようになったんですけど・・
嬉しいような、舞台の映像をもっと見せて欲しいような。微妙です。
入りのコムちゃんは、黒いパンツにチェーンのベルト、濃い光沢のある
青いシャツ、そしてヘビ皮っぽい柄の帽子、グリーンのバック。

では、映像で流れた順番にレポしてみます。
激しくネタばれしてますので、ご注意を。

その前に!
初日をご覧になったRubinさんが、たくさんご報告をUPされてます。
読み応えありますよ~こちらも、ぜひぜひ、どうぞ!

続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/23 18:34 | スカステ→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

堕天使/タランテラの記事

初日明けて2日目、公演の記事も少しずつ出てきました。
まずは、スポニチ宝塚支局。

朝海ダンシングスターの本領発揮

ダンシングスター・・あんまりファン的には使わない言葉かも・・
しかし、藪さん、堕天使かなりバッサリですね。
プロローグはインパクトあるけど、後は定石的だとか、作劇が弱いとか、
ドラマティックに盛り上がらないとか・・
うむむ。
他の出演者では、イヴェット役のさゆちゃんについて触れてますね。

タランテラは、ずいぶん始まり方が変わってるみたい。
そして、やはり踊りまくりのようです。
でも、コムまーデュエット3回もあるのに、コメントがテクニックは見事・・
甘いムードは一切ない。って・・
う~ん、それはいいのか悪いのか・・甘いムードがなくて、どんな
ムードがあるのか、気になるんだよぉ~~

そして、スポニチアネックスのほうはタランテラ舞台稽古の写真つきの記事。
パープルにピンク、ブルーにグリーン・・カラフルですね。→こちら
こちらにも、変わったオープニングのことが書かれてます。

踊りまくりのコムちゃん、藪さんに普通の人間とは思えない体力とか
言われてた。
でも、初日なのに頬のこけようが激しい気がするんですけど・・・
公演始まったばかりなのに~
なんか消耗の激しそうな公演なので、みなさん充分身体に気をつけて
ください・・

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/23 17:30 | 宝塚→雪関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ベルばらトランプ

ベルばらトランプをパラパラとめくっていたら、あることに気付いた。
カードの数字と、写真がちゃんと揃えてあるみたい。
どういうことかというと・・・

A→ワタさん・コムちゃん・オサさん・あさこちゃん。
  つまり、トップさんですね~     

2→星と雪のプロローグ&パレード。

3→ワタとなのツーショット・星と雪のベルナール・アランゆかりちゃん?
  あら?これは統一性なしか?

4→すずみんとえりたんのベルナール・れおんくんと桂ちゃんのアラン。

5→ワタさんの行け行けフェルゼンと、幻想前のコムまーと、雪子守り歌
  と、雪バスティーユ。
  雪で統一?と思ったけど、ワタさんも入ってました。

6→星断頭台の場面とフィナーレボレロ、いづるん&ウメちゃん。
  星2枚と2番手娘役?

7→星特出・小雨4連発。かしちゃん・ゆうひさん・ミズさん・キリヤン。

8→ワタドレ・雪トウドレ毒殺未遂・カシドレ今宵一夜・雪フィナーレ群舞。
  雪で統一、ですね。

9→星1幕ラスト・雪衛兵隊・星バスティーユトウカル・コムカル&ミズアラン。

10→雪トウドレ・カシドレ・ミズドレ・ゆひカル。

J→トウカル・カシカル・ミズカル・キリカル。星オスカルズ。

Q→まーちゃん・となみちゃん・小舟のワタとな・告白のコムまー。
  クイーンは、トップ娘がらみ。

K→ワタコム小雨・ワタコム黒金・オサコム黒金・アサコム黒金。
  やはりキングは、トップさんでした~

テキトーにそれぞれのジェンヌさんを宛がったわけじゃないのねー
なかなか絶妙な充て方じゃありませんか。
夜中にトランプ広げて、妙に感心しちゃいました。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/23 01:08 | 宝塚→グッズCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

あちこち見てきた~

初日の公演も終わりましたね~
このぐらいの時間になれば、もう一通り感想を色々見てまわった方も
多いかと思います。
わたしも、今日の初日を観劇されたと思われるブログさんを、あちこち
まわって来ました~

