スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

星太王四神記の見おさめ

花、星と見た太王四神記、今日が見おさめになりました。
とりあえず、今のところ当分再演の予定はない・・よね。
展開とかセットとかキャラとかけっこう好きだったので、また時間をおいてどこかの組で見たい気がする。
まあ、その時も小池先生が人に合わせて変えてくれたら、ですが。

やっぱり組が違えば人が違うわけで、それを一番感じたのはやっぱりヨン・ホゲだったんですよね。
人によって感じ方は違うと思いますが、今回のかなめヨン・ホゲはなることができないチュシンの王に、なりたくてもなれないことがよーく分かってて、もがき苦しんでいたなあと。
それが、見ていて切なかったな~
花版のヨン・ホゲは、器的には十分王になれる人だったんじゃないかと思ったんです。
でも、星版を見るとどう見てもタムドクがチュシンの王だなと思えた。
親の気持ちもあって、しかもキハも登場して、「王になりたい」と思ったヨン・ホゲだけど、「チュシンの王」はタムドクだ、と心の底では分かっていたんじゃないかな。

それで、「行きつく先は地獄しかない」とか、「もう後戻りはできない」なんて口にするのを聞くと、なんかキリキリと胃が痛むような、つらかったんじゃないか・・なんてつい想像してしまってました。
また、かなめちゃんの表情が、鬼気迫る顔をしたかと思うと、すごく切なそうな苦しそうな顔をしたりするんですよね・・
そこで、美貌による底上げがあったとしても、やっぱりかなめちゃんがガーッと入り込んで見せた顔だったと思うので、そこでまたまたじんと来ちゃったりしたのでした。

それにしても。
花、星と合わせて4回くらい見ましたが、タムドクが怒りに震えてライトセーバー(違)を掲げるとこは、毎回テンションあがりました~
あそこでタムドクが、思いっきり「ちちうえー」と叫んでくれると、「ライトセーバーキタ~~~」と脳内で思わず叫んでました。
あと、高句麗一武道会とか高句麗軍とタムドクの軍が戦う前の、高句麗軍のフォーメーション?とか、なーんか好きでしたね。
舞台が廻ってああいう場面が見えると、つくづく小池先生こういうとこダントツに上手いなあ、と思ってました。

スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/09/13 01:18 | 観劇関係→星COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

新たなる王の旅立ち

見て来ました!「太王四神記 VerⅡ」
神話部分の説明が簡略化されて2幕はじめになったり、タムドクの登場の仕方がガラッと変わったり、城壁の場面がおっきなタムドク&ヨン・ホゲになったり・・
自分が覚えてただけでも、ずいぶんと花バージョンからは変わってました。
さらに、同じ歌・同じセリフでも、人が変わったらこんなに違うんだっていうのも、よーく分かって面白かった。

まず、タムドク全然ひ弱に見えなかった・・^^;
出てきたときから、女ばかりの近衛兵士には勝ててるっぽいし。
武術に優れているはずの、ヨン・ホゲよりも始めから強そうだったなあ。
嘆いていても、どこかドンとしたところがあって、どう見てもこの人が「チュシンの王」だなーと納得できるところがありましたね。

そして、ヨン・ホゲはとってもヘタレで、神経質そうで、誰よりも美しかった~
始めの方は、美しいお顔がすぐ困り顔になっちゃって、線が細そ~な武人だった。
でも、母が自害したあたりから、だんだん狂気にとらわれていくところが凄かった・・
特に、マッカツ村?あたり。
本来の自分を置いて、狂気が暴走しているようなところが、あの美しさにあいまって壮絶でした。

ま、取りあえず今日はちえちゃんのドンとしたトップさんぶりと、
星組で頑張ってるかなめちゃんと、
そして相変わらずの濃ゆ~い星組さんの雰囲気を、十分に堪能してきたというところでした。
今度は一人ですが、来月楽近くにまた見ます。


FC2拍手コメントありがとうございます!
↓にてお返事いたしますね~





続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/08/23 22:32 | 観劇関係→星COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

