スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ロシアンブルー/リオ・デ・ブラボーMY楽

雪組、土曜がMY楽でした~

2回目ともなると、大野先生のこだわりもスッと入ってくるし、ちょっと細かいところも見ちゃったりして、より楽しめました。
ショーは、更にノリノリ
1回目に見たときより、まわりにポンポンを持ってる人が多くて、自分は持ってなかったけどなんだか一緒な気分になって、テンションあがりましたよ

そういえば、この公演てアドリブがけっこうありますよね。
今回は、そのあたりもチェックできました。
お芝居の呪文は、確か、モーニング娘。の・・・「ラブマシーン」だったかなー
ミズさんがメロディをつけずに、「ニッポンの未来はウォウォウォウォ・・」と唱えて、ゆみこちゃんとさゆちゃんはあの振りをしてた
確か、ゆみこちゃんが「ロビンの方ががモーニング娘。のファンで・・」って言ってた気がする・・

前回、ショーで銀橋わたりのあと、ミズさんが「今日からシルバーウィーク!」って言ってたと思うんだけど、10日は「3連休○○○~」(○○○は覚えてない)って言ってました。
3連休ネタかな、と期待してたので聞けて嬉しかった~

今回、ショーはとにかく選曲が好きで、あとは場面の展開なんかがかなりツボにハマって良かったです。
お芝居も、大野先生のこだわりさえうまく受け止めれば、笑えるししんみりもできるし、楽しめましたよ。
ただ、せっかくのお披露目なのに、ラストが別れ別れなのはちょっとさびしかったな。
あの後、東西冷戦に入ると分かっているので、つい「このままこの二人会えないんだ・・」なんてことを、考えちゃうので。

FC2コメント、ありがとうございました。
↓にてお返事いたしますね♪

スポンサーサイト

続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/10/12 22:53 | 観劇関係→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ロシアン/リオ・デ・プラボー

今日は、お芝居もショーもすごく面白くて&楽しかった。
大野先生のお芝居は、ちょっとマニアックなところもあるけど、そこを乗り切れば転換も早くてわりと分かりやすいと思う。
ロシアで魔女?とかいきなり同族って??って設定ではあるけど、ある程度グラフとかで予習していったので、そんな考えずに入っていけました。
何より、ちょこょこっとしたセリフが軽妙で、しかもその間がすごく良くて、面白いところがたくさんありました。
どこ?って言われるとちょっと説明しずらいんですが^^;
汝鳥さんの、「スターリンのそっくりさん」が登場するとこの、ミュージカル場面がものすごく楽しかったな~
あと、イリーナの仲間?のヒメが相変わらず面白かった。

ミズさんは、とにかくお芝居の間がいいので、自然に笑えるんですよね~
「好きだ」と言ったあと、「あ・・・すいません」みたいなこと言うのが、絶妙なタイミングでした。
みなこちゃんは、お披露目にああいうちょっと硬い感じの女の子が、ぴったりでした。
戸惑ったり、怒ってちょっとプンプンしちゃうとこも、可愛かった。
ゆみこちゃんの執事?は、ハマりすぎなくらいハマってた・・
どっちかっていうと、ヒロインよりも近い存在だったり?
はじめの方で、圭子さんと歌ったとこはほんと耳福だったなあ。
桂ちゃんは、やっぱりタップの場面が一番の見せ場だったかな?
大野先生の作品にタップは付き物ですが、あの場面までそれを忘れてましたよ。
結構長めな場面で、かなりしっかりタップ踏んでいて、素敵だった。

ちょっとツボだったこと。
オヅキの役、出てきたときからなーんか意味ありげで、影でなんかやってる役か!?って思ってたけど、最終的に味方!?
クールな様子を崩すこともなく、去り際もカッコ良かったのが、失礼ですが意外でした・・・


