スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ポケットサイズのおとめ

SANSPO.COMで発見したんですが、なんとサイズを変えて組ごとになったおとめが発売されるそうです。
その名も、「2009 Handy Takarazuka Otome」。
サイズは新書版になって、しかも

下級生にいたるまで、ひとりの生徒の略歴、顔写真、舞台化粧写真、さらにサインを1ページにまとめて掲載。


だそうです。
舞台化粧写真は、今まで研8からでしたものね。
おとめを持ち歩きたいかは、人それぞれですが、発想としてはなかなかイイんじゃないでしょうか。
どっちかっていうと、下級生ファンには嬉しいかもね~


FC2拍手コメント、ありがとうございます!
↓にてお返事いたしますね~
スポンサーサイト

続きを読む »

2009/08/01 01:17 | 宝塚→本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

宙組本

ザ・タカラヅカIV 宙組特集ザ・タカラヅカIV 宙組特集
(2009/06/11)
宝塚ムック

商品詳細を見る


ようやく、画像が出ましたね~
もう、東京公演が始まってしまったので、なんかギリギリ間に合ったって感じですが。
Amazonで詳細を見ようとしたら、近日発売になっていたのですが、歌劇6月号を見たら6月11日発売予定になっていたんですが・・
11日で合ってるのかな??
次回観劇が18日なので、その時チェックしようと思います♪

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/06/08 23:47 | 宝塚→本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

グラフ4月号

サヨナラ特集は、思いでの舞台姿やコメントがたくさん載るので、それだけでも涙してしまうものですが・・
今回、とうこちゃんの過去の役の写真が色々載っていて、宝塚ファンになって節目節目にとうこちゃんの出てる舞台を見ているんだなーと実感しまして。
新公時代から活躍していたとうこちゃんが、雪→星と異動して行って、トップさんになって、そして卒業していく。
時間は容赦なく過ぎて行くんだなあと思いましたね。
自分の宝塚ファンになってからの歳月と重なるものがあるので、なおさらそう思うのかもしれません。
そして、とうこちゃんもインタビューで答えていますが、なんといっても77期ラストということ。
同期が1人、また1人といなくなっていくのは、やっぱりさびしいものがあったでしょうね。
そんな同期、コムちゃん、オサさん、おっちょん、ケロさんの、とうこちゃんへのメッセージが載っていたのが、なんだかじんと来てしまいました・・

じんと来ると言えば。
とうこちゃんとちえちゃんのトークDX。
とうこちゃんが星に来てからの思い出話をして、「今はこんなに近くにいさせてもらえて」と、うるうるするちえちゃん。
きちんと実力をつけて、舞台で助けることが一番だと気づいて、頑張ったというちえちゃん。
そんな、ちょっとわんこみたいなちえちゃんを気遣うとうこちゃん。
読んでいるこっちまで、なんだかうるっと来てしまう、素敵なトークでした。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/03/18 22:44 | 宝塚→本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

とうこちゃんのメモリアルブック

安蘭けいメモリアルブック安蘭けいメモリアルブック
(2009/03/27)
宝塚ムック

商品詳細を見る


来週に発売のメモリアルブック、表紙が出ました!
マニッシュな雰囲気がカッコいいな~
CDのジャケットとテイストが合っていますね♪
発売は来週ですが、今月は緊縮財政なので、来月手に入れたいと思ってます^^;
そういえば、ちょっと前にシャンテのキャトルに、新公時代からのとうこちゃんの舞台写真がずらっと並んでいたんです。
そしたら、これはこの公演のとき、これは・・てな風に、ほとんど分かりまして。
ちょうど私がファンになった頃、とうこちゃんに新公主演がまわってきたりしてたので、買うようになった歌劇とかグラフとかで、よく見た覚えがあったからでしょうか。
メモリアルブックでも、懐かしいと思う記事や写真がたくさん載ってるだろうと思うので、それも楽しみです。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/03/16 22:35 | 宝塚→本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

遠野あすかスペシャルブック

遠野あすかスペシャルブック LA DONNA遠野あすかスペシャルブック LA DONNA
(2009/03/17)
宝塚ムック

商品詳細を見る


あすかちゃんのサヨナラ本、出るんですね~
この画像、お式直前の花嫁さんみたいで、とっても綺麗。
内容は、

星組主演娘役・遠野あすかの撮り下ろしポートレートと本人によるエッセイ、さらに初舞台から現在までの舞台写真で構成。退団する遠野あすかのすべてをお届けする1冊。


となっています。
娘役トップさんで、サヨナラ本が出るのってもしかして久し振りじゃないでしょうか。
娘役さんは、ポートも華やかだし目の保養というか、見て楽しめるのもいいですよね。
とうこちゃんのメモリアルブックはぜひ欲しいと思ってたけど、あすかちゃんのもいいな~