マイディア~/アビヤント

なにぶん1回しか見ていなくて、そのために色々と感想を拾い読みしてから行ったので、始まってからも色々と余計なことを考えてしまって・・
それでも、ジェイの歌う「My Sweet Black Bird」が切なくて、自分が生きたいように生きられなかった、ルルが悲しかった。
でも、過去のジェイで情熱がほとばしる若者と、現代のジェイで過去に想いを残した大人の男を演じたとうこちゃんはともかく。
あすかちゃんのルルは、設定どおりの美しさで設定も嵌っていただけに、ラストに近づくにつれフェイドアウトのようにいなくなってしまったのはちょっとなあと思ってしまった。
「本当の自分」を見せないルルが、My Sweet~を歌うジェイに寄り添うところ、ルルの安らぎを感じた気がしました。
しぃちゃんのアンダーソンは、凄みのある大人の男で、それはカッコ良かったです。
ルルを失った後、彼がどうなったか知りたかった気もする。
後、これもラストのしみこちゃんが、本当に生き生きと歌い踊っていたのが、良かった。
とっても良かっただけに、やっぱり惜しいなあとも、思ってしまいました。

ショーはねえ・・
大介先生ならではの、これでもかと退団する人たちが笑顔で活躍する場面があって、もう始めからずーっとじわじわじわじわと涙してしまいました。
あの、ロープを着て初舞台のお人形を眺めているとうこちゃん、たまりませんでした。
フィナーレナンバーで、ちえちゃんが歌って、男役の群舞があるっていうのも、宝塚の醍醐味だなーと思いましたね。
そのあとの、とうこちゃんの歌いあげが響き渡ったあとの、拍手がすごかった。
これでラストなんだと実感して、寂しさがこみあげて来てしまいました。
パレードではテーマ曲はアップテンポですけど、今更ながら「アビヤント」という意味が胸に迫って来て・・
今までの思いとお別れの気持ちも込めて、拍手していました。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/04/20 00:03 | 観劇関係→星COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

星組版・ブエノスアイレスの風

とにかく、見て良かったです。
ちえちゃんのお芝居、ダンス、歌、そしてそれぞれのキャストとの絡み等々、実際劇場に行って見て良かった。

私は初演は映像でしか見ていませんが、それでも結構印象は強烈でした。
なので、それがどうしても頭に浮かんでしまうかなと、ちょっと心配だった。
でも、そんなことは全然浮かばず、ひたすら「ブエノスアイレスの風」の世界を見て、浸ることが出来ました。
ちゃんと、星組版・ブエノスアイレスの風になってるなと思いましたよ。
昨日が初日で、まだ今日が2日目。
だから、もうちょっと硬い感じかなと思ったけど、あんまりそんな印象は受けなかったな・・



続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/11/02 23:43 | 観劇関係→星COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ラストスカピン

楽しんで来ました!
実は、最初で最後の1階席だったのです。
そんな超前方じゃないけど、オペラ使わなくても十分よく見える席。
しかも、ど真中でした。
1階ならではの臨場感を、たっぷり味わえて嬉しかった~

で、今日のアドリブ。
貸衣装は、
パ「白いスーツに赤い花つけて」
シ「・・・・」
パ「ラーメン、つけ麺、僕?」
はいっとばかりに、ショーヴランに振るパーシー。
ショーヴラン、無言のまま・・おかしいなーとばかりに、たたみかけるパーシー。
「A面、B面、僕?」
シ「・・・・??」
「まさか、知らないのか!?」
パーシー、ちょっと素でびっくりしていたような。
「知らないなんて思わなかったよ~」と言いつつ、引っこんで行きました。
ちえちゃん、ほんとに知らなかったのかな??と思っていたら。
2幕の舞踏会の控え室でのパーシー、「君がスカーレット・ピンパーネルじゃないのか!?」と、ショーヴランにさんざん絡んだあと、「イケメンくらい覚えとけ~」と言い放って引っこんで行った・・・
やっぱり、ほんとに知らなかったのかしら。

最後なので、4回観てツボだったことを並べてみます。
★最初のコメディ・フランセーズで、マルグリットに矢を射るジェスチャーをするパーシー、射とめられた仕種をするマルグリット。
結婚相手として自分の名前を明かすマルグリットを見て、すっごく嬉しそうなパーシー。
甘々だわ~~

★リプライズ(って言うのかな?)のマダム・ギロチンでの、「我らの女神!」の一声にゾクゾクッとします。
あれは、ショーヴランが言ってるんですよね?