ショーは、幕あきが「モスクワ→リオデジャネイロ」っていうのが、シャレてますね。
黒塗りでラテンってだけでテンションあがるのに、知ってるラテンの曲がたくさん出てきて、客席でノリノリになってました
あと、泥棒?の場面のひろみちゃんが、最初誰か分からなくて
ひろみちゃんだと分かって、びっくり。
だってすっごく可愛くてブロンドヘアも似合ってて、娘役さんみたいだったんだもの。
フィナーレでは、今年の夏に某合衆国でやたら聞いた曲、「風になりたい」が歌われてまたまたびっくり。
選曲でびっくりと言えば、ゆみこちゃんが歌った「OH!ギャル」って、ジュリーですよね?
ゆみこちゃんが歌いだしたとき、宝塚でジュリーが歌われるとは思ってもいなくて、はじめなかなか曲名が出て来なかったわ~

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/09/19 22:53 | 観劇関係→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

スイングするさくら

今日の雪組、実のところお目当てはゾロだったんですが。
実際見たら、かなりショーにハマっちゃいました。
いや、お芝居も期待してたよりずっと楽しかったんだけどね。
「風の錦絵」、今までの宝塚の日本物ショーとは、えらく違ってますね~
でもそれが、「石田先生のキワモノショー」に見えずに、エンターテイメントな日本物ショーになってて、すっごく楽しめちゃったのです。

幕開きは、江戸の芝居小屋みたいでワクワクするし、
ゆみこちゃんの「風の盆」の歌は聞き惚れるし、
「風林火山」は、ショーなのに日本物の戦の場面みたいでカッコよかったし、
ソーラン好きなので、雪で見られて嬉しかったし。
・・しかし、小僧さんのラインダンスは聞いてたけど、それに猫耳ちゃんたちも出るとは知らなかったわ~
小僧さんたち、ちょっとおてもやん風のメイクをしたりして、かなり面白かった!
そして、春一番。
「さくらのボレロ」は宝塚でよく使われますが、スイングジャズなさくらは、すごく新鮮でした。
でも、違和感もなくて和風な振りとも不思議とマッチして、粋で素敵でしたよ。

ゾロは、はじめにドーン!と大階段が出てきて、ゾロがゾロゾロ(笑)なのが壮観だったな~
あの、剣でZの字を書くときの効果音、映画っぽくて好きだわ。
ストーリーも、まあけっこう突っ込み所はあったとは思うけど^^;
でも、勧善懲悪で思い入れしやすくて見やすかった。
後、ミーマイ以来の2階への客席降りは嬉しかったですね~
あれは・・桂ちゃんだったのかしら。

ショーでもですが、東京から組替えのちぎちゃん、やはり気になって見ていました。
かなめちゃんのところにそのまま入ったんですね。
日本物のメイクも似合っていて、風林火山の場面とか凛々しくて目立っていたし、オリバレス総督もちょっと神経質そうな総督になってて、良かったです。
後、お芝居の桂ちゃんの役が、不思議な役がらでしたね。
最後の最後になるまで、一切口を利かないなんて。
となみちゃんロリータは、ほんっとにとなみちゃんにぴったりで、気が強くてでもそこがまた可愛くて、ディエゴが大好きで、でそこがまた可愛くて。
最後にぴったりな、しかも大活躍できる役で、すごく良かった。
ミズさんは、とにかくカッコイイゾロはもちろんぴったりでゾロコスも素敵でしたが、ヘタレてみせるディエゴも、ミズさんならではで面白かった~
Zの字に剣を捌くアクションも、決まっていてスカッとしました。


FC2拍手コメント、ありがとうございます!
↓にてお返事いたしますね~




続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/05/02 23:17 | 観劇関係→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ソロモンの混沌・ネロとエスコバル

今日は久し振りに母も一緒に観劇でした。
母は久し振りのキャトルにテンションが上がり、クリアファイルやらタオルやら公演バッグやら、色々買いこんでました。
そんな母に乗っかって、私もYOUNG STAR GUIDEを購入しました。