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/03/11 22:00 | 宝塚→本COMMENT(0)TRACKBACK(1)  TOP

歌劇3月号

昨日届いて、今日やっとじっくり読みました。
表紙のゆみこちゃん、メイクがいつもりよりはっきりメイクな感じで、似あってますね。

今回は、ポスター特集だそうで。
90周年から5年間分のポスターがズラッとならび、各組長・副組長のポスターについてのトークも載ってました。
各組揃うと、やっぱり月の組長・副組長は若いですねえ。
この5年間のポスターが並ぶと、やっぱり自分的には「スサノオ」に目が行っちゃうなあ。
このスサノオコスのコムちゃんを見て、ビビッと来ましたから。
バウはやっぱり「くらわんか」が、すごいインパクト・・

ツボだったこと。
雪組公演座談会の、「風の錦絵」でのオープニング。
石田先生曰く、「白波五人男風」だそうですが、そこのとなみちゃんの役がらが「岡っ引き」だって・・
ミュージカル風な場面だそうですが、岡っ引きとはねえ。
や、一応「女岡っ引き」だそうですけどね。
第一声が「名乗りやがれ!」なんですってよ。
ミズさんもとなみちゃんも、「チョンパ」を想像してたそうですが、そりゃ和物のショーのオープニングはそうですよね。
でも、ちょっと意外で、見てみたいかも。

そして、花組・ときめきの時間。
えりたん、ゆひさんとのスキンシップはキックだと、しっかり言いきってました^^;
ゆひさんによると、月でも誰かしらにちょっかい出したりはしてたけど、あんまりやり返す人はいなかったらしい。
でも、花では最初から本気でやり返してくる人(えりたん)がいたと。
なんか、やんちゃな兄弟みたいで面白かったなー

来月の表紙は、とうこちゃん。
サヨナラ特集なんてまだまだだと思ってたのに、もう来月なんですね。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/03/04 22:10 | 宝塚→本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

バウ・ボヤージュⅡ

バウ・ボヤージュIIバウ・ボヤージュII
(2008/12/19)
宝塚ムック

商品詳細を見る



バウホール公演の写真集だそうです。
98’の轟さんの「THE FICTION」から今年の星組の「ブエノスアイレスの風」までだとか。
実は私、バウホール公演が東上した時に青年館で観ることはあっても、バウホールで観たことってないんですよねー
宝塚大劇場に遠征したときに、バウも・・って思いついたことはあったんだけど、結局見てないのです。
1回、見てみたいなあと思ってはいるのですが。

そういえば、生観劇はしてないけどビデオで持ってた公演で、ズンコさん宙の時にあったその名も「バウ・ボヤージュ」っていうバウホール公演の主題歌コンサートがありましたよね~
古い公演の曲なんかは知らなかったけど、なかなか楽しめた内容だったなあ。
結局メディア化されないし、放送もされてない「結末のかなた」の曲が聞けたり、メンバーそれぞれのバウ初出演の時のエピソードのトークがあったり。
今やるのはちょっとキビシイかもしれないけど、本と同じような期間だったら知ってる曲も多いと思うので、聞いてみたい気がします。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/12/09 23:32 | 宝塚→本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

さすがフィンチ様

帰宅したらグラフ12月号が届いてました。
夕飯を食べてからついうっかり、のんびり読んでしまって、こんな時間・・
やっぱり、帰る時間が遅いとどうしても寝るのも遅くなっちゃいますね。

というわけで。
グラフ12月号と来たら、やっぱりLOVEペットラストですよね~
トリだからか、グレーの着物に袴姿のキリヤンの横に、紋付き袴といういでたちのフィンチ。
確かに、厳かな雰囲気に仕上がってます。

可笑しかったのは、グラフの雫。
その気にならないフィンチがふて~っと寝てたり、袴の後ろ姿を見せてたり。
果ては、専属スタイリスト・あさこちゃんまで出てきてました。
さすが、フィンチ様。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/11/18 23:58 | 宝塚→本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