そしたら、なんか・・あまり芳しくない感想がポロポロと・・
しかも、オギーのショーにしては期待外れとか・・
堕天使も、ちょっと微妙な感想もけっこうありました。
まあ、スカイナビゲーションで景子先生曰く「朝海ひかるダンスショー」
だと言っていたので、それじゃあストーリーはどうなのよ?と心配
だったんですが、そのへんがやっぱり弱く見えた人がいたってことですかねえ。

でも、さんざん色んな感想を見ても、結局は自分が見てどうかだもんねっ
て、自分の目で見られるのは、あと1ヶ月先だけど~

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/22 23:44 | 宝塚→雪関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

いろいろ買ってきた♪

昼公演真っ最中のキャトルは空いていて、いろいろ見てまわるのが
大変楽でありました。
B2のチャイナドールに行けば、平日ランチもあるし、平日っていいな~

え~たくさん買ってきましたよ♪
プログラムでしょ、クリアファイルでしょ、すっごい久しぶりに買った、
メモパッドでしょ、初めて買ったフェイスペーパーでしょ・・
堕天使ポストカードに、メモリアルポストカード・・
もうあるもの全部みたいな勢いで買ってきました。
こういうのを、毒を食らわば皿まで、って言うのかしら。
ちょっと、違うかな・・
マウスパッドは、画像を加工しすぎててちょっと・・でした。
マウスパッド自体は欲しいんだけど、コムちゃんの顔の上でマウスを
動かすのもなんだかねえ。

早速、気に入ったフェイスペーパーの裏の写真を携帯で撮り、待ち受けに
しました。
設定すると、とっても綺麗~
ああ、液晶のシャー○で良かった~

で、プログラムをじーっくりと見たので、目についたポイントを
書いてみようかと。
ネタばれかなりしてますので、イヤな方は、見ないほうがいいかと思います。

続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/22 20:51 | 宝塚→グッズCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ついに初日

やってきてしまいました、初日。
まだ始まってはいませんが・・
初日を観るため、ムラへ遠征する方も大勢いらっしゃる中、わたしは
日比谷へ参ります。(←こればっかり)

ま、昨日から土日含めて4日間遅い夏休みなので、グッズだけでも
見に行こうかと。
見たらそりゃあ買ってしまいますけど。

グッズといえば、今日いきなり届きました。
ベルばらトランプ。
すっかり忘れてたので、びっくり。
写真ですが、けっこう満遍なく色んな人が入っていて、なかなか楽しいですよ♪
星・雪のトップコンビに、特出オスカルズ&アンドレズはもちろん、
星はしいちゃん・すずみん・ゆかりちゃん・れおんくん・ウメちゃんまで。
雪はハマコさん・えりたん・桂ちゃん・いづるんまで。
小雨と、雪のフィナーレ黒金は全パターン入ってますし、見てると
プチ名場面集みたいな感じでした。
申し込んでよかった~と思ったけど、考えてみると結構元手はかかって
るのよね・・・

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/22 12:38 | 宝塚→グッズCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

#28 ベルサイユのばら~フェルゼンとマリー・アントワネット編

宙組公演 ベルサイユのばら~フェルゼンとマリー・アントワネット編
01’7/10(火)1階22列17番 東京宝塚劇場
   7/22(土)1階20列26番   〃

ハンス・アクセル・フォン・フェルゼン 和央ようか
マリー・アントワネット        花總まり
オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ 彩輝直
アンドレ・グランディエ        水夏希
ロザリー               陵あきの
小公子                久遠麻耶
メルシー伯爵             未沙のえる
ルイ16世              大峯麻友
モンゼット公爵夫人          出雲綾
プロヴァンス伯爵           真中ひかる
ヨーゼフ国王             祐輝薫
ジェローデル             寿つかさ
ベルナール・シャトレ         朝宮真由
ソフィア               南城ひかり  