ソロモンは、ホントにあっと言う間に終わってしまった^^;
時間が短いのもあるのですが、ソロの歌声が聞こえて、声で誰か分からないとオペラで探したり、群舞のメンバーをチェックしたり(主にそらちゃんですけど)、忙しくオペラを動かしていたから。
途中、「これは何か意味があるのかな??」と思う場面があったりしたけど、あんまり突っ込まずにそのまんま見てました。
色々な衣装・色々なキャラ・色々なナンバー・ダンスが入り乱れていて、それがわーっと膨らんで押し寄せて来るような・・そんなショーでしたね~

マリポーサの花は、幕開きのモノローグとか、セリフのやりとりとか、抽象的な国設定とか、いかにもハリー芝居だなあと思いましたが・・
ミズさん・ネロがカッコいいけれど人間くさい役がらで、魅力的でした。
ゆみこちゃん・エスコバルとの関係も素敵だけど、ラストが本当に切なくて・・
エスコバル側から見ても切ないし、ネロ側から見ても切ない・・
ロマンスは絡めてあるけど、どちらかというと男と男の絆の物語みたいだったなあ。
はっきり明記してないけど、舞台である国は「とある南米の国」でしたっけ?
ちょっと暗めのお芝居でしたが、使われてる音楽がラテン系だったので、更に楽しめました。
会話のバックににさりげなく曲が流れたりするの、好きでしたね~

実は今日、午後公演を見る前に、朝から出かけて地元近くの家電量販店で買い物をして来たんですよ。
そう、母に続いて私もテレビを買い替えました。
会員になってる家電量販店の、会員向けセールの案内が来たので、母と二人で勇んで出かけて来ました。
前々からチェックしてたメーカー(某Y沢がCMしてるヤツです)の、欲しかった型番のがまあまあ値段が下がってたので、即決でお買い上げして来ました。
これで、私も明後日からテレビでも地デジ生活だわ~

というわけで、今日は1日行動してたわけで、もはや目の前ぐるぐる状態なので、そろそろ寝ます。
明日は、青年館でブエノスアイレスの風の午前公演を見ます。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/11/01 23:33 | 観劇関係→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ポトフ食べたい…

20080302000715


なーんてお芝居見てまんまと思っちゃったけど、実際の夕ご飯はシアタークリエ2階のMUJIカフェでした。
MUJIカフェ初めて入ったんですけど、天井が高くて広々してて居心地がいいですね~
お料理も、とっても美味しかった。
デリのお料理だと、豆とか豆腐とかひじきとか好きなんですけど、ちょうどそんな感じのサラダがあって嬉しかったな。
パンも、ドイツパン風で好みでした。

今回の雪、キムシンの芝居はどうなのと思ってたけど、予想よりずっと楽しかった。
キムシンの主張も、そんなに押しつけがましく感じなかったし。
なにより、今回のジョルジュのミズさんが良かった。
まわりの状況に振り回されて一喜一憂して、悩んだりする・・そんな人間くさい役のミズさん、なんか好きだったなー
それと、悪い人が誰も出てこなくてハッピーエンドなのも、いいですね。
ゆみこちゃんのアルガンも、ちょっと頑固そうなドピルバンさんも、結局は悪い人じゃない。
アルガンなんか、振られちゃったのに歌まで歌ってあげちゃうし
また、その歌が絶品だった♪
フィラント桂ちゃんが、場面ごとにひょいひょいっとジョルジュやアルセストをいじるのが、上手かったなあ。
ああいう役って、うまく乗ってやらないと浮いてしまうんじゃないかと思うのですが、全然そんなことなかった。
アルセストかなめちゃんは・・あまりにもヘタレ。
あんな美形なのに、あんなにヘタレが似合ってしまうなんて・・
セリメーヌに突っ込まれて、「でも・・」とベンチ?のはじに寄っちゃうとこなんて、ほんとに情けない風情で
しかも、あのくすぐられつつ引っこんでく時の声が~
いいんですか、アレは・・

とりあえず、思い出せるツボ。
ジョルジュの「死んじゃうカモ・・」がめちゃくちゃカワイイ
キタさんクレアントと、かおりちゃんアンジェリクが、クラクラするくらいラブラブだった・・
その場面の手をつないでのナンバー、聞いててなんだかホロホロと来ちゃった。
ジョルジュにいちゃんとじゃれるクレアントが、可愛いぃ~
ラギちゃんレザンの髪型にびっくり。似合ってたけど。
今回、セットがすごく良かった~
おとぎ話の中のパリみたいで、可愛らしいですね。
「僕はモテモテ」の時の女性たち、スゴイ迫力でした。
真中で歌ったたのは、にわにわで合ってます?
踊り子たちの場面では、ついついヒメに目が行ってしまう・・
ラスト、銀橋で髪をほどくレイチェルが素敵!

