スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

もう少しだけ、ダラダラと。

今日はずっと、堕天使とタランテラの音楽が入れ替わり立ち代わり
頭の中をぐるぐる・・
それと一緒に覚えてる映像が、パッパと浮かんだりして・・
ああ~早くまた見たいな~
でも、次にわたしが観られるのは、もう東京公演。
東京公演が始まってしまうことを考えるとヘコむなあ・・

というわけで、まだ公演の余韻に浸っているうちに、もうすこし
語りたいなと思います。


スポンサーサイト

続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/23 23:38 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

タランテラ1、2回目 その2

一昨日見たばっかりなのに、どんどん忘れていってしまうのが、悲しい・・
聞いたとたん、ドーン!と飛び込んできた音もたくさんあったんですけど。
歌詞も、なかなか覚えていられないものですね~

そういうわけで、その2です。
だんだん記憶がいいかげんなって来ちゃったので、違うとこもいっぱい
あるかと思いますが・・・


続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/22 18:17 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

タランテラ1、2回目 その1

やっとタランテラ・・
正直、見る前はやたら訳わかんなそうな、このオギーのショーを見て、
自分がどう感じるか予想出来なかった。
「見終わってみたら、なんだか???な場面ばっかりだった。
コムちゃんのダンスは凄かったけど!」なんてことにならないかと。
まあ確かに、1回目は意味なんか考えるヒマは無かった。
場面を追って、音楽を追って、歌い継がれまくりの歌を追って、さらに
ダンスを追って。
そうこうしてるうち、勝手に気持が反応していくんですね。
音楽に、くるくると変わるセットに、そして色んな歌声と共に目の前に
繰り広げられる、ダンスに。

その中から、「この歌詞が好き」って思ったり、「ここのギターの音が
いい」って感じたり、「この場面のダンスの、この表情が好き」って
パッと浮かんだり。
2回目は多少、端々で起きている色んな出来事にちょっとは目が
行きましたが・・
「何だろう??」と思ったりはしたけど、「こういうこと?」っていう
「読む」とこまで行ってないと思います。

なので、今現在2回見た時点での感想、ツボなところなど。
プログラムの流れというか、場面のはっきりした切れ目がよく分かりませんが、
とりあえずプログラムに沿っていきます。






続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/22 16:03 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

堕天使の涙1、2回目・その4

今度は、いろんな役がらのツボを思いつくままに。
思い出せるところから、やってみます。

続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/21 18:03 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

堕天使の涙1、2回目・その3

その3まで来ました。
やっと、それぞれの役のことに。
ここがツボだのかっこいいだの、痛いファン全開で行きます!



続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/21 16:48 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

堕天使の涙1、2回目・その2

さてさて、その2ですが。
その1の最後のほうにも書きましたが、堕天使の設定というかストーリー
そのものについて。
あて書きということで、8割方受け入れられるわたしですが、やはり
違和感を感じる部分はありました。
それは、
★宗教的な描き方
★ルシファーにとって重要な役割なはずのリリスの描き方
★ノエルの場面
★どことなく漫画ちっく

カトリック系の学校に通ったとか、クリスチャンであるとか、日常的に
キリスト教に関わった人でないかぎり、「神」とか「悪魔」とかって、
ピンと来ないと思うんですよね・・
ましてや、神と人間、神と天使をモチーフにするなんて、あまりにも壮大
なテーマで、ほんとは安易に触れちゃいけないことなのかもしれない。
なのでなおさら、堕天使って何?ってなっちゃうと思うんです。
天使なのか?悪魔なのか?
お芝居の冒頭でフィルムを使ってましたが、ああいうことこそセリフで
説明したほうがいい気がしたんですけど・・



続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/21 14:40 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

堕天使の涙1、2回目・その1

いや~ほんとムラまで見に行って良かった。
昨日の木曜が変則スケジュールで1回公演なのが、残念でたまりませんでした。

堕天使、さんざん賛否両論言われてますが、私は好きです、このお芝居。
だって、ルシファーってコムちゃんにしか出来ない役、まさにあて書き
だったから。
まーちゃんのリリスも、まーちゃんにしか出来ない役で、あて書きそのもの
だと思ったから。
ミズさんだって、えりたんだって、桂ちゃんだって、ハマコさんだって・・
言い出したらキリがないくらい、みなさんハマッていた。
こんなあて書きしてもらえるサヨナラ公演、当たりたくてもなかなか
当たらないと思うんですよ。
こんなまさにあて書きの妙という作品ということもあり、コムちゃん
以下、雪組全員でガーッと「堕天使の涙」という作品世界に入り込んで
いて・・
わたしも突っ込むことも忘れ、入り込んで見てグズグズになり、終わったら
なんだかグッタリしてました。





続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/20 23:43 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

蜘蛛の巣

ただ今、羽田からの空港バスの車中です。
お台場の観覧車の、赤や青やピンクや緑…カラフルな電飾がななめに走るのが、蜘蛛の巣に見えた…
は~影響されすぎですね。

2006/10/20 19:04 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

終わった~

20061020155314
なんかすごく消耗しちゃったよ…
この芝居とショーを続けて見るのってキツいわ。
今日のダンス耐久マラソンも、凄かった。
もはや人間とは思えません。
なのに、あの笑顔はなんなんだ…(涙)
銀橋でポーズしたときの拍手がすごくて、
その時のコムちゃんの息の上がりようがすごくて、
でも晴れ晴れとした顔で歌っていて…
名残惜しそうに見送る、えりキムがとっても印象的でした。
ていうか、手をのばした桂ちゃんが真ん前にいて(下手前方だったので)、
それを見て大階段を登って行くコムちゃんを見たら、たまらなかったんですよ…
1泊2日なんて、あっという間だった~
次に見られるのは、早くて1ヶ月後か。
例えまた大劇場に来ることがあったとしても、もうコムちゃんはいないんだな…
ということで、大劇場を帰りの花の道から撮ってみました。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2006/10/20 15:53 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

今日も今日とて

楽屋口にいます。
コムちゃんの入りは9時ジャストくらい。
白いシャツをはおってジーパンにデニムの帽子。
昨日よりゆっくりと、ニコニコしながらでした。
今日もえりたん、ミズさん、かなめちゃん、とおまくんと、ピンポイントながら、豪華な入り待ちでした。
それにしても、昨日のものすごいギャラリーは何だったんでしょう?
今日は割とフツーだった…
なんてことを打ってたら、桂ちゃんが。
東宝ではほとんど入り待ちはしないので、今日ぐらいのみなさんを見られて、数年分の入り待ちをした気分です。

2006/10/20 09:31 | 観劇関係→堕天使遠征COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。