★星ばらは巨大な花かごが登場しましたが、こちらはでっかいデコレーション
ケーキのようなセットが登場した・・・ような気が。(いまいちあやふや)
オスカル&アンドレもちゃんと出てくるけど、06’の星ばらと違って
1幕でバスティーユが終了して、2幕は出てこなかった。
それと、ベルサイユからパリに移る前の場面で、「わたしはフランスの
女王なのですから~」もしっかりありました。
あと、これは初舞台生が抜けた東宝で入った場面らしいのですが、民衆が
大勢出て来て、マリー・アントワネットを弾劾する、「あの女をギロチンに」
と歌う場面がありました。
確か、朝比奈慶ちゃんが中心になっていて、怖いくらいの迫力でした。

初めて見たフェルゼンとマリー・アントワネット編。
オスカルとアンドレの描き方が中途半端な気がして、不満でした。
だって、1幕でいなくなっちゃうしねえ。
今年の星ばらと同じく、毒殺未遂もなかったし。
かといって、本筋のマリー・アントワネットとフェルゼンの恋も、あまりに
型芝居でピンときませんでした。
やっぱり漫画のフェルゼンの方がいいなあ、なんて思ってましたね。
宝塚のフェルゼンは、小舟で王妃様に愛をささやいても、馬車を飛ばして
「行け!フェルゼン~」と歌っても、どうも入り込めなかったんですよね・・
漫画のフェルゼンは、そんなことなかったのにな。
まあ、2時間15分くらいにしなきゃいけないから、そんなにエピソードも
入れられないものね。
あの、漫画そのままのフェルゼンを主役のキャラにするのは、けっこう
難しいのかもしれないな、と思いました。

フィナーレは、初めて観た薔薇タンの掛け声が、恥ずかしかった・・・
ボレロは、変わった振り付けだな~っとサラッと見てしまった。
何せ、宝塚のベルばら初心者だったので・・伝統とされる振りも、あまり
ピンと来なかったんですよね~
そしてパレード、ハナちゃんがエトワールで出て来て、すごーいとびっくり。

まさか、この5年後にまたベルばらをするとは夢にも思わず・・
このとき、もう当分やらないだろう、と思ってましたからねー
ましてや、5年のあいだに1番のご贔屓になっていた、コムちゃんが
オスカルをするとは・・
不思議なものですねー

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/22 01:01 | 過去の観劇記録(95’~05’)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コムちゃん情報いろいろ

アルバトロスの動画が見られるそうです!
つむぎさんのところにお邪魔して知って、早速見て来ました。
短めだけど、色んな場面が見られて良かったですよー♪
フリフリ付きの変わり燕尾も見られたし、赤黒シャツのタブー男とか、
ピンクスーツホストも。
ますますDVD早く見たくなりました~→こちら

そして、こちらもつむぎさん情報。→萩の月について

萩の月、航空便で毎日入荷するんだ!
もちろん、ムラ遠征のおりには堕天使パッケージの萩の月を買う気満々
ですが、復刻?パッケージも欲しいですね~
わたし、春麗のは持ってないので。
数量限定か・・・早めに買っておかなきゃ。

さらに、こんどはrinkoさん情報。
コムちゃんのメモリアルブックの予約ページだそうです。→こちら

まだ、表紙の画像などは出ていませんが・・・
説明によると、ヘアメイクがTAKAKOさんのようですね。
撮りおろし・・いつ撮ったのかしら。
rinkoさんが書かれてるように、バウの後なのかな。
わたしも、メモリアルブック用にイギリスでも撮影したのかと思って
いたんですけど・・まったくのオフだったのかな??

以上、みなさまの所で知った情報ばかり、お届けしちゃいました。
つむぎさん、rinkoさん、ありがとうございました!

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/21 17:28 | 朝海ひかるさんのこと→色々COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

宙竜馬配役&退団者

「維新回天!竜馬伝」の、配役が発表になりましたねー
みっちゃんはどんな役か、千葉左那子はだれか、なんてことが気になって
いたんですが・・・→こちら

みっちゃんは、桂小五郎か~
で、千葉左那子はたっちんなんですね。
花組公演のときは、渚あきちゃんがやった役。
あの時は、娘役2番手どころの役だったけど・・
まちゃみちゃんは、お蝶。
花組では、詩乃優花さんがやっていました。
ちょっと鉄火なネエさんって感じだったような。
ともちんが武市半平太で、音乃いづみちゃんが幾松ね・・
そしてそして!ちぎちゃんが沖田!
花のときは、コムちゃんでした。
ちぎちゃん、総髪似合いそうだな~
有名どころでは、スッシーさんが西郷さん。
そしてなぜかあゆみさんと彩苑さんが公家の男??