ショーはオーソドックスだけど、飽きずに見られて楽しかったです。
特にメドゥーサがやっぱり好きだな~
しかも、オールバックのキタさんがあまりにカッコよくて
トリオのセンターで銀橋に出てくるわ、ミズさんと絡むわでびっくり。
あと、ここの場面のいづるん、ショートな髪も似合っていて、シャープなダンスで目が行きました。
最初、いづるんだと分からず、男役さんだと思ったくらい。
話題の、白雪姫とシンデレラは男役さんとは思えない可愛さでした。
で、そのあとのとなみちゃんのまわりで踊る男役さんのなかに、そらちゃんがいたんですねー
まー久しぶりに端正なそらちゃんに見惚れたわ。
ゆみこちゃんの「Night and Day」は、花エンカレで惚れた歌声だったので、生で聞けて幸せでした。
もう、まさに自在な歌声でした。
大階段のボレロもあったし、「宝塚のショー」をたっぷり堪能出来て楽しかった~

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/03/02 00:07 | 観劇関係→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

お雛様~

20080301190703
いやーお芝居もショーも楽しかった♪
かなめちゃんの、あのくすぐられ声はイイのかと思ったけどf^_^;
メドゥーサのミズさんがカッコ良かった~
久しぶりに、そらちゃんチェックをしました。相変わらずのクールビューティぶりだわー

2008/03/01 19:07 | 観劇関係→雪COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

久しぶりのキャトル

今日は雪観劇です♪
おりしも、ポケカレ発売日。
TOP STAGEも欲しかったので、いそいそとキャトルに向かったら、行列が出来てた~
ポケカレ、今までと違ってレジで申告して買う方式でした。
ま、並んでるうちに見本と申し込み用紙を渡されるので、そんなにもたつかなかったけど。
TOP STAGEのコムちゃん、ミニワンピにおメメぱっちりメイクで、可愛い~

2008/03/01 14:35 | 観劇関係→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

最後の謁見

今日は、午前公演のO○C貸切を見て来ました。
なので、2幕冒頭のキッチュのアドリブは「O○C貸切ですね~」と、ルキーニが
両手で頭の上に一文字ずつ作って、アピール。
お約束のアドリブとは言え、客席には「やってくれた~」という歓迎ムードが、
じわじわ~っと広がって、なんか面白かった。

前回は、ちょうど3週間前くらいに見まして。
ムラで見たわけじゃないし、まったく初めて生で見た雪エリザ。
なので、自分のイメージの中のエリザとの違いを、へえ~とか、おお~とか懐かしい~とか
言いながら見て終わっちゃった気がします。
なんとなーく、遠くから「雪組エリザの世界」を観察している感じかな・・
今日は、後方とは言え1階のサブセンターだったということもあるのか、気がついたら
見ているうちに、雪エリザの世界にドーン!と入り込んで見てたというか。

