スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

歌劇1月号

昨日、届いてました。

新年号なので、表紙を開くとトドさんから始まって、ポートがずらり。

コムちゃんは・・・黒いジャケット姿。

襟が大きく開いていて、首回りから下に向かって大ぶりのフリルが

付いています。

ボタンが大きめで、アクセントになっている感じ。

いつもながら、同じ所に目がいってしまいますねー

大胆な胸元は健在でございます。



今回、星ばらの座談会には、コムちゃん、かしげさん、水さんの

三人が参加していました。

集合写真のコムちゃん、なんだかとっても嬉しそうな笑顔。

お馴染みのワタさんもいるし、同期のとうこさん、元雪のとなみちゃんも

かるから、リラックスしているのかな・・・

皆さん色々とペルばらに向けての思いを語りつつ座談会が進んだの

ですが、前理事長の話が印象的でした。

曰く、十年ほど前に、コムちゃんに娘役転向をしたらという声が

多くあがったことがあったそうで・・

そのとき、オスカルを演じて欲しいという夢があるから、転向は

させない、と言ったとか。

へえぇー、じゃあやっぱり、コムちゃんにオスカルをさせたいがための

ベルばらだったということ?

お披露目の頃は考えもしなかったけど、コムちゃんはオスカルをする

よう、定められていたということ?

うーん、どうなんでしょうねー今ごろそんな事言われても・・・

まあ確かに、その娘役転向の声があがったというのは、分かる

気がしますが・・

ショーでの娘役、嵌りすぎるほど嵌っていましたし。でも娘役に

なっていたら、ヴァンサンも、スサノオも、マイケルもROSSOも

信御津さまもロレンツォもシルバも・・・見られなかったわけですから。

前理事長の夢とやらが実際どの程度娘役転向の歯止めになって

いたか分かりませんが、多少は効果があったのなら、良かった

のかもしれませんね。

でも結局の所、やはりコムちゃんの意思で男役を続けたというのは、

変わらないと思いますから。



フィナーレナンバーの「小雨降る径」のことも語られていて、

ワタさん曰く、「それぞれのオスカルがどんな風に私を見つめて

誘惑してくれるのか、楽しみたい」そうで

ゴールデンステップスの同じナンバーで、男役側でもあんなに

入り込んでいたコムちゃんですから、女役もそりゃあ・・・

その辺は、ROSSOで実証済みですね。

コムちゃんは、「男役と女役、両方させていたたげるのがプチ自慢」

だそうですわ

なんかちょっと甘えたさん口調な所がツボでした・・・



スカイステージの2月の予定も少し載っていました。

雪関係では、ベルばらプロダクションノートの放送あり。

どの辺まで見せてくれるんでしょうかねえ。

後は、I LOVE PET雪組。

コムちゃんの愛犬もご登場でしょうか?

そして、初放送は『天の鼓』東京楽。

『いますみれ花咲く』や『花は花なり』の放送があるから何かと思ったら、

植田紳爾特集でした・・・

サヨナラメモリアルシリーズは、紫吹さん。

新人公演シリーズは星組『花舞う長安』と雪組『Romance de Paris』。

後は、新シリーズ、その名も「お披露目シリーズ」が始まるそうです。

第1回は、『愛のカレードスコープ』神奈美帆さん、可愛らしいですね~



最後に、えと文を・・花・未涼亜希、月・青樹泉、雪・山科愛、

星・大真みらん、宙・美羽あさひ。

中でも、花組・まっつのえと文の雰囲気がなーんか好きです。

上級生にも『氏』をつけ、冷静なコメント。

みょ~に客観的なところが好みですね~

あと二ヶ月も楽しみ♪






スポンサーサイト

テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/31 17:57 | 宝塚→本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

カレンダー

今日は、一応年末だし、部屋の片付けをちょっぴりしました。

新年を迎えるのにゴチャゴチャしてるのもなんだし、すっきりさせようかなと。

ま、カレンダーの架け替えとそのへんに散らかってるものをしまっただけなんですけど・・



で、カレンダー。

宝塚のカレンダーは、スターカレンダー、ステージカレンダー、

卓上カレンダー、そしてパーソナルカレンダーが発売されます。

ただのカレンダーと侮るなかれ。

表紙が誰、とか新たに誰それが入ったとか、○○さんは何月とか、娘役はみんな

二人写りなのに、○○さんは一人だ、とか(これは誰だかすぐわかりますね)・・・

予想やら推測やら妄想やら、色々出来ちゃいます。

私も宝塚ファンになりたての頃は何も考えずキレーイ!なんてつぶやいてた

ものですが今や、○○ちゃんは何月か・・なんて、深読みを試みたり。

結局、よく分かんないんですけどね。



私は、毎年スターと卓上、そしてパーソナルを買います。

スターは壁の目立つ所に掛け、卓上はテレビ近く、パーソナルはコルクボードをつるした

宝塚コーナーへ。

今年はそこへ、薔薇を手に持ち妖艶に微笑んでいるROSSOの四つ切写真も

配しました。

で、毎年考えてしまうのが、外したカレンダーの置き場所。

卓上はコンパクトなので、96’の分からためこんであります。

パーソナルも一枚ずつ切り離してファイルに保管してあります。

問題は、スターカレンダー。

かなり大きいし、丸めても場所取るし、飾っていた時は良くてもしまうとなると

処置に困るんですよね~

年末休み近くに、ようやく「そうだ、写真に撮って残そう!」と思いつきました。

記録メディアに残せば、保存も場所を取らないし。



という訳で、カレンダー全て架け替え終了。

スターの方はかしげちゃんとキリヤンがさわやかなブルーをバックに白い衣装で

これまた爽やかな笑顔を見せてくれています。

パーソナルはもちろんコムちゃん。

取り合えずまだ表紙なので、竹の間からキリッと決めポーズを見せてくれています。

そして、卓上も・・コムちゃん。二月なんですが。

まだ早い分かってるんですが、つい・・

これで、年末の準備はおけー!(超簡単)

新しい年、戌年様をお迎えするばかりでございます。




テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/30 14:38 | 宝塚→全般COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ベルばらDVD

昨日、キャトルレーヴでチラシを貰って来ました。

星ばらメディアの発売予定。

と、そこには役替り公演DVD化決定!の文字が。

それには、まず本編DVDは、オスカル朝海ひかるが特別出演とあります。

で、特典映像付きの10,500円。

さらに、貴城けい、霧矢大夢、水夏希、大空祐飛、安蘭けい、それぞれ一枚ずつ

DVD発売だそうで・・・

内容は、それぞれの役替り部分だけの舞台映像と、特別出演終了後の

インタビュー、ポスター撮影風景など。

で、3780円。



うーん、そう来たか・・・

てっきり、特出メンバーは特典映像に納めて特典DISCを増やすか、若しくは

BOXにでもするかと思ってました。

一枚ずつ出すとはね。

3780円・・・見た時は安っ!と思いましたけど、実際の所どうなんでしょうね。

雪ばらと違って、オスカルの出演時間て、少なそうだし・・・

そう考えると、高いのか?

ま、私の場合はこれで星ばらDVDも購入決定!ですが・・



星がこう来たら、雪ばらはどうなのか気になりますね~

つらつら考えてみたんですが・・予想としては、

特出は全てトップさんなので、湖月わたる、春野寿美礼、瀬奈じゅん、とそれぞれ

全編収録とインタビューとポスター撮影などが入ったDVDが一枚ずつ出る。

本編は、上級生順に貴城さんがアンドレとして入り、水アンドレは特典DISCの

方に収録。

迷うのは、本編収録が貴城さんか水さんかということ。

上級生順に貴城さんかなとも思いますが、貴城さんもトップが決まったことだし、

ほかのトップさん同様全編収録の別売りDVDになる可能性もあるかも。

その場合は、水アンドレが本編に入りますよね。(つまりダイジェストではなくフル)

貴城さんが本編に入ると、水さんはダイジェストな気がします。

星ばらでは、二番手チームは皆ダイジェストなので。

別売りになるか、特典DISCとしてつけるかは見当つかないけど・・・

ま、勿論こちらも購入決定ですわ。

こんな、DVDの収録予想だけでも遊べてしまう、ホントにTCAの思うつぼですわ・・

演出が、とかセットが、とかセリフが、とか文句を言いつつまんまと劇団に

踊らされてますね~




テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/29 23:17 | 宝塚→全般COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

CSI

今日は、仕事納めでした。

といっても結構仕事が立て込んでいるので、早めに業務を終わらせて

納会、というのもなく・・

割と淡々と、フツーに、年内の仕事は終了してしまいました。

で、明日から年末年始休み。

でも、なーんもやることがありませーん。

普通ならば、2日くらい掛けて大掃除でもするんでしょうけど・・

ま、多少片付けくらいはするでしょうが、ひたすらダラダラして過ごすつもりです。

こんなに長い休み、なかなか取れませんからね~



一昨日、昨日とWOWOWでCSIの一挙放送というのがありました。

これは良い機会と思い、保存することに。

一回目の放送を見たら、なんと出演者が皆若い!

主任のグリッソムなんて、まだヒゲ面じゃないし、キャサリンも心なしか目元の

皺もすくないような・・・

一回目は、サラは出てなかったんですね。

それすらも、すっかり忘れていました。

来年早々には、CSI2と、コールドケースの一挙放送もあるので、楽しみ!

さらに、土曜日にはCSIニューヨークが。

TVガイドのBS版などでも特集を組んでしたりして、期待が高まります。

ゲイリー・シニーズ、渋くてカッコ良い!

テーマ : 海外ドラマ(欧米) - ジャンル : テレビ・ラジオ

2005/12/29 01:17 | テレビ→海外ドラマ(CSI・他)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

軍服

宝塚の代表的な男役の衣装と言えば!

タキシード、燕尾、そして軍服。

そう、軍服

軍服、人気ありますねー

観る方は、「○○さんの軍服姿が見たい!」と夢を膨らませ、ジェンヌさんご本人も、

「お芝居で軍服を着てみたい」などと、おっしゃいますね。

来年の東京宝塚劇場のお正月公演、花組の『落陽のパレルモ』では、トップの春野さん

のとっかえひっかえの軍服が楽しめます。

ダイジェストで見ただけでも、グレーやら、赤やら、白やら・・・

特に白は、金の飾りが入っていて、凛々しいと同時にとても高貴な雰囲気になりますね。

春野さん自身も、初日のご挨拶で軍服が着られて嬉しい、というようなことを仰ってました。

同じイタリアつながりで、今年の夏の雪組公演『霧のミラノ』では、オーストリア将校役の

貴城さんはじめ、若手男役イケメン将校’sの軍服姿が目の保養でした。

貴白さんは白、若手の部下たちは赤。

コムちゃんは、レジスタンスの役だったので、全然軍服はなく・・・

ラスト、紺の軍服を着せたのは、戦地に赴いたという事もあったのでしょうが、

ファンサービスでもあったはず。

「コムちゃんの軍服、ないんだ~」と思っていたコムちゃんファンの方々は、ラストの

軍服で一転、盛り上がったと思われます。

今までの作品で軍服というと思い出すのが、『うたかたの恋』。主役のルドルフ皇太子は

色んな軍服を着ますし、ジャン・サルバドルを初め、まわりの役柄も軍服が

多かったです。

自分的には、軍服!と言うとすなわち『アンナ・カレーニナ』ですね~

アリョーシャコムちゃんの軍服、ストイックで美しかった~

ディナーに例えて紹介されるそれぞれの役柄。軍服姿のアリョーシャが出てきた途端、

もうガッと何かを掴まれ、そのままノックアウト。

その登場の時の白い軍服も良かったのですが、後に出てくる黒っぽい軍服も

良かったですね~

その姿でやはりもう離れられないと、アンナをお姫様だっこするんです!

また、その時の眉間のしわがたまらないんですわ・・・



ちょっと、わき道にそれてしまいました

そして、ベルばら。オスカルは、言わずと知れたマリー・アントワネットを警護する

近衛隊の隊長。

そりゃあいろんな軍服姿を見せてくれます。

今スカイステージで流れているベルばらプロモでは、赤、白、ブルーを着ています。

91’の月オスカルバージョンでは、涼風さんがピンクを着ていた記憶が・・・

劇中だったかな?フィナーレだったかな?

そのピンクを俗に、オスカルピンクというらしいですね。

今回コムカルは、オスカルピンクを見にまとうのでしょうか。

くわえて、転属する衛兵隊は、荒くれ兵の溜まり場。

こちらは、若手男役がワイルドな紺の軍服姿を見せてくれます。

そして、アンドレ。

アンドレのイメージは、男は黙って・・・ですかねえ。

やはり紺の軍服ですが、衛兵隊の隊員より飾りが多く、マントもついてたりして。

さらに、今回貴城さんが演じるジェローデル。

見目麗しき、オスカルの求婚者。

この方は近衛隊員なので、劇中の姿は、衛兵隊よりずっと華やかな軍服姿ですね。



来年、ベルばらを観るともれなくこれでもか!と出てくる軍服を語ってみました。

コアな宝塚ファンであればあるほど、軍服については語れるんじゃないでしょうか。

まずは初日が近づいてきた、星ばら。

上に上げた近衛隊軍服&衛兵隊軍服、そしてスペシャルはフェルゼン~(あ、字余り・・・)

ちょっと毛色の変わった、グリーン系の軍服が出てきます。

ちょっと気になるのですが、2001星ばらでフェルゼンが帰国する際に

小脇に抱えてたデカい帽子、あれ今回も使うのかしら?

抱えてたからいいけれど、実際かぶってフェルゼンが退場したら、

ちょっとムヒムヒしてしまうかも・・・


テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/27 23:21 | 宝塚→全般COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ベルばらプロモーション

昨日、噂の花椿をやっと入手いたしました。

花椿というのは、資○堂が出している、月刊誌のこと。

ついこの間、花椿にコムちゃん以下、雪組の人たちが着物姿で載っているという

情報をメディア情報かなんかで見ました。

で、取り扱い店を捜して行ってみました。

二軒目で、最後の一冊が手に入り、無事着物姿で満面の笑顔のコムちゃんを

見ることが出来ました。

ピンクの着物のまーちゃんもカワイイし、次ページのかしげちゃん・水さん・壮さん・桂(音月)

ちゃんも、やわらかい雰囲気で素敵でした。

最近、露出が多いですね。

この間もVOCEに載っていたし、新聞にもインタビュー記事が載ったそうですし・・・

やはり、ペルばらのプロモーションなんでしょうね。

職場の人によると、コンビニでスチール写真も買えるそう。

例の端末、○ッピーで買えるんでしょうか・・コンビニでスチール・・・

手軽なのはいいけど、なんだかちょっと違う気が。

ベルばら上演が決まってから、ものすごいベルばらプッシュですわ。

これから、これでもかとグッズなんかも色んなのを出してきそう。

このあいだのBSの放送でも、お米とか枕とか、宝塚のグッズではあり得ないような

ものが出てきましたからねえ。

そのうち、オスカルフィギュアとか出てきちゃったりして。

コムカルフィギュア・・・激しく食いつきそうな自分がいるかも・・

あと一週間ほどで星ばら初日です。

初日の映像が見られるのが待ち遠しい~

テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/27 00:58 | 宝塚→全般COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

今年の観劇

今年ももうすぐ終わりなので、今年の観劇を振り返って見たいと思います。

1月~2月 雪組

青い鳥を捜して/タカラヅカドリームキングダムin東宝

  S席、2回、A席4回。

とにかくショーの第一部、ROSEのROSSOが観たくて通った公演でした。

専科からの特出ありという、もやもやした観劇ではありましたが、

とにかくコムROSSOは妖しかった・・

東宝恒例の公演スイーツはあまり食指が動かされず。

DVDは、ROSSOセリ上がりから銀橋渡りまで音声カットで大ショック。

4月 月組

エリザベート~愛と死の輪舞~in東宝

  A席2回。

おせじにも歌が得意とは言えない彩輝さんのサヨナラ公演。

霧矢さんのルキーニを楽しみにして、観に行きました。

が、実際見てびっくり。

彩輝さんがトートのナンバーをしっかり歌っているではありませんか。

月組メンバーの、押し寄せるような迫力に圧倒された公演でございました。

DVDは、大劇場バージョンというこで二の足を踏んでいましたが、来年お正月、

スカイステージで東京楽の放送があるとのこと。

ありがとう、スカイステージ!

同じく4月 雪組

睡れる月 in日本青年館。

  A席、B席、各1回。

お披露目以来の日本物。

どうなるのかな~と思っていましたが、コムかしの美しさ、まーちゃん扮する大君と

二宮とコム信御津の切ない関係、そしてセリフ、歌の美しさ・・・

さらに雪組出演者の皆さんの堂に入った日本物の演じぶりが素晴らしかった。

DVDパッケージのデザイン、信御津さんに月をあしらっていてとても綺麗です。

六月 花組

マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビューin東宝

  A席2回。

映画のように余韻の残るオギーワールドと、オーソドックスなレビュー。

この組み合わせがとても良かったです。

サヨナラ公演である樹里さん、メインの場面もあり活躍されていました。

公演スイーツは、劇中に出てくるデザートローズを模したクッキーとマラケシュ産

オレンジにちなんで、ゼリー入りのオレンジジュース。

DVDはショーのアドリブとお芝居に惹かれて、買おうか迷っているうちに今に至る。

七月 雪組

霧のミラノ/ワンダーランドin宝塚大劇場

  SS席、A席、B席、各1回。

久しぶりに大劇場まで遠征しました。花組のエリザ以来かな。

しかも、02’の月組ガイズ&ドールズ以来の一泊3回観劇。

入り待ちもしたりして、本拠地宝塚を満喫しました。

8月~十月 雪組

霧のミラノ/ワンダーランドin東宝

  S席2回、A席5回、B席4回。

いや~長い公演期間でした~

芝居ではコム&まーちゃんのラブラブなロレンツォとフランチェスカが新鮮だったし、

ショーはツボに嵌るところが多く、楽しかったですね~

特に、観ればみるほど嵌っていった白鯨、衣装が素敵だったクラシックメドレー、

キュートな笑顔とダンスが素敵だった栄光、野郎度が大劇場より更にアーップ!だった

ガイ・・・

終わってしまったら、腑抜けのようになってしまいました。

公演スイーツは夏にぴったりなさわやかゼリーポンチ、ワンダーランド。

DVDのパッケージのロレンツォの横顔が美しい・・・

十一月 雪組

銀の狼/ワンダーランドin市川文化会館。

  S席、A席、各1回。

全国ツアー公演、お芝居は涼風真世さんトップ時の再演物、ショーは大劇場、東宝に

引き続いてワンダーランド。

とにかく苦悩するコムちゃん、シルバに嵌りまくりでした。

水さんレイ、まーちゃんミレイユもはまり役で、ハードボイルドな芝居でしたねー

全国ツアーには分かりにくくて不向きかな・・と思っていたんですけど・・

なんか観る者の心をぎゅっと掴むような、ハリーワールドでした。

ショーはただただ、栄光とガイが再び生で観られたことに感激。

DVD、待ち遠しいなあ。



計26回、観ました。ま、あきらかに偏ってますよね(爆)

今年は同じ公演に通うという楽しさを覚えた年でもありました。

経済的には、観ればみるほど、懐がさびしくなります。

チケット代のほか、プログラム、舞台写真、クリアファイル(コレクションしてます)、

そしてDVD・・・

遠征する時は、交通費、宿泊費も要りますから。

それでも、宝塚ファンはやめられません。

これが観られて良かった!という瞬間を味わうと、クセになるんですねー

来年はベルばらで始まります。

すでに大劇場遠征も決定していますし、頑張って貯金せねば。

テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/25 01:29 | 宝塚→全般COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

明日はクリスマスイブ


恋人たちの予感〈特別編〉

出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日: 2005/07/07
メディア: DVD
明日はクリスマスイブ。

イブというと、思い出す映画があります。それが、これ。

随分前にWOWOWで見てすごく印象に残り、後からDVDを購入しました。

主演は、ビリー・クリスタルとメグ・ライアン。

ひょんな事から友達の恋人、ハリー(ビリー・クリスタル)をニューヨークまで

送ることになったサリー(メグ・ライアン)。

お互いの印象は最悪、車の中では「はたしてセックスは、男と女の友情の

妨げになるのだろうか?」が議論のテーマだった。

そして11年がたち、偶然にも再会した二人はまだお互いにその答えを

見つけられずにいた。

二人の間に愛は生まれるのか、それとも、初めて出会ったときからの変わらぬ

関係を続けるのか・・?



とにかく、メグとビリーがとってもキュートなんです

メグだけじゃなく、ビリーも。

微妙な友人関係を続ける二人をよそに結婚してしまう二人の友人の設定も

面白いし、その4人のセリフのやり取りも面白い。

因みに、サリーの親友のマリー役はスター・ウォーズのレイア姫役の

キャリー・フィッシャー。

そしてなにより素敵なのは、ニューヨークの季節の折々の風景が沢山

出てくることと、音楽。

前にも書いたと思いますが、ハリー・コニックJr.が音楽を担当していて、

そのサントラも実は持ってるんですねー

映画の中で流れる、『It Had To Be You』がまた、ニューヨークの

景色にぴったりなんです。

見終わって幸せな気分になれる映画ですね。


テーマ : TVで見た映画 - ジャンル : 映画

2005/12/23 22:07 | 宝塚以外→映画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

舞台でのハプニング

和央ようかさんがドラマシティ公演でのフライング中、落下するという

事故がありました。

公式での発表によると、落下してから一曲歌いきり、その後幕が

降りたとか。

骨盤骨折で全治一ヶ月との事ですが、本当にビックリしました。

スカイステージでそのフライングの様子を見た後だったので尚更・・

映像を見ながら、こんな演出があるんだ。

ずいぶん高く飛ぶんだなー、平気なのかしら?