↑の文をUPしたとき、武市半平太と幾松、と思い込んで並べて
しまいましたが、武市半平太と関係があるのは梅松でした・・
しかも、それ映画だし(汗)
もうご存知の方ばかりと思いますが、幾松は桂さんの奥さんでした・・
幕末の人物相関図って有名であるからこそ、簡単に書いちゃいけませんね。反省・・・
既に読んでしまった方、惑わせてすみません・・

あわせて、退団者も発表されました。→こちら

ええーっ右京さん辞めちゃうの~~
飄々とした雰囲気が面白かったし、えと文も独特の味があって、
好きだったんだけどな・・
天翔さんもあいらさんも、99’入団で、宙組の中では古いメンバー。
こうやって、宙の始めの頃からのメンバーがいなくなっちゃうんですね。
白峰さんもAngels in Harmonyが印象的で、それで
顔と名前を覚えたんだけどなあ・・残念。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/21 16:32 | 宝塚→宙関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ふと気付いたら・・

記事をUPして、日付を見たら21日になっていました。
何を隠そう(隠してませんが)、My Birthdayなんです・・
なーんて、マイバースデーなんて英語でかくほど、可愛い歳じゃ
ありませんけどねっ
もはや、自分がいくつっていう自覚はありませんよ。
ていうか、自分がいい歳だっていう自覚がないと言うべきか。
もう母親も、こんなデカイ娘にケーキ買ってくるなんてことも、
しませんからねえ・・

ま、誕生日の次の日が堕天使の初日だし、キャトルにグッズも出始めるし、
なんとなくお祝いっぽいからいいや。(←関係なし)

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

2006/09/21 01:33 | 日常→日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

グラフ10月号その2

宝塚GRAPH (グラフ) 2006年 10月号 [雑誌] 宝塚GRAPH (グラフ) 2006年 10月号 [雑誌]
(2006/09/20)
阪急コミュニケーションズ

この商品の詳細を見る



初めて、グラフのレポで画像使ってみました。
今日は20日で今更な気もしますが、レポその2いってみます。
見てのとおり、表紙はとうこちゃん・かなみん・となみちゃん。
両手に花状態のとうこちゃん、ほわ~んとした2人に囲まれて、
キリリと撮れてますね~

続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/21 01:00 | 宝塚→本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

かしコン東京楽映像

今日のスカステニュースで流れました。
舞台映像は、初日とはちょっと違う映像も流れたりして。
ツタンカーメンが刺されてしまうところとか、
ラファエロの周りを娘役さんがくるくる廻って、「違う!聖母マリアには
何が必要なんだ」と言ってるとことか、
白いシャツに黒いパンツという洋装で、「敵は本能寺にあり!」と言ってる
とことか、
黒ブラウスの男役たちとの絡みとか、
ちぎちゃんドリアンとの絡みとか・・・

ショーのほうでは、シャツをはおったジーパン姿での、ラインダンス
みたいな振りが出ました。
みんな、すごくいい笑顔で楽しそうだった。
それと、ラスト近くにテーマ曲を歌うかしちゃんの横にいる、白いドレスの
るいちゃん。
金髪のショートヘアが、すっごく似合っていて可愛かったー
ラスト、階段に座っているメンバー。
みんなオレンジの会服を着て、ペンライトを振っていました。
そして、その前で手を振るかしちゃんの目に、涙・・

では、ものすごく盛り上がっていたカーテンコールでの、かしちゃんの
ご挨拶。



続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/20 23:49 | スカステ→宙COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

堕天使/タランテラ 稽古場映像

やっと流れた~
堕天使ではコムちゃん、ずっと黒い稽古着で、人間をあざ笑うような
セリフが多く、流れた歌も叫ぶような歌だったな・・・

以下、ネタばれあり


続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/09/20 00:41 | スカステ→雪COMMENT(0)TRACKBACK(2)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。