グラフ11月号

最近は、すっかり発売日の1日前到着になりました。
毎度のことながら、自分的にツボだったところなどをちょこっと。

今回は、えりたん&あやねちゃんが表紙。
なんだか新鮮な並びです。
シックなお洋服を着て、パックがダークカラーな雰囲気でも、手をつないでガハハと笑っているような写真だったりするのが面白い。
二人の醸し出す雰囲気がほんとに「健康的」なんですよね~
篠山先生とのトークで、寄り添っていても「これから急流下りに行ってきまーす」みたい、っていうのは、あまりにもうまく言い得ていて、さすがです^^;
なんかやんちゃな兄妹がおしゃれしちゃいました、みたいな雰囲気でカワイイ♪


スペシャル対談は、ゆうひさんとリュウさん。
トークを読んでると、月組育ちの学年が近い二人、ほんとに仲がいいんだなーと思いました。
舞台上では男らしいリュウさんだけど、舞台意外ではオトメな「リュウちゃん」なんですね。
なんか、ゆひさんの「リュウちゃん呼び」に、ツボってしまった・・・
HOLLYWOOD LOVERの楽の時は、ゆひさんの組替えのことなど、色々紹介しなきゃいけないリュウさんを、当事者であるゆひさんも、すごく心配してたらしい。
リュウさんも、どういうふうに言えばいいか、なんと組替えする当のゆひさんに相談したとか。
そして、花に組替えしたあとのディナーショーを見に行って、そのHOLLYWOOD LOVERの曲を聞いて、リュウさん泣いてしまったそう・・
ついこの間の公演なのに、もう過去になった気がしてしまったと。
肩を組んで笑顔で並んでるお二人が、すごく嬉しそうでほっこりしました~

「Dress Press」は、となみちゃんでした。
「ソロモンの指環」のミストレスの黒いドレスと、マリポーサのパレードのピンクのドレス。
黒いドレスの方は、となみちゃんの色白さが映えて、まるで陶磁器で出来たお人形のように綺麗。
ピンクのドレスは、黒塗りに映えて可愛らしくてゴージャスですね~
黒塗りでピンクというと、ノバボサのカーニバル場面のエストレーラを思い出しました。
でも、お花の付いた頭飾りや、スカート部分がスパンコールで飾り付けられたレースだったりして、もっと豪華な雰囲気。
羽も薄いピンクで、ほんとに可愛いです。
雪、観劇はこれからの予定なので、楽しみ~

スペシャルピンナップに登場したキリヤン。
イエローのフードがついたパーカーに、なぜかネイビー×オレンジ?の手袋という出で立ち。
まるで匍匐前進してるみたいな体勢のまま、前方を見据えて手袋をした手を伸ばしている・・みたいなピンナップでした。
前髪をおろしていて、久々に少年ぽい雰囲気。


来月12月の表紙はタニさん。
そして、「loveペット」はキリヤンです。
もしかしてと思ってましたが、ペット特集?のトリを飾るのは、やっぱりフィンチ!!でした~




テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/10/19 22:21 | 宝塚→本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ヤングスターガイド2008

YOUNG STAR GUIDE 2008YOUNG STAR GUIDE 2008
(2008/10/21)
不明

商品詳細を見る


来月に出るとは聞いてたので、いつ表紙の画像が出るかと思っていたのですが・・
掲載は、全部で23人。

悠未ひろ、未涼亜希、桐生園加、華形ひかる、真野すがた、青樹泉、彩那音、十輝いりす、七帆ひかる、望月理世、星条海斗、凰稀かなめ、緒月遠麻、和涼華、彩海早矢、龍真咲、沙央くらま、早霧せいな、夢乃聖夏、朝夏まなと、麻尋しゅん、明日海りお



かなり多いですね。
前回、前々回とくらべるとずいぶん増えたなあ。
一番上級生がともちんで、下級生がみりおくんなんですねえ。
上から3人くらいは、ヤングよりはもそっと中堅寄りじゃないかと思いますが^^;
でも、こういう本にまっつが出ると思っていなかったので、ちょっと嬉しい♪

その、まっつが今出ている花全ツの映像が、ニュースで流れました。
もしかして、あのアンドレに言う求婚の報告が、まっつジェロの出番だったりするのかしら・・・
でもまあ、そのあとに「市民」っぽい役で、アツく歌い踊っていたので、こちらも楽しみにしよう。

エンターのまとぶんの女役は、ちょっと見た感じだと「豪華な衣装になったリナちゃん」でした。
とっっても綺麗なマダムだったんだけど、ほんのり男前。
役替わりは稽古場でなんとなく見当はついてたけど、ロケットボーイがまぁくんなのは初見でした。


FC2拍手コメント、ありがとうございます!
↓でお返事いたしますね~


続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/09/22 23:39 | 宝塚→本COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。