★パーシーの邸宅での場面。
マルグリットが「あなたを見つめると」を歌っているときの、ジェサップの落ち着いた物腰が好き。
新聞を片付け、お茶をセッティングし、パーシーからカップを受け取り・・
ちょっと心配そうな様子を見せている。
感情を表にはあまりあらわさない、イギリスの忠実な執事・・って感じがします。
でも、「男とお洒落」で一緒に踊ってたりして、ちょっとお茶目なとこもあって可愛い。
ラスト近くでは、シャルルを抱きしめていたりもしていて。
ブレイクニー家のぼっちゃんであるパーシーも、あんな風に面倒を見てきたのかなと思ったりしました。

★フィナーレのロケット。
ちょうどセンター付近で踊ってる真風さんて、すっごくミズさんに似てますよね~
初めて2階からロケットを見たとき、目は帽子であまり見えなくて、唯一見えてる口元がそっくりでした。
まるでミズさんがロケットやってるみたいだった。
スタイルもスラリとしていて、目立ちますね~

★同じくフィナーレの大階段での、サーベルを使った群舞。
ちえちゃんがサーベルを口元に持ってきたなーと思ったら、スッとキスしたのをばっちりオペラに入れて見ちゃいました。
しかも、舞台に目線を飛ばしながらそれをやっていた・・
その瞬間、ズギューン!と来ちゃいました。
それだけじゃなく、踊ってる間じゅうあちこちにガンガン目線を飛ばしてましたからねえ。
ああいうのに弱いんですよ~


もう、明日が楽ですね。
とにかくナンバーもお芝居も華やかな衣装もセットも、すべてが嵌っている公演でした。
思う存分見られて、楽しかった~


◆FC2拍手コメント、ありがとうございます!
↓にてレスいたしますね~








続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/10/04 23:31 | 観劇関係→星COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

センターの幸せ

今日は、いつものごとく2階席でしたが、友会で取れた席だったのでドセンターでした。
なので、とうこちゃんと何回真正面に向き合ったことか♪
気がつくと私の方を見上げて、とうこちゃんが歌っていたんですよ~(錯覚ですけど^^;)

今日の絵のポーズは、懐かしの「キャイ~ン」。
で、オススメの衣装は、金太郎さんでした。
ショーヴランが「結構です」と言うと、しつこくショーヴランのお腹の上で、前掛けを指で描くパーシー。
金太郎だなんて、思わず顔がちえちゃんの金太郎を想像しちゃいましたよ。

今日のお買いもの。
結局、終演後にシャンテのキャトルでとうこちゃんのステージヒストリーと、きりビルのポスカを買いました。
ステージヒストリーは写真ばかりかと思ってたのですが、ところどころにインタビューが織り込まれていて、かなり濃い内容。
これまでの転機や、それについて思うことなど、とうこちゃんらしく自分の言葉で答えていたのが、すごく良かったです。

きりビルポスカは、マリア公爵夫人との教育場面のです。
右手の指を立てて、左手は腰に当てて左方向を見て笑ってる・・
「とってもドライなシェリーだよ、ハリー」のところじゃないかと思うんですが・・どうでしょう??




テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/09/27 22:04 | 観劇関係→星COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

登れない山、渡れない河

「ひとかけらの勇気」、サビの部分も好きですが、この♪登れない山、渡れない河、数多の障壁乗り越えて~のフレーズが、初めて聞いたときから好きでした。
聞いてるほうも、なんだかテンションが上がって、勇気が湧いてくる気がします。

今日で2回目のスカピン。
どのナンバーも耳に馴染みやすくて好きですが、とりわけ好みの曲の、好みのフレーズが出て来ました。
「ひとかけらの勇気」以外だと・・

「あなたを見つめると」は、歌い出しの「あなたを見つめると」と、「愛した人はいない」のところが好き。
マルグリットの切なげな歌い出しも好きだし、フィナーレでのとうこちゃんが静かにしなやかに歌うのも好きです。

「君はどこに」は、たぶん好きな人は多いんじゃないかと思うのですが、囁くように歌う♪マルグリット~のところ。
あまりにツボに嵌りすぎて、ぞわぞわっとしてしまう。
また、ちえちゃんの囁き声がいいんですよね~

1回目ではよく分からなかった、ピンパーネル団の面々。
今日見たら、パーシーを支えるデュハーストの頼もしさがすごく見えて来た。
どっしりと、頼りになる大人の男ですね~
彼女に対して言うことも、男らしくて素敵でした。

絵のポーズって、毎回色々と変えてるらしいと聞いて、今日はパーシーをガン見。
「サタディー・ナイト・フィーバー」のトラボルタのポーズでした・・^^;
そして、「オススメの衣装」が可笑しかった~
うろ覚えですが、「いい水着があるけど、3人がかりでないと着られない」「どう?」
これって、あの・・・て考えてたら、ショーヴランが「スピードレー○ーは結構です」って言った!!
そうそう、ソレソレ!とウケてたら、パーシーが「なんも言えねぇ」だって。
引っ込みながら、もう1回「なんも言えねぇ」と言ってました・・・
そのあとの、「あの男のどこがいいんだ」「予測のつかないところかしら」が、ものすごいウケてましたよ。
とうこちゃんの、あのしれっとした顔でアドリブを言うところが、たまらなく面白かった。

マルグリットを信じ切れない切ないパーシー、ショーヴランを煙に巻いて面白がってるパーシー、仲間たちと生き生きと歌ってるパーシーと、色々な顔をくるくると見せてくれるとうこちゃん、ほんとにスゴイですね。
パーシーのナンバーは歌いあげる大曲が多いけど、曲に負けていないというか、とうこちゃんの声がわ~っと曲を包み込んでいるようで、聞き応えがあるし。
スカーレット・ピンパーネル全部が、星組にぴったりと嵌っているので、見て聞いていて、本当に気持ちがいいんですよね。

気持ちがいいと言えば。
フィナーレのちえちゃんの「ひとかけらの勇気」も、すごくいいですね~
劇中のショーヴランのナンバーは、お芝居中だからか結構力も入ってると思うのですが、フィナーレの時は程よく力が抜けていて。
元々低音が出る人だなと思っていたけど、高音がすごくきれいに伸びていたのが良かったです。

だんだん公演期間が残り少なくなって来たのが寂しいですが、取りあえず私はあと2回見る予定で、次は来週の土曜。
観るごとにツボが増えていくので、楽しみです。






テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/09/20 00:05 | 観劇関係→星COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ひとかけらの勇気

前々から楽しみにしていたスカーレット・ピンパーネル、ようやく見て来ました。
話には聞いていましたが、あのナンバーの数々、すごく耳に残りますね~
まだ「マダムギロチン」やら「ひとかけらの勇気」が、頭の中をぐるぐるしてます。

ちょっとネタばれもありますので、続きは↓で。
FC2コメントのお返事も、↓でいたしますね~






続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/08/30 22:14 | 観劇関係→星COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

海賊戦隊モノ?

多少予習はして行ったけど、まったくの初見でした。
サイトー先生のことだからツボりまくりだろうなーと思っていたら。
ラジャーって何なんだ・・
思わず脳内で、エルアルコンは戦隊モノなのかって、突っ込んじゃいました。
しかも、これを低音でクールに言い放ってるのが、はややと水輝さん(だと思うのですが・・合ってます?)なんだもの~
言ってる人たちはカッコいいんだけどねえ。