と、思ってたんですが・・

腰を打撲するって、ものすごく痛いと思うんですよ。

しかも、腰椎には大事な神経が通っていますから、おおごとに

なりかねない。

なのに、一旦幕を閉めた後、幕の向こう側から和央さんが

「戻ってくるからね」とおっしゃったそう。

痛くてたまらないだろうに、そんな事を言ってしまうなんて。

タカラジェンヌは皆さんものすごい頑張りやさんですが、そんな

時にまで頑張り過ぎないで欲しい。

和央さんファンの皆さんも頑張って痛々しい和央さんを見るのは

おつらいのでは・・

せっかくのライブショー、ご本人もファンの皆さんも残念だとは

思いますが、後に控えているサヨナラ公演のためにも、しっかり

治していただきたいですね。



和央さんのニュースを聞いて、色々なハプニングを思い出して

しまいました。

近い所では、ついこの間のコムちゃんの全ツ。

スサノオの時に、銀橋で転倒というのもありました。

大分前ですが、ガイチさんの事故もありましたし・・・

今は皆さん、相当タイトなスケジュールで公演をしていると

思われます。

お休みもビックリするほど少ないですよね。

そんな所へ持ってきて、狭い場所(銀橋とか)で踊ったり走ったりとか、

セリ下がったと思ったら走って早替わりとか・・・

よく考えたら、舞台は危険がいっぱいなんですよね。

演出的に見映えがいいからといって、フライングのような演出は

どうかと思います。


テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/23 00:37 | 宝塚→全般COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

リクルート

リクルートと言っても、会社訪問とか、面接とか、そんなことじゃありません。

非宝塚ファンの人を、宝塚ファンにしようとする試みをリクルートと

呼んでいます(私だけかな?)

今でも覚えていますが、大分前にいた会社の同僚の家に遊びに

行った時宝塚のビデオを持参して見せたら、ものすごーく

引かれました・・・

曰く、「なにこの厚化粧、気持わるーい」

曰く、「なんか笑った顔がぶりぶりでやだ」などなど。

舞台化粧はこんなもんなんだよ、とか、ショーで眉間にしわ寄せて

仏頂面してる訳にはいかないだろうが!とか説明する気も

失せるくらい引きまくり。

それからしばらくはリクルート活動は控えてました。

大分たち、今度は宙組激情/ザ・レビュー99’に、

今度は違う職場の同僚を誘いました。

誘ったときは割と積極的だったその同僚。

でも、見終わった後は無反応。

最初のリクルートに失敗しているので、恐くて突っ込んだ感想も

聞けず・・・

その前の月組螺旋のオルフェ/ノバボサノバに誘った学生の時からの

友人もその時は反応はイマイチでした。

今では人気の高い荻田先生の、大劇場の演出デビュー作。

ああいう世界観のお芝居は初心者向きではなさそうですからねえ。

でもその友人、その後の花組あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ

で宝塚にハマってくれて。

今では立派な花組ファンです。

おさあさ好きだったのが、あさこちゃん(瀬奈さん)が月のトップさんに

なって、月も見る!とはりきってます。

劇団の思惑にうまうまと乗ってしまってるあたり、ある意味立派な

宝塚ファンだと思われます。



以前いた会社の同僚は、猛き黄金の国/パッサージュで

コムちゃんにはまってくれました。

確か凱旋門あたりから観出して、ずーっと雪組ひと筋。

友会先行でチケットが取れなかったから、一般で並ぼうと誘うと

始発前に車で来てくれます。

私がまだ本格的にコムちゃんにはまっていない頃、「コムちゃんの

お披露目は絶対見たい!」とのたまい・・・

ベルばら上演が決まり、私が文句たらたらだった時、「コムちゃんの

オスカルカッコ良さそう~絶対見たい!」と、言い切った。

コムちゃんファンとしては、彼女の方が先輩です。

でも、割とコムちゃんファン歴長いのに、『通う』っていうのは

あまり考えないようで。

前回の霧のミラノ/ワンダーランドで初めて複数回見て、

何回も見ると、おもしろ~い!と喜ばれ、よっしゃ~!と密かに

ほくそえんだのですが・・・次回はベルばら。

通いたくても通うのは難しそう。

あ~あ、もうちょっとでコアなコムちゃんファン完成か?と

思ってたのになあ。



宝塚ファンになってしばらくは、あまり周りの人に言えなくて・・

1回言ったら、「え~あの濃い化粧で女が男やってるやつ~?」

てな反応だったので、相手を見て実はね・・と告白してました。

自分では、カミングアウト的な感覚。

今はかなり開き直って、事あるごとに宝塚を連呼し、「興味が

あったら言ってね~」などと、声掛けリクルートしまくりなのですが・・

あまり反応はありませんねー

職場で宝塚話が出来たら・・と思ってるのですが。

ただ職場にヅカ友が出来ても、好みがにかよればいいけれど、

下手にお互いのご贔屓がお互いに苦手~だったりしたら、目も

当てられないので、反応が鈍いのはまあしょうがないかな・・




テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/22 00:39 | 宝塚→全般COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

宙組次期トップ

発表になりましたね。

男役、貴城けい、娘役、紫城るい。

何やら字面が似ていると思うのは私だけ・・?

私が知ったのは、夕方、某掲示板でですが、本当にビックリしました。

いや、かしげちゃん(貴城さん)に文句がある訳ではなく、むしろおめでとうと

思ってますが・・・

発表されるまで、さんざん名前が挙がっていた中にかしげちゃんが

いなかったので、まさか・・・と。

まあでも、結果的に水さんとかしげちゃんのトレードでしたねー

トレードする必要があったのかしら・・とつい考えてしまいますが・・

かしげちゃん、宙に出演したことないし。

コムちゃん・雪ファンとしては、雪の御曹司のかしげちゃんが

雪から去る・・というのが正直残念です。

『睡れる月』での、コムちゃんとの並びも綺麗だったし。



あー、こんなうだうだ言っても始まりません!

お披露目は日本物だそうなので、かしげちゃん本領発揮して

頑張ってほしいなあ。

るいちゃんは、月で『SLAP STICK』や『愛しき人よ』を見ていたので、

順当な感じがしますね。

男役からの転向組なので、ちょっと大柄かなと思いますが、かしげちゃんが

長身なので、ちょうどいいかも。



来年の雪の演目も発表になっていました。

ショーは植田景子先生演出、『堕天使の涙』、ショーは荻田先生(!)

演出、『タランテラ』。

コムちゃん、来年はオスカル→堕天使、毒蜘蛛タランチュラか・・・

なんか、こうだったらいいなーという演目が実現してしまった感じ。

堕天使だなんて・・パッサージュ再びって所でしょうか。

奇しくも、どちらも人間ではない役柄・・ハマリそうですねー

おまけに解説読むとどうも踊りまくりっぽい雰囲気。

なんだか通い倒したくなる演目ですわ・・

本音を言いますと、うーん・・これは・・とも思いますが、その辺は

置いといて。

コムちゃんで荻田先生のショーを見たい!とずっと思っていたので、

素直に嬉しいですね




テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/20 23:00 | 宝塚→全般COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

幸せな偶然


セレンディピティ~恋人たちのニューヨーク~

出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
発売日: 2004/09/10
メディア: DVD

丁度一年前くらい前でしょうか・・
WOWOWで見ました。
どんな映画か知らなかったのですが、テレビガイドの解説でなんとなく
惹かれるものがあって。
もともと、ジョン・キューザックが好きだったっていうのもありました。
ものすごい美形じゃないけど、時々やんちゃな少年のような
顔を見せるところが好みだったんですねー

お話は、ロマコメにちょっとファンタジーが入ったかんじ。
ある年のクリスマス、お互いに恋人がいる二人がデパートで
同じ手袋を気に入り、手にとった所でそれが片方ずつである事に
気づく。
譲り合い、お茶を一緒に飲み、次第にお互いが気になりはじめるが、
また出会えるかは偶然にまかせましょうと女の方が言い、そのまま
別れ何年かたち・・・というもの。

実際名前も名乗らず、電話番号も教えずじゃ、また出会えるはずも
ないと思いますけど、出会っちゃうんですねー
また会えるかは偶然にまかせましょうと言った彼女が、
名前と住所を書いたメモを古本にはさんで、それを売っちゃうんです。
で、お互いに婚約者にたいしてちょっと違う、と思い始めてから
本気でクリスマスに偶然であった人を探し始める。
その時に、男性の方の婚約者がプレゼントする古本が、
メモがはさまれたものだった・・っていう。
このへんが、ファンタジー入ってるかもと思うのですが・・・

セレンディピティっていうのは、「幸せな偶然」という意味らしいですが、
ファンタジーのようなこの映画でも、偶然だけではなく本気で会いたい
と思ったから探し当てた、というような結果になっている気がします。
女性の方は、また会えたらそれは必然ってことなのよ・・みたいな
事を言っていますが、結果的には必然になるのをただ待って
いるのではなく、自分から幸せな偶然を引き寄せる努力も必要、
てことなのかなーと何回か見て考えたりしました。

ま、そんな理屈を考えなくても、NYの景色がふんだんに出てきて、
それだけでも充分楽しめます。
ジョン・キューザックはあまりこういうロマコメは実際の所、
好きじゃないそうなんですが、結構飄々とやっていて似合ってます。
相手役のケイト・ベッキンセールは、初めあんまり合わないのでは?
と思いましたが、クラシックで硬質な雰囲気がかたくなな所のある
ヒロインに合っていましたね。

結構ロマコメは好きですが、トム・ハンクス&メグ・ライアン以降、
あまり似合う人がいない気がするのですが・・・
ヒュー・ジャックマンは、ニューヨークの恋人の時、すごく良い!と
思ったのに、なんかアクション寄りになってきちゃって残念。
歴史物やコスチューム物の大作もいいけれど、夢を見られる
ロマコメの良作をもっと見たいなあ。

テーマ : TVで見た映画 - ジャンル : 映画

2005/12/20 00:12 | 宝塚以外→映画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ベルばらへの誘い

いや~色んな意味で、面白い番組でした。

二時間の中で、最初の一時間は現役雪組の四人のトークがメイン、

次の役三十分がOGの方々の歌とトーク、残りの三十分が再び

現役生のアテレココーナーと、トークと、歴代ベルばらのダンスシーン

の紹介・・てな感じでした。



何が面白かったって、アテレコ。

何にあてるかというと、原作の漫画なんですね。

しかもぶっつけ本番だったとか。

コムカル&水アラン、コムカル&かしジェローデル、

コムカル&まーちゃんロザリー。

コムちゃん、次々に相手を変えて喋っていて、大変そうだなーとは

思いましたが、相手によって微妙に雰囲気が変わって行き、

見ていて面白かったです。

アランには、衛兵隊長として、ジェローデルには、オスカルの中の

女性がちょこっと顔を出したような・・

そしてロザリーにはちょっとお姉さんの顔を覗かせて・・

セリフ声も、もうオスカルなんだ・・といった雰囲気。

特にジェローデルに対するセリフで、躊躇うような「あ・・」という

セリフが、超ツボポイントでございました。

その後、コムちゃん自ら「この、あ・・というのはなんか恥ずかしいですね」

と言っちゃったりして。

またこのときのかしげジェローデルがキザなんですわ・・

でも、ぶっつけ本番というのに、皆さんすでに役が入ってるのが

すごいですねー

荒くれアランに、キザで紳士なジェローデル、健気なロザリー、そして

凛々しいオスカル。

まだ稽古が始まる前でこれですから、本番までにどうなっていくのか

楽しみが倍増しました。



が!

歴代ベルばらのダイジェスト場面を見ると、昭和バージョンはさすがに

あまり縁がなかったので、ちょっと付いていけない場面も少々・・

2001の時、くさい芝居と思ったのが、やはり昭和のと比べると

変わって来ているんですねえ。

平成バージョンのダイジェストでは、タードレの「星が綺麗だ」を見て、

生観劇時のときめきを思い出したりして・・

今宵一夜も、タードレは恥ずかしさよりただただ格好良い!と思ったのを

思い出しました。

ノルさんの「シトワイヤン、行こ~~う!」では、心拍数がやたらく

上がったベルばら初観劇を思い出して。

あまりのくささにその辺を走り回りたくなる場面もありますが、思い出すと

ときめいてしまう場面も確かにあるんですよねー

その辺が、ベルばらの侮れない所なのかも。

今回の各アンドレの「星が綺麗だ」も楽しみですし、コムカルの

バスティーユ場面、特に「シトワイヤン、行こ~~う」がどんな風に

なるのか・・激しく楽しみです。



フィナーレ、まーちゃんがポロッと言ってましたが、オスカル&アンドレの

ボレロがあるっぽい・・・

まーちゃんが言った時のコムちゃんの「言っちゃった・・」てな表情が

面白かったですね。

司会の人も言ってましたが、出来ればトップコンビのデュエットも

見せてもらいたいなあ。



始めの方に、色んなベルばらグッズを紹介するコーナーがありました。

登場時はやや硬かった雪組生四人、ベルばらグッズを目にした途端、

やたらはしゃぎ出しちゃって、結構な騒ぎに。

特に、今宵一夜の場面がプリントされた抱き枕に激しく食いつく

雪組の皆さん。

水さん→かしげちゃん→まーちゃん→コムちゃんと渡って行き、皆さん

なんともいえない表情で抱き枕を撫でていたのが印象的でした。

タカラジェンヌから、ベルばらファンに一瞬戻った皆さんの様子が

面白いやら、可愛いやら。

番組の企画もなかなか面白かったですが、コムちゃんのなかなか

見られない顔も見られたりしたのが、一番良かったかな








テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/18 20:49 | 宝塚→雪関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

エトワール

夕べのこだわりアラカルトのテーマはエトワールでした。

要は、テーマにちなんだリクエストを募り、それを元にお送り

するという番組。

すでに1回放送しているので、今回は二回目。

内容は一回目と被っているものも割とありましたけど。



宝塚ファンならば、誰しも大階段のパレードはお好きだと思います。

楽しんだショーもこれで終わり。

楽しかった~という高揚感で出演者たちの華やかなパレードを見る、

その始まり。

私も初観劇の時(因みに旧東宝の国境のない地図)は、一瞬暗くなった後

パーッとライトがついて、エトワールと周りのロケットの人たちがサーッと

降りて来て、歌いだす・・・なんて華やかなんだろうと見入ったものです。

それが見初めて何年もたつと、あのショーは良かっただの、人選が

なってないだの、歌が、メイクが、衣装が、と色々注文を

付け出す訳で。

なので、皆さんお気に入りのエトワールってあると思われます。

大体、ショーの締めくくり、パレードのエトワールの人選には

3パターンあると思うのですが・・

歌姫である。
路線スターでしかも歌が上手い。
歌が上手くはないが、売り出し中の路線スター。
私はどちらかというと、オーソドックスなパターン、歌姫エトワールが

好きですねー

最近の宝塚は、スター路線の決まった人が歌いがち。

それが歌の上手い人かというと、そうでもない、ていうか

ちょっと・・あまり・・って人もたまにいるので、パレードの華、エトワール

くらいは、たとえスター路線ではなくても正統派の歌姫に歌って

欲しいなーと思います。

そういう意味では、退団されましたが元月の美々杏里さんとか、

雪の美穂圭子さんとかは、いつも聞き惚れてしまいます。

好きなのは、美穂さんのは短めですが『パッサージュ』、美々さんのは

退団公演の『エリザベート』かな・・

聞き惚れる、という意味では、路線スターではあるが歌が上手いという

パターン。

これは、娘役パターンと男役パターンに別れると思います。

娘役では、純名里沙さん、月影瞳さん、千紘れいかさん、ちょっと

とんで、彩乃かなみさん・・かな?

男役パターンは、複数エトワールを入れると3回しているオサさん。

1回だけですが、マミさん大劇サヨナラのESPでしているキリヤン。

ショーの中で歌う機会もあるのに・・とも思いますが、やはり歌が

上手な人だとパレードの気分も盛り上がり、いいですねー

ちょっと微妙なのが売り出し中の路線スターのエトワール。

歌ってみたら、案外いけるじゃな~い♪

だったらいいんですけど、そうとも限らないのが微妙な所。

あの伝説の、『エル・ドラード』は、私は宝塚大劇場で生で見ました。

うーん、イントロまでは良かったけど、盛り下がった~

売り出したいのはよーく分かるけど、つらいものがあったわ・・

それと比べると、今は随分上手くなったのかも?(本人比)

娘役でもたまにありますが、男役ほど微妙じゃないような気が・・

まあでも、綺麗な声なのかもしれないけど、細くてエトワール向き

じゃないなあという娘役スターさんもいましたけどね。

でも、聞く方としては路線でも、そうでなくても、エトワールにふさわしい

と思える人がいいなあと思いますね。



私の印象に残っているエトワールは・・

正統派エトワールだと、上に上げた二つ。

パッサージュは、トップの二人がはけるのと、歌いだしがかぶるという

変わった形でしたが、すごく余韻の残る素敵なメロディーでしたね。

エリザは、本当に素晴らしかった。エトワールの歌で涙が出たのは

初めてでした。

路線スターで歌が上手い・・っていうので印象が強いのはかなみちゃん。

花でも宙でもしていましたが、花のザ・レビュー99’が好きです。

なんかまろやかでほわっとした歌声がいいんですよ~

それとちょっと変則ですが、ル・ボレロ・ルージュのじゅりさんと

千紘さん。

ボレ~ロ~で始まるメロディーも良かったし、二人の声の相性もよく、

見合ってから正面を向き、あ~あ~あ~ボレ~ロ~と歌う所が

ツボなんです。

変則といえば、初演サザンクロスレビューのエトワールも印象的。

97’当時の花組若手男役五人によるエトワール。

朝比奈慶、瀬名じゅん、麻園みき、朝海ひかる、春野寿美礼。

今考えると、豪華ですねー、現トップが3人も。

でも実を言うと、これを最初に見た時、一番上手なのは朝比奈慶

ちゃんだ、と思ってました。

コムちゃんは・・まだ発展途上・・オサさんも上手だったけど、まだ

女の子声だった気が。

変則ついでに変わりダネで好きなのをいくつか・・

『マンハッタン不夜城』は、衣装がカラフルで、パレードの持ち物が

細長いポンポンのようなので、しかも4人もエトワールがいて

面白かった。

メンバーは星野瞳、樹里咲穂、成瀬こうき、千ほさち。

グロリアスは、特にエトワールというのがなく、確か何人かが

ずっと大階段の真中あたりにいて歌っていて、トップが降りる

前に少しずつ降りてくるというもの。

凱旋門も、歌い上げるエトワール、というのがなくて、しばらくセンター

不在で降りてきた後、コムちゃんが降りた頃くらいから歌が入る、

という形でした。

最近では、ドリームキングダムの娘役3人エトワール。

ショーの内容にふさわしく、ちょっとエキゾチックな雰囲気の歌で、

個性的な歌手である愛さんにぴったりな気がします。

そして両脇にいる、晴華みどりちゃんと湖城ゆきのちゃん。

コーラスが主でしたが、綺麗でしかも迫力のある声。

長めでしたけど、ショーの本編の雰囲気に浸ったまま、パレードに

突入出来ました。

変わりダネと言えば、トップ娘役のエトワールもたまにありますね。

つい最近では、ワンダーランドのまーちゃん。

ちょっと細い声だけど、透明感があって好きです。

でもまーちゃんのエトワールは、ザ・ビューティーズの方がもっと好き。

大分前では、ハイパー・ステージのみはるちゃん。

みはるちゃんの声、大好きでしたー

艶のある声っていうのか、声があふれ出る感じで聞き惚れましたね。

ベルばら2001のおハナ様は・・うーん、エトワール向きじゃないかなー

とは思ったけれど、そつなくこなすんだなーとも。

当時、アントワネットをするわ、エトワールをするわで、こりゃあいよいよ

退団か?と思ったのですが、あれから早4年(遠い目)・・



そのべるばらのエトワール、気になりますねー

星ばらは、オスカルが全日程特出なので、特出エトワールかなあと

予想しているのですが・・

となると、トップバッターはコムちゃん?

花サザンクロスレビューから幾年月、去年のアプローズ特出では

おおっ聞かせてくれるようになったわ~と感激していたので、楽しみ

ですね~(イタタなファンなもので・・)

雪ばらは・・予想は特出トップさんの時はトップさん、雪メンのかしミズの

時は別のエトワールではないかと・・

誰かは、想像つかないけど・・又まーちゃんだったりして。

雪ばらはちょっと先ですが、考えてみたらあと二週間ほどで

星ばらの初日なんですね。

楽しみ~(あ、演出じゃなくてね・・)

テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/17 23:25 | 宝塚→全般COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

足りない・・

全ツが終わり、スカステのコムちゃん特集のような放送も

ひととおり終わると・・

俗にいう『コム欠』という状態になります。

雪ばらのお稽古風景はまだ流れるわけがないし、What’s upもまだ。

あ~新鮮なコムちゃんネタが欲しい!

まあ、まだなものはしょうがないので、お正月公演の星ばらの

稽古風景にオスカルトップバッターのコムちゃんが映っていることに

期待することにしましょう。

考えてみれば、お正月まで後二週間あまりなんですね。

ついこの間まで全ツで全国をまわっていたと思ったら、休む間もなく

稽古に入り、そしてお正月早々からお仕事。

よく元旦から舞台に立てて、舞台人として幸せです、みたいな事を

皆さんおっしゃいますが、見てるほうからすれば、お正月から

仕事か、大変そう~ってつい思っちゃいます。

特出終えたら、今度は自分の組の稽古、そして本番ですからね。

でもそれはコムちゃんだけでなく、星ばら、雪ばらに特出される

方みなさん強行スケジュール。

本当に身体は大事にしていただきたいですね。



ふと思いました。

星ばらの販売メディア、本編オスカルはコムちゃん収録と某所で

聞きましたが、では他のオスカルズは特典ディスクでダイジェストかしら。

4人分の特典ディスク・・一枚で済むのかな?

本当は全員フルで見たいところですが・・ダイジェストの可能性が

高そう・・

では、トップさん3人が特出する雪ばらはどうなるのかしら?

まさかトップさん一人につき一枚の特典ディスクでダイジェストではなく

フルとか。

そのくらいしても、ベルばら祭りに踊りついでに買ってしまいそうな

自分がいます。

もしかして、星・雪合同ベルばら特典ディスクBOXとかね。

あ~いかにもTCAで出しそうな雰囲気。

すでに欲しくなっている自分が恐っ






テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/16 01:17 | 朝海ひかるさんのこと→色々COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

雪ばらチケット

雪組ベルばら、大劇場遠征決定~~

友会先行で、取れてしまいました、雪ばら。

何回も書いてますが、土曜にしか行けないため、特出トップさんアンドレも、

限られた日しか行けなくて。

あさこさんアンドレの最終日の前日しか無理そうだったので、ダメ元で友会先行に

参戦したのですが・・

平日ですらも激戦が予想されたので、土曜は無理だろうと諦めモードでした。が!

アサドレ見られるんだ、うれしい~~~

我ながら、電話で当落を照会してから思いのほかテンション上がってます。

やはり自分のご贔屓のジェンヌさんが宝塚といえば!というような演目の主演を

するとなれば、見る方も力が入るわけです。

でも、最近は風と共に去りぬや、うたかたの恋、エリザベートですらまた??

ってな反応になって来ているのではないかと思われます。

それがベルばらなら、尚更。

私も初めはえ~ベルばらあ?と思っていました。

オスカル、似合うだろうけど・・あの芝居やるのか~なんて。

なのに、制作発表を食い入るように見て、プロモに興奮し、ポスター撮影にうっとりし・・

チケットが取れたらこのテンションの上がりようですから・・

恐るべし、ベルばら。

十年以上宝塚ファンをしていても、ベルばらマジックに掛かってしまうのか。



チケットが取れたら、今度は演出やらフィナーレの構成やらが気になりだしました。

ニュースによると、星ばらではわたるフェルゼンと特出オスカルによる『小雨ふる小径』の

デュエットがあるそうで。

コムちゃん、ゴールデンステップスでは男を、星ばらでは女を踊るのね。

星ばらは、小雨ふる小径のデュエットと薔薇のタンゴ、ボレロ、大階段の

オマージュ・・という組み合わせらしい。(順番は?)

雪ばらのフィナーレはガラッと変わるとの事・・どうなるのかなー??

本編の演出は既に想像つく部分が多いので、せめてフィナーレではファンの

見たいものを見せて貰いたいわ。






テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/12 22:22 | 宝塚→雪関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

見てみたい役

宝塚ファンであれば、誰もが自分のご贔屓さんがあの役をしたら・・とか、
誰それさんと誰それさんがあんな芝居をしたら・・という『妄想配役』を
考えたことがあると思われます。
宝塚ファン歴十年の私も、もちろんさんざん考えました。

大分前、久世さんの退団公演の頃。
丁度イギリスの作家、ジェフリー・アーチャーの『ケインとアベル』を読んでいて、
ふと閃きました。これを、久世さんとマミさんで!
どっちかというと、アベルのほうが波乱万丈な気がするので、久世さんがアベル、
マミさんがケインがいいなーと思ってました。
難点は、ヒロインが見当たらないこと。
唯一ヒロインっぽいケイトは、ケインの恋人、後の奥様だし・・・
マミさん、ノルさんと続けてウエストサイドをした時、次はやっぱり宙で、
姿月さんのトニーが見たい!と願っていました。
上演権が終了したのか、実現しなかったけど・・
じゅりさんが宙に来てたので、じゅりさんのアニタ再び!な願望もあったんですけど。
トム・ハンクス&メグ・ライアンのユー・ガット・メールを初めて見た時、
なんか現実離れしたファンタジーだなあ・・と思って。
現実離れなら宝塚の専売特許。
マミさん&ゆうこさん、似合いそうだなーと思ってました。
大劇場ではなく、ドラマシティあたりで。
ま、もう無理ですけど・・・

まああまりあり得ない映画の舞台化はともかく、過去の作品の再演希望って
結構多いと思います。
ついこの間終わった、雪組全国ツアーの銀の狼も、再演希望が
高かったと聞きました。
大分まえに杜けあきさんの忠臣蔵を見た時、今でも上演したら迫力ありそうだなあと
思いましたが、大作なだけに、難しそう。
哀しみのコルドバや紫子なども、今又見てみたい気がしますね。
コムちゃんについては・・・見てみたい役は多々ありますが・・
何かを背負った役があまりにも多いのは、やっぱりそういう雰囲気が似合うから
なんでしょうか、そういう系でもっと突き詰めた・・・頭に『悲劇の』ってつくような
役も似合うのではと思います。
最近BSで義経の予告を見ていいな~と思ったんですけど・・・
単に甲冑姿が見たいだけなのかも。
でも義経って『悲劇の武将』ってイメージがあるんですよ・・
お兄さんである頼朝に自分の心情を訴える文があるところなんか、ちょっと
睡れる月の御信津クンとダブったりして。
たまには明るいフツーの青年も新鮮でいいのかもとは思いますが、コムちゃんの
眉間のしわにファン心をくすぐられる自分としては、やはり何かを背負っている方が
好みなのかも。
てな訳で、来年の演目も気になる所であります。
今年のうちには、発表になるのかしら?



テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/11 16:08 | 宝塚→全般COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

デュエットダンス

今日はヒマだったので、録りためたHDDの映像をまとめてディスクに
落とす、という作業をひたすらやっていました。

随分前にコムちゃんのダンス名場面ディスクを作ろう!と思いつき、
お披露目のショーからちまちまと録りためていました。
まとめてディスクに落とした後、通して見てみたら・・・
お披露目のJOYFUL、2作目のレ・コラージュ、ぐらいまでは
フィナーレに大階段前のデュエットがありました。
でもその後の3作は、なかったんだ、って気がついたんですねー
グローリー、ドリームキングダム、ワンダーランドと、何れもフィナーレの大階段では、
男役群舞がメインになっていて。
ドリキンでは、パレードの前にちょこっとだけ、ワンダーランドもあれっもう終わり?
っていうようなのはありましたけど・・・

男役の群舞も、そりゃあ大好きではあります。
グローリーの黒燕尾、ドリキンの変わり燕尾、そしてワンダーランドのガイと、
最近雪ショーのフィナーレの男役群舞は良い場面ばかり。
でも、レ・コラージュのフィナーレのデュエットが本当に素敵だったので、
あれを超えるデュエット、踊ってほしいんですよねえ。

初めて宝塚のショーでデュエットダンスっていいなあと思ったのは
宙組のザ・レビュー99’のエデンでした。
出雲さんが歌う『エデン』もすごく素敵で合っていたし、姿月さんと花ちゃんの
ブルーの衣装がひらひらとダンスと一緒に舞うのがとても綺麗だった。
あとは、ノルさんのお披露目ウエストサイドのフィナーレのデュエット。
ゆりちゃんのしなやかなダンスに目を奪われて。
ここ数年では・・コム&まーちゃんばっかり・・
JOYFULのフィナーレでは、寄り添うまーちゃんに対してまだ
堅めなコムちゃんでした。
でも、2作目のレ・コラージュのデュエットでは二人ともとっても場面の
雰囲気に嵌っていて素敵でした。
哀しいような、切ないような・・そんな雰囲気に表情や振り、それに白い
衣装がぴったりで・・嵌りましたー
グローリーでのロマンスも素敵だったんですけど・・
『雰囲気に嵌る』でいうと、『あの日見た夢に』のフィナーレのデュエットが
忘れられないですねー
お話のラストの延長上にあるような、すごくベタな表現ですが、マイケルと
エリーは天国で幸せになれた・・そんな二人の表情がたまらなく切ないんですよ。
あまりない設定では、ディナーショーでのスパニッシュ風のがありました。
こちらは、二人ともひたすらカッコイイ。
ちょっと離れた振りの後、近づいてまた離れる時、まーちゃんをチラッと見る
コムちゃんの眼差しがまたいいんですよねえ。
こんなカッコイイ系の、ラテンとかスパニッシュとか若しくはタンゴとか・・
見たみたいんですけどねえ。

・・・でも、次はベルばら。
下手したらデュエットないかも知れない。
メインはアンドレとのボレロになりそうだし・・・
そこを何とか、たっぷりめなデュエットを是非!
お願いしますよ・・・

テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/10 23:46 | 宝塚→雪関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コールドケース

第1シーズン、終了してしまいました。
初回放送から見てみて思ったのは、回を重ねるにつれストーリーが込み入って
くるようになり、犯人もすぐ目星がつくような感じではなくなってきて。
最後、意外な犯人が・・みたいなパターンも多く、どんどん面白くなってきた気がします。
かといって安易にたくさん容疑者を作ってる、みたいに作為的なところはないので
見ながらどんどんストーリーに引き込まれました。

外国のミステリードラマは好きですが、女刑事が主役のってどうなのかなって
思っていました。
でも、見始めたらすっかりリリー・ラッシュの魅力にはまりました。
さばさばしているようで、細かい気遣いを見せる女性らしい所もあって、、
でもここぞと言う時には、思い切りよく犯人を追い詰める・・
なんか見ていてすごく感情移入出来るというか。
何回目からか出てきたスコッティのとのやり取りも好きですね~

後、必ず未解決になった事件当時の音楽が流れるのも、見てるほうに
過去が蘇ったという気分にさせるのだと思います。
アメリカの音楽とはいえ、見ている私にも『ナツメロ』なわけで・・
学生の時にヒットした曲が流れたりすると、タイトルも思い出せないのに
たまらなく懐かしかったり。

来年には、CSIニューヨークとともにコールドケースも第2シーズンの
放送決定だそうです。
今から楽しみ!

テーマ : 海外ドラマ(欧米) - ジャンル : テレビ・ラジオ

2005/12/09 00:55 | テレビ→海外ドラマ(CSI・他)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

雪ばら配役

発表になりました。
まあ、メインの役柄の人たちはすでに発表になっているので、後は
役替わりの影響のある若手の人たちや、娘役さんの役、それに新人公演の
配役がどうなるか・・

かしげさんと水さんがそれぞれアンドレをしているときのジェローデルとアランは
やはり予想どおり壮クンと桂ちゃんでした。
しかしジェローデルとアランをしていない時の壮クンと桂ちゃんが、
メルキオールとジェロワール・・
確か、二人とも衛兵隊だったような。
2001の時は、鳴海さんとかよこさんだったような・・
メルキオールは例の子守唄?のところでソロがあったような気がするけれど、
ジェロワールはどうかな~
娘役さんでは、あみさんがオルタンス・・・
うーん、あの花を持って歌うオルタンス?確かにオスカルのお姉さま方の中では
年長さんではあるけれど。
シナちゃんはディアンヌでした。
かなめさん月版のような作りだったら、ディアンヌって結構良い役だった気がします。
後の娘役さんは大体、オスカルのお姉さまズか、衛兵隊の家族関係みたいですね。
そして若手の男役さんは大体衛兵隊。
やはり、今回もオスカル子守唄歌うのかなあ。
2001の時には、宝塚ファンになって大分経っていたのに、あの子守唄の場面は
久しぶりに恥ずかしかった、かも。
おお、それから悶絶婦人と失神婦人が出ないのは目出度いと思われます。

新人公演は、大方の予想を裏切って沙央くらまオスカルに晴華みどりロザリー、
鳳稀かなめアンドレに緒月遠麻アランでした。
かなめちゃんととおまクンの同期でオスカル&アンドレかと思っていたのですが・・
まあでも、そう聞いて見ればイメージ的には合っているかも。

こうやって配役が出ると、あーやっぱりやるんだ、と今更ながら実感します。
コムちゃん、そして雪組ファンですから、色々あっても楽しみ所を見つけて
楽しみたいとは思っているんですけどね・・チケットが取れれば。
土日しか行けないので数申し込むのが出来ないんですけど、
とりあえずダメ元で大劇場役替わりチケット取りに参戦します。

テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/05 21:00 | 宝塚→雪関連COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

スカイステージ

一日に全国ツアー銀の狼の楽映像が流れ、録画はしておいたのですが、今日やっと見ました。
なんせ、昨日~今日のお昼くらいまで風邪薬を飲みつつグタグタしていたので・・
映像で見ただけでも、地元で見たときとはずいぶん違うんだなーと思いましたね。
何より、歌がぐっと良くなっていたなと。
初日映像を見た時は、コムちゃん歌頑張ってる!と思いましたが、地元での生観劇では、
あ、ずいぶん歌い込んだんだと感じ、楽ではシルバの心情を吐露する歌になったんだなと
感じて・・・
歌って、歌い込むほどにどんどん変わっていくのが面白いと思うんです。
もちろん、お芝居もダンスも回数こなすほど変わっていくとは思いますが・・
自分が学生時代、コーラスですが歌っていたからそう思ってしまうのかもですが。
ミーハー的に言えば、コムちゃんの苦悩する表情にぐっとくるので、更に深く
苦悩している楽映像はツボに嵌りまくりでした。

今日は今日で、とうこさん、おっちょんとの同期トークのファーストラン。
三人一緒に雪にいたときには、カワイイ三男、という感じだったのに、今回は
ホストとしてトークを仕切っていたコムちゃんが微笑ましかったですね。
大変な時期を一緒に過ごした同期という事もあってか、コムちゃんもとうこさんも
ちょっと甘えたさんな雰囲気も出ていて。
やっぱり同期というのは特別なんですね。

今日はこの後、去年のディナーショーの放送もあります。
ロマンス・ド・パリのヴァンサンからはまり始めていたものの、スサノオを見て、
コムちゃんに嵌った!と自覚してつい衝動買いしたディナーショーのビデオ。
DVDだったら良かったのに、とずっと思っていたので、今回MYDVD化出来るのが
嬉しいですね~
どの場面もかなり好きですが、あまり本公演のショーにはないスパニッシュの
場面のデュエットが好きで、テープを何回も巻き戻しては見ていました。
まーちゃんとのデュエットでこういうのはあまりないので(ラテンは花特出の時に
ありましたけど)、新鮮だし、二人ともカッコ良くて素敵です。

明日は青い鳥/ドリームキングダムのファーストラン。
青い鳥はともかく、ドリームキングダムはどんなアングルなのかすごく気に
なりますね。
生の舞台なら自分で色々観る場所を変えられるけど、映像はアングルで印象が
変わってしまいますし。

そんなこんなでここ数日ファン的には嬉しい放送日程。
全国ツアーの地元観劇が終わってから、コム欠が続いていたので一気に
満たされるようで幸せです♪

テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2005/12/03 22:57 | スカステ→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。