舞台上の人たちみんな、ものすごいパワーアップしたなーと感じて、ただただスゴイ!と
思って見て聞いていたんですが・・
特に、ミズトートの歌が、よりパワフルに感じました。
ちょっとマイクボリューム上げたかな?とは思いますけど、ミズさん自身の声も、
ずいぶん強い声が出るようになったんじゃないかなあ。
最後のダンスとかミルクの曲調が煽りつつ、高まっていくとこなんか、バーンとした声で、
すごく良かった。
かと思えば、フランツが去ったあとシシィに忍び寄るとこなんか、それこそ爬虫類っぽく
ねっとりと歌っていて、より妖しさがUPしてましたし。
楽に近づくにつれ、見た目やしぐさも含めて、ミズトートとして出来上がって
来てるんだなと思いました。
そしてねえ、今日はかなめちゃんのルドルフを、ついついずーっとオペラで追ってしまって・・・
「成人したルドルフ」として出てきた時から、とにかくすっごく惹きつけられたんです。
「闇が広がる」で、まずかなめちゃんの声がすごく耳に飛び込んで来て。
で、「王座~」と歌った後、♪「沈む世界を救うのはお前だ」で顔を上げた時、何かに
支配されちゃったみたいに、突き抜けた顔をしてたんですよ~
それをオペラでしっかり見られて、見てる自分がドキドキしてしまいましたよ・・

2回しか見てないので、あまり細かくはないですが、ちょっとしたツボいろいろ。

親戚の女のヒメの「勝手に行けばっふんっ」みたいな顔がコワイ。
同じく、女官ヒメの朝5時にまだ寝てるシシィに、「なあにあの娘?」みたいな
呆れ顔がコワイ。
シシィが落下事故から生還するとこの、かなめドクターのヘタレ具合が好きだった。
「あれ~もう息してないと思ったのになーはっはっは」みたいな。
バートイシュルでのお見合い、オレンジを拾ってなぜか匍匐前進風に戻るシシィがやたら可愛い。
フランツはそんな体勢のシシィを見て、恋に落ちたんじゃないかと思う。
ミルクの場面、ルキーニが売りに来ると市民がダッと行列。
その時ルキーニよりの男性を突き飛ばす女性役の人、いますよね。
どの組のときも、なぜかその突き飛ばす女性役をついつい見てしまう・・
ルドルフが被った幻のハンガリーの王冠。
黒天使の手から手に渡り、ルドルフがトートに近づくとまたサッと持っていかれる。
そのあとの「さあ!」の歌いだしに、毎回ゾワーッとする。
自分まで追い詰められていくような気がして・・

うーん、もう当分生エリザは見られないと思うと、さびしいなー
(て、どっかでまたあったりして
でもまあ、久しぶりにエリザの世界にどっぷりと浸かれたので、満足です。







テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2007/08/05 00:57 | 観劇関係→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

エリザ見て来た~

再演も2巡目ともなると、見る方も場面ごとの演出やナンバー、セリフの抑揚まで
すっかり頭に入っていたりする・・
私も自分で見るのは、宙・花・月に続いて4組目なので、見ていてすごく不思議な気分でした。
「私が踊る時」以外の場面、全部一緒に歌えちゃうんだもんなあ。
でも、以前見た時とはキャストもガラッと変わったし、演出が変わった場面もあったし。
そういう意味では、すっかり覚えこんでるエリザだけど、新鮮なエリザでもありました。
プロローグ、音楽が始まってルキーニが出てきた時に、すごくワクワクして・・
また、エリザベートを自分の目で見られるんだと思えて、嬉しかったですね~





続きを読む »

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2007/07/15 00:36 | 観劇関係→雪COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

アルバトロスのお芝居

17日に観てから、気になって気になって仕方がありません。
それは、アルバトロスのオリジナル芝居のことなんですが・・・

1回目に見た時は、2幕はじめの港町からまたもとの港町に戻るまで、
全部繋がってるのかと思った。
でも、2回目に見た時は過去公演のモチーフ部分は切り離されていて、
導入部分と長い芝居部分は繋がってるのかと思った。
でもよくよく考えると、それもちょっと無理があるような気もしてきて・・
で結局、これは1人の男の物語なのか、それともオムニバスのように
ばらばらなのか、とか色々考えて訳わからなくなってきました。

なので、今日一日考えてこうなんじゃないか・・と思ったことを
つらつらと。
お断りしておきますが、とにかく理屈っぽいです。
訳わからないおそれ、多いにありです。
なんじゃこりゃ!?と思われるかもしれません・・





続きを読む »

テーマ : 宝塚 - ジャンル : アイドル・芸能

2006/07/18 23:32 | 観劇関係→雪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。