これに限らず、期待してた通り突っ込みどころ満載でしたー
でもそれが、逆にやたら嬉しかったり(笑顔)
女王陛下の場面が、あんなお笑いでいいのかとか、
レッドとブラックは、あっという間に仲良しになっちゃって、しかもやたら体育会系のノリなのはどうなのとか、
ブラック、黙って立ってたらめちゃくちゃ麗しいのに、喋るといきなり江戸っ子になるそのギャップがありすぎてツボだとか、
キャピキャピキャラのジュリエットが、ちゃっかり海賊仲間に収まっちゃってるのが、可笑しいやらカワイイやらとか、
そもそも小ティリアンと小ギルダってどこで会ってるのか、とか・・・
みんな、一応原作に入ってるキャラ設定やらエピソードやらなんですかね。
それとも、サイトー先生好みに変更されてるのかしら?
しかし、サイトー先生らしく後半に行くにつれキメ場面が続くので、スカッとはするんだけど・・
終わりそうで終わらない場面の連続にもなって、ちょっと長く感じちゃいました。

終演後に一緒に見た母とも話してたんですけど、こんな突っ込み所満載でも、とうこちゃんだから成立するんじゃないかと。
母曰く、「とうこさんだったからこそ、面白かったんじゃない」
母はもちろん原作が漫画であることも知りませんでしたが、スピードがあって面白かったんですって。
それと、「やっぱり歌がうまいよね~」と、言ってました。
それに加えて、今回黒髪ロングヘアがとうこちゃんにぴったりで、素敵でした~
クールビューティーなビジュアルに、低音のセリフも嵌っていたし。
ダーティーヒーローだと聞いてはいたけど、予想してたよりずっとダーティーだった。
でもそれが、すごく嵌ってましたね~

あすかちゃんも、キリッとしたアイメイクに低音のセリフで、貴族の女海賊っていう設定にピッタリだったなー
これも、あすかちゃんだから嵌ったんだなと思いました。
銀橋でバトルするトップコンビなんて、なかなかないですよね。
でも、そんなことが出来ちゃう2人がスゴイわ。
れおんくんは、なんと言ってもブロンドのロン毛が、超お似合いだった!
海賊だけど正義感があって、まっすぐなところもれおんくんに合ってると思った。

とにかく色んな役の人が舞台上にいて、あっちもこっちもとオペラが忙しかった~
サイトー先生得意のセリや盆を使いまくりで、それも見応えありました。
真ん中で盛り上がってると思ってたら、両側ではややと水輝さんがセリ上がったりと、装置フル回転。
そんな中では、やっぱりはややが素晴らしく綺麗で目を引きましたね。

で、ショーの方なんですが・・
アルゼンチンタンゴというよりは、コンチネンタルタンゴ系な振りばかりな印象でした。
宝塚っぽい場面と、まるでタンゴコンサートみたいな場面と、見ていて切り替えるのにちょっと違和感があったかなあ。
振りとかそれを踊っている人たちは、素晴らしかったんですけど。
とうあすのおじいさんおばあさんは、とっても可愛かったし面白かったけど、別にショーに入れなくてもと思う。
今回のショー、トップがコンビとして組んでるとこが少なめに思えたので、それより2人の場面をちょっとでも入れてくれればいいのにな。
場面的には、青のスーツ(だったかな?)のとうこちゃんと、色違いのシャツとパンツの男役さんたちが踊るとこと、ピンクスーツのあすかちゃんとれおんくんのとこ、たくさんの極楽鳥が出てくる(ゆかりちゃんの美脚)とこ、それとフィナーレナンバーあたりが、好みでしたし、オルキスダンス?のレクチャー場面は、ちょっと面白かった。


<29日追記>
「セリ上がりラジャー隊員」ですが。
あれは、はややと、水輝さんじゃなくてしゅんくんだそうです。
コメントで教えていただきました。
実は、見てる時かなり迷ったんですよね~
最終的に、頬のこけ具合で判断しちゃいました。
海馬がダメダメなばかりか、目まで節穴だったとは




FC2拍手コメントいただきました!
↓で、レスいたしますね~

















続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/01/27 00:18 | 観劇関係→星COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

さくら終了。

1時間で休憩って程よくていいな。
武者人形のとうこちゃん、何回見てもカワイイわ♪
「こらっお内裏くんっ!」てのが大好きだ~

2007/06/16 12:06 | 観劇関係